おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<生産性しかない  | ホーム | 食わず嫌いが嫌い説>>

中華たむら 

2010.04.25

IMGP6409_convert_20100425194037.jpg
(羽田空港のアサーヒー。)

僕はずっと東京育ちだけど、生まれたのは祖母の家がある群馬県月夜野町(現みなかみ町)。

そんな月夜野町の話を書きたい。


月夜野町(僕にとっての)を説明する上で絶対に避けて通れないが「中華たむら」だ。

月夜野町は国道17号に沿ってポツポツと明かりがあるだけのド田舎だが、そんな中で僕の祖母家から徒歩3分の場所に店を構えるのが「中華たむら」だ。

モロヘイヤ(産地としては宮城県が有名らしい。Wikipedia情報。)という緑色の野菜を使ったモロヘイヤらーめん、モロヘイヤぎょうざが有名で、それが話題となってテレビでも取り上げられたことがあるのが「中華たむら」だ。

どこにでもある庶民的な中華料理屋と同じような店構えだが、田舎らしく店の広さは一級品で、座敷席が充実しているのが「中華たむら」だ。

店の入り口を通ると、「いらっしゃいませ」という昔ながらの女性の声が機械から発せられるのが「中華たむら」だ。

実際、どの料理も結構うまいのが「中華たむら」だ。

そんな「中華たむら」だが、今回このブログで取り上げた最大の理由は、「中華たむら」に出前を依頼するために電話をしたときのリアクションが非常に興味深いからである。


「中華たむら」で出前を取ろうとして祖母家から電話をすると、女性の声で「はい、たむらです。」という返答が返ってくるのだ。(僕が電話で出前を依頼したのは一回だけなので、いつもそうとは限りません。)

「はい、中華たむらです。」ではなく、「はい、たむらです。」だ。

僕が思わず「どこの田村さんですか?」と聞いてしまった、というのは月夜野町の一角では有名な話である。


「たむら」と言えば「中華たむら」みたいな慣習が月夜野町にはあるのか、「中華たむら」は基本的に「たむら」で勝負している向きがある。

たとえば、牛角赤塚に予約の電話をして「はい、赤塚です。」という返答が返ってくるのと同じテンションである。


だから月夜野町に住んでいる田村さんは電話に出るときには気を使わなければならない。

たとえ友人から電話がかかってきたとしても、「はい、たむらです。」では通用しない。

「はい、中華ではなく、月夜野町の一般的な田村です。」と言わねばならないからだ。


電話をかけるほうも同じで、「はい、たむらです。」という返答が来ても、電話の向こうで中華鍋でモロヘイヤを炒める音がするかしないかに神経を集中させることが大切だ。

音がすればそれは「中華たむら」。 しなければそれは普通の「田村さん」。

それが月夜野町だ。


僕には「田村」という名前の友達が何人かいるが、彼らと話をする度に、僕は「中華たむら」を思い出す。

彼らが「中華たむら」の店員なのではないか、という疑いは晴れることを知らない。


「中華たむら」との電話のやり取りは、景色ではないが某局の番組『ナニコレ珍百景』で取り上げて欲しい。

そんな「中華たむら」だが、味は本当に悪くないので是非みんなで行きましょう。


とにかく。

月夜野町はその美しい名前の通り凄くイイところです。

6月中旬くらいに田んぼに行けばホタルも見れます。



おわり
スポンサーサイト

コメント

田村 

ほんと
たむら好きだねぇ~~~~
題名から、文章から、話のオチから
愛を感じます。笑

写真キレイだね☆

みわちゃん 

田村は好きじゃねーぞ笑

とりあえず美和ちゃんも一眼レフ買おう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/9-b201df0e

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR