おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<伊王島前夜  | ホーム | 注射論>>

雨の赤城から 

2011.06.12


雨の赤城山に始まった僕らのキャンプ史。

一昨日の夜遅くから昨日にかけて取り組んだ、赤城山での野外泊について。


本当は美ヶ原高原に行くはずだったんだけど、雨の予報だったので断念し、近場の山麓でとにかくテントと寝袋を使ってみようと。


雨が降りしきる金曜日の夜、いつもどおり関越道を飛ばし、赤城山麓へ。

先週末にテントと寝袋を購入してから楽しいイメージだけを持って過ごしてきたが、激しい雨と赤城山の圧倒的な暗闇を前にして完全に萎える僕ら。


そもそもこの雨じゃ屋根がある場所じゃないとテント設営の段階で大変なテンションに成り下がると。


助手席のモトヤマが強靭な電波を誇るドコモで調べた結果、赤城山の中腹に展望台があり、そこに屋根があるスペースがあるかもしれないということに。


しばらく絶望的な山道を走り、これもう無理でしょ引き返そうみたいになってきた頃、ようやく展望台に到着。


展望台といっても螺旋階段がひとつあるだけなんだけど、モトヤマの読み通り簡易的な屋根があるスペースが。


明かりは何一つないので、車のライトとランタンを使って明かりを確保し、早急にテント設営へ。

寒かったのでダウンを着てビールを飲みながら組み立てる。



テント泊は人生で二度目だったけれど、僕はあの瞬間を絶対に忘れない。

自分たちで熟考の上に購入し、苦労して運んできたテントが、山奥の一角でひとつの居住空間として出来上がったあの瞬間を。

それがめちゃめちゃカッコ良かったことを。



IMGP8106_convert_20110612125905.jpg
(翌朝に撮影)


テントを二つ並べ、その間にランタンを置き、iPhoneでミスチルを流し、祝杯をあげた。

寒さも、もはや心地よい。


時代の流れとともに便利になればなるほど、快適になればなるほど、人は不便さを楽しむアウトドアというものに憧れる。


勝手に便利になってくれ世の中。

僕は嫌になったら山で寝るから。



IMGP8121_convert_20110612130108.jpg
(大沼湖畔にて)


翌日の昼食はさらに登ったところにある大沼の湖畔で火を起こして。

次はここでテントを張るのもいいかも。



僕らのキャンプ史はここから。


あーたのしーこれー。



おわり
スポンサーサイト

コメント

 

充実した週末で楽しそうですねぇー!

 

2つ並んだテントかわいい。

Re: タイトルなし 

まいこはんも是非。
まずは買い物っすね。

> 充実した週末で楽しそうですねぇー!

Re: タイトルなし 

早いとこ3つ並べましょう。

> 2つ並んだテントかわいい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/98-647c10eb

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR