おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<中華たむら  | ホーム | 3畳の美学>>

食わず嫌いが嫌い説 

2010.04.22

仕事柄、外国為替等をはじめとした数学的思考を要する経済学についても勉強しているんだけど、根っから(そりゃあもう脊髄くらいから)文系の僕は数字に極端に弱い。


高校一年生くらいから数字関係とは絶縁を誓い、今では式が2個出現する方程式とかも分からない。

まじで。


今まで学んだ学問と言えば、サッカーと旅と文章と写真とチャリと牛角とミスチルくらいなもんなのに、今では金融のプロになるべく毎日もがいているっていう件について。


人生どーなるか分かったもんじゃない。

おかげで全部が新鮮で有難いが。

興味も知識もないことを一生懸命やるのが仕事だって誰かが言ってた気がするけど、その考え方も何となくわかる気がする。(※興味はあります。)


学生から社会人になるその瞬間から「コレ以外ねえ」と思える仕事を死ぬまでやってるのがもちろん理想だけど、食わず嫌いというのは誰にでもあると思うし、やってみたり知ってみたら面白いと思える事のほうが世の中には間違いなく多い。

というかそっちが大多数。

多趣味になる秘訣は意識的に食わず嫌いを嫌うことでしょ。(そのキッカケが訪れない幼少時代は置いといて)


だから「とりあえず目の前にあることを一生懸命やれば・・・」みたいな、ある意味行き当たりばったり的なテンションが美化され、正当化されるケースがあるわけだ。

じゃなきゃそもそも世の中が回らないから。

100%夢中になって「コレ以外ない」って思える内容の仕事を全ての人ができるなんて有り得ない。

大多数が食わず嫌いでやらない仕事を誰かがやってるから世の中は回ってる。

今のところは。


だから適当な職に就けばよいと言ってるわけじゃない。

僕が言いたいのは、一生懸命やれるなら、仕事のモチベーションはなんでもいいってこと。

たとえば、家族のために仕事内容は全く考慮せずに頑張ってる人もきっといるわけで。

でも、家族のためにお金を稼がなきゃならないから、その勤務先団体が求めるものは何とかこなそうとする。

だから仕事内容自体に対してモチベーションがないとは言えないわけだ。

あくまでも、結果を出しているのであれば、だけど。


社会貢献したい→この仕事で結果を出すことが社会貢献に繋がる→仕事で結果を出したい→仕事を頑張る

という流れと、

家族を養いたい→お金をたくさん稼ぎたい→お金を稼ぐには仕事で結果を出さなきゃならない→仕事で結果を出したい→仕事を頑張る

という流れは、度合の違いはあるとしても、細分化しきった「仕事を頑張る」という目的においては何も変わらない。

扶養すべき家族がいない段階(新卒など)で仕事を選ぶ時はおそらく前者に共感する人が多いというのは事実だと思うけど。


というわけで僕は数字を知ることから。




おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/8-dd2717d7

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR