おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

小笠原空港 

2016.12.09


(おがさわら丸 出港でどこまでも追いかけてくる船たち)




ブログはさりげなくサボりつつ、東洋のガラパゴスに行ってました。


行った途端に首都圏では雪が降っていたそうな。






それはもうこんなブログで表現したらそれだけで世界遺産登録解除になりそうなくらい小笠原の自然は繊細かつダイナミックで、この感動は直接会った方に身振り手振りで長々としつこく説明したい気持ちでいっぱいです。




普段はサーフィンや素潜りのフィールド争いで戦うことも多い見ず知らずの漁師が船で追いかけて来て、ため息をつくことはあっても、まさか涙を流すなんて後にも先にも無いでしょう。





いまだに竹芝桟橋からの24時間の船旅でしか訪れることのできない小笠原は今、空港を敷くか否かの議論で揺れている。



その大半が固有種であるという小笠原の動植物をはじめとした自然を守るため、来島者数が倍増するであろう空港設置に反対する人がいるのは容易に想像できる。





一方で、賛成派の意見はどうか。





浅はかな僕はこう思う。



観光客誘致が小笠原を経済的に潤す唯一の手段であるからして、空港設置はいうまでもなく急務なのである。と。




もちろん、それも一理あるでしょう。


観光客が来ないことには成立しない商売、ひいては生活が多々あるのは事実で、だからこそ島中の船という船が並走して盛大な見送りをしてくれる。





しかしそれとは別に、そんな小笠原の自然を愛して止まない生粋の島っ子が、空港設置に賛成せざるを得ない大きな理由がある。





それは、僕のような健康だけが取り柄の若輩者にはおよそ想像のつかない、医療の問題だ。





小笠原には、ひとつだけ診療所があるものの、輸血はできない。


つまり、血液の供給を必要とする手術等は全て不可能で、全て内地への搬送となる。


しかし唯一無二の船はおよそ週に1便、それに我らが東京までは24時間かかる。(お金もね)


僕のメンタルでは間違いなく船の中で最期を迎えることになるでしょう。



自衛隊のヘリで急患搬送するケースもあるけど、それでも10時間程の時間を要する。




また、現状小笠原では出産もできない。


妊娠8ヶ月で内地への事実上の強制搬送となる。




とまぁ重たい、されど必要不可欠かつ当たり前の事情により、空港設置が求められているわけだ。



僕らは少し先の小笠原旅行を夢見るが、小笠原で生計を立てる人は紛れもなく今日明日の日常を祈っているのである。





というわけで、小笠話村民の平均年齢は日本で一番低い。



医療を要する高齢層は内地に行くから。



そして上記のような事情が頭に入っている移住者は、大抵が期限付きだから。



イルカやクジラが好きで小笠原に来ても、数年で内地に戻ってしまう20~30代が住民の多くを占めるという。


つまり、家族とともにずーっと小笠原にいようというツワモノはごく僅かなのである。




しかしそれも小笠原を小笠原たらしめる所以で、いわゆる生粋のローカルは極めて少ない。




期限付きの移民が大半を占めるからこそ、冷やかしと呼ばれるような観光客ですら受け入れてくれるキャパが小笠原にはあるわけだ。






空港ができるのかどうかは知らないし、どっちがいいのかを語るにはまだ知らないことが多すぎるので、とりあえずこの動画を。




YouTubeリンク





この亀は放射能浴びてないんだろうなぁ…。






おわり

子供の根回し 

2016.10.23





僕の家の近所には子供が多く、とても昭和な雰囲気が漂っている。



学校が休みともなれば、彼らはその持て余した時間とエネルギーを使って、僕の家のウッドデッキでダンスの練習やお絵描きやシャボン玉に勤しむ。



それも、ご丁寧に靴を脱いで。



もともとは、海や山から帰ってきたときに道具を乾かす場所として作ったデッキだけれど、濡れたものを置くなど以ての外、僕はもはや土足禁止を宣告されている。




まぁこないだシャボン玉の原液を盛大にこぼしてたのを見逃さなかったけどね。バレてないとでも思ったか。



が、近所のオジさん風情が親の面して諭してもしょうがないので、常日頃から好きにしてくれと言っている。



そして思うに、最近の?キッズ達は頭が良い。


無論、学力の話ではなく。


他人の家の庭で遊べば、僕というよりもそれぞれの親にこっぴどく叱られることをよく理解している。



そのため、僕に確認を取るのはもちろん、なるべく親のいるところに僕を同席させようとする。



僕がOKを出したことを親に自分で伝えても、「あらホント?よっしゃ好きに使っちまえ!終いには火つけたれ!」とはならないことをよく分かっているからだ。



そしてあくまでもウッドデッキの使用権は僕にある。



親ほど重要ではないにしろ、彼らのお気に入りの遊び場を存続させることにおいて、僕がキーマンであることは間違いない。



だから彼らは、僕にしつこく「かまって攻撃」をすることもない。



僕に嫌われてNGを食らったら元も子もないからね。



それとなく様子を伺い、機を見て声を掛け、確認を取ってくる。



ねえここでお絵描きしてもいい?と。


そんな無垢すぎる依頼を断れるほど僕は教育熱心ではないので、思わず気を許す。



そして僕が油断していると見るや、「土足禁止にするね!」と別の稟議もぶつけてくる。



どうしても通したい案件について、上司に確認を取る部下さながらだ。



親の監視網に常に晒されながら、大したもんである。



裁量が少ない子供だからこそ、絶望的なまでの管理下に身を置くからこそ、事を上手く運ぶための根回しやタイミングがいかに重要であるかを、身に沁みて分かっている。



そしてその方法も、心得ている。



少子化って何。



この国の未来は明るい。




おわり

針ノ木岳・蓮華岳(モトヤマ帰国) 

2016.10.01



(針ノ木岳から蓮華岳を臨むモトヤマ)






モトヤツ(八ヶ岳)とかモトヤリ(槍ヶ岳)とか言われても何の記事か分かりづらいと思うので、普通のタイトルにしました。


というかもはや思い付かなくなってきた故。




何はともあれ、僕の唯一の登山パートナーであるモトヤマが急きょ帰国しました。



何処で何してたのかはまぁいいとして、早速2人で山に行ってきたのでその記録を。




今年、僕らも三十路を迎えたので、というかモトヤマがブランクブランクうるさいので(だから何処で何してたんだよ!)、北アルプスでは比較的コースタイムの短い針ノ木峠にテントを張りに。




深夜発、中央道でモトヤマとミスチルを聴くのは、初めてアルプスに行ってから7年経った今も変わりません。


かのミスチルは少し言葉が多くなってきた気がして複雑だけれど。


僕らも三十路で理屈っぽくなってきてるので、どうしようもなく順応するのだけれど。


抱きしめたい みたいな曲はもう出ないでしょう。











6時前、扇沢で登山届に「無職」と書くモトヤマ。


だから一体どこで何を…。











しばらく樹林帯を行く。













すぐに暑くなって白馬Tを露わにするモトヤマ。


相変わらず天気には恵まれる私たち。













7時には大沢小屋着。


登山口で山岳警備隊の人に「大沢で道の状況聞いて」と言われたが、誰もいない。


雪の気配がないので、アイゼンデポするか迷うモトヤマ。













針ノ木雪渓は水場が豊富である。


我慢できずにチューブからでなく給水口から飲んじゃうモトヤマ。


使い方違うで。












これから登る大雪渓をバックに。

雪まったく無いけど。












登山道目印の鯉のぼりを振り回すモトヤマ。


元に戻せよ。











雪解けの沢を何度も渡ります。











大雨続きで道はガレガレのザレザレのウハウハです。














なかなかの急勾配で、左足がつい内側に傾いていることに気付かないモトヤマ。











右に左に雪渓を巻いて行くモトヤマ。


土の色がたまらん。











実はバテバテで後ろに爺ヶ岳が綺麗に見えていることに気付かないモトヤマ。

ヒゲを剃れヒゲを。











最後の登りを前にドライフルーツを補給するモトヤマ。


雪が溶けていると、このルートは水場の心配はいりません。


小屋の水は有料なので、ここで出来るだけ汲んでいく。


ここからはかなり急だから汲みたくないんだけど。











ペースも落ちて、下からのガスに追いつかれそうなモトヤマ。













それでも針ノ木峠側から見る美しい稜線に映えるモトヤマ。

よく見るとザックに両手が掛かっている。










小屋はすぐそこ。













10時。ついに針ノ木峠を手中に収めたモトヤマ。



疲れてるけど今日は針ノ木のピークにも行くよ。











テントの受付を済ませ、しばしの撮影タイムに協力的なモトヤマ。













テン場からは、ヤリが見えます。

モトヤマの親指の先にヤリの穂先があるのはたまたまです。












登ってきた雪渓を上から見る。

嗚呼、キツそう。












とりあえず昼メシ。

コロナのスリム缶が山には途轍もなく良い。

パンパンにパッキングされたザックにもスッと入る。

雪が無くて冷やせないのは死活問題だったけど。











少し昼寝して針ノ木岳に向け出発。


行きたがらないモトヤマ。












ポケットから手を出せ手を。











少し登ったら振り返ると良いでしょう。

小屋がBESSの家みたいだから。













斜面をトラバースするモトヤマ。












山頂直下はガレガレのガラガラです。












足取りが怪しいモトヤマ。












1時間弱で針ノ木岳山頂。

看板が傾いているので、












修正するモトヤマ。












ガスってたけど、何とか晴れ間から黒部。












もはや早くテントに戻ってビールを飲みたいモトヤマ。












下り、紅葉を愛でるモトヤマ。













15時前にはテント場着。











ビールを開け、夕飯のロコモコを作る。


きっちりモトヤマの分の卵も茹でる私。


何とでも言ってくれ。











素晴らしい出来である。












夕方、天気が上向いてきて、モトヤマ。













夕焼けの船窪岳は泣ける。












僕はツブ貝の缶詰めで飲み直し。







例によって暇なので聞くと、モトヤマはこの一年、オーストラリアに年齢ギリギリのワーホリに行っており、現地レストランのホールの仕事でイタリア人シェフに怒られる日々だったという。


それも、イタリア語で。



アーメン。







20時、満天の星空を眺めて就寝。











明朝5時、蓮華岳で日の出を見るべく出発。


一年振りの僕のイビキでほとんど寝れなかったらしいモトヤマ。


悪い。











日の出前の蓮華岳の登りはとても良い。

真ん中に富士山みえる。











山頂目前でガスり。












蓮華岳山頂。眺望なし。











寒いので下る。











途中でガス晴れる。


南側の眺望は夕方より朝が良い。













BESSも。










7時テント撤収。惜しみつつ下り。













下りも実に急である。













雄大な自然の営みに、どこにいるか分からないモトヤマ。










9時過ぎ、無事に扇沢。


稜線のガスも晴れてるね。







モトヤマはリハビリだと言っていたけど、やっぱり北アルプスはどこにいってもハズレなし。






最後に。

GoProを買ったので、動くモトヤマのサービス。












オーストラリア帰りだから、しばらくは多めに見ましょう。








おわり

台風と波乗りと将棋 

2016.09.04




すっかり湘南に移り住んだ脱サラIターンブログみたいになってきたけれど、僕は畑も陶芸もカフェもやってません。




8月が終わって、サザンビーチの海の家も撤収がスタートしました。



海の家があるのは夏の2ヶ月だけで9月に入ると解体されてビーチには何も無くなって来年また建て直すという海の家あるあるに心底感銘を受けていた甥っ子の無垢さがまぶしかった夏も終わり。



ようやく、来夏まで続く静かで広い海が戻ってきました。




なんちゃって、台風シーズン到来で海は毎日のようにウネウネしている。


呼応して、近隣のサーファーも海をウロウロしている。




台風が来て喜ぶのはサーファーくらいだとか、これだけの被害をもたらしているのに不謹慎だとか、弁解の余地がある発言が多いので少々。



まずダイナミックな勘違いがひとつある。


それは、台風が直撃しているときに海に入るわけではない、ということ。


そんなことをすれば僕なんて2秒で流木と化す。


台風直撃では船も出てないから、助けを呼ぶことも不可能だ。




ではなくて、遠い南の海上で発生した台風によってもたらされるウネリが沿岸に届いたときに、海に入る。


すると、風も無くて海面は穏やかで、ウネリだけがモリモリ入ってくるという奇跡的な状況が待っているわけだ。


まあ僕の場合は台風ウネリのデカい波なんてまだまだ乗れないので、岸で将棋しながら見学してることがほとんどなんだけど。




もちろん急に台風が速度を上げて近づいてきたりすることもあるだろうから、予報を頭に叩き込んでおく必要はあるけれど、少なくともサーファーは、台風が「来る」ことを望んでいないし、上陸なんてもっての他で。




人並み以上には気象に気を配る人種なので、台風上陸に対する備えも人並み以上に行っている。 と信じている。



それでも台風シーズンに一部のサーファーが流されて亡くなったりするから、サーファーは不謹慎だという台風フィルターはなかなか取り除くことはできない。



今年は特に被害が甚大で、批判は強まりそう。





大半の海難事故は、台風うんぬん以前の問題なんだけどね。 酔っ払いとか飛び込みとか。




海を見て、入るか入らないか迷ったら、岸で将棋する勇気を。




おわり

クルマと自我肥大 

2016.08.14

僕は公私ともに車をよく使うけれど、特にこの時期は、ジャイアンみたいな車、いや、人が多くて実に興味深い。



混雑によるイライラも一つの原因だとは思うけど、盆時期の混雑なんてのは江戸時代くらいから分かりきっている事象であり、いちいち憂いでいられるほど僕らはヒマではない。



しかし、夏の高速道路はマナー違反者(道路交通法うんぬん以前に)の巣窟であり、低速車にビタっとついて煽るのは当たり前、最悪の場合は後ろからハイビームをお見舞いする始末。(お前のパンチをお見舞いしてくれよ!)



狭い車道では、スレ違い一つでとりあえず相手の運転席を睨み付ける。

その睨みがときに亀田兄弟ばりで、モノマネをしているんじゃないかと勘違いしてしまうほどに。

どちらが譲っても、ほんの数秒の差しかなかろうに。



大抵そういう車はいわゆる高級車だったりデカいSUVだったりするわけだけど、それがその車種のイメージとして付いてまわるという理不尽な事実を、クルマの生産者はどう思っているのか。



ベンツやアウディを手掛けるヤナセが、「クルマは作らない、クルマのある人生を作っている」という新しいスローガンを高らかに謳っているが、実に皮肉なことに、ネガティブな意味で全く的を得たフレーズである。


結果的に、上記のように自我が肥大化しきった人間の、人生の一端を担っているのだから。





しかし理解不能なのは、彼らの自我が肥大化する後ろ盾は一体なんなのかということである。



一体なんなのかと書いておいて嫌な性格だと思わないでほしいけど、たぶんなんの後ろ盾もない。



付いているキ○タマの大きさも、僕ら?と同じくらいなもんで。知らんけど。





酒は飲んでも飲まれるなというが、車は乗っても乗られるなと、僕は言いたいのだ。


僕は貧乏性なので、いわゆる高級車に乗っていながらマナーの良いドライバーを目にすると、惚れてしまいそうになる瞬間がある。





まったく、公道や駐車場で横柄な態度を取って、良いことがあった人は今まで一人でもいたんでしょうか。


むしろコミュニケーション能力の低さを露呈しているだけだということに、彼らは気付かない。


気付かず、彼らは僕の可愛いファミリーカーを煽り続けるだろう。


そんなことしてるうちに、SMAP解散しちゃうよ。





勝手に伸びる小中学生の頃の身長のように、自我の肥大化は、自分では気づきにくい。


僕がドヤ顔で前方の軽自動車との距離を詰めていたら、誰か注意してね。


その顔で?と。



おわり

«  | HOME |  »

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR