おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<へなちょこブログ開設一周年記念  | ホーム | こんなときに>>

東京横断チャリ奉行 

2011.03.22

連休は自身のチャリ旅としては第6弾となる東京横断を。

と、たいそうなタイトルにしたけれど、こーゆうへなちょこなブログにとってキャッチというのは非常に大切なので悪しからず。

要するに住まいのある板橋から奥多摩までおよそ70キロという、チャリ芸人の僕らからすれば休日に蒼井優を見るために最寄のコンビニまで寝巻きのまま歩いて行くのと何ら変わらないような旅をしてきたので書きます。


三鷹駅前でチャリ芸人仲間と待ち合わせをし、改めて奥多摩までのルートを確認。

「瞬殺」ということで合点し、出発。


基本的には新青梅街道を辿るルートだったんだけど、車道は所々でとてつもない渋滞に見舞われていた。

皆さんご存知のガソリン難によって、スタンドに入るための列が延々と続いているわけだ。


話は逸れるが、今回の震災で改めてチャリという文明の素晴らしさが認識されたんじゃないかと思う。

いわば原点回帰。

健康な身体と、平らな道だけあれば、歩行の何倍も早く移動ができるものってなーんだ。 チャリだ。


もちろん、ガソリン難で渋滞にハマるようなこともない。


また、3/11金曜日、都内のドンキホーテ等ではチャリの売り切れが続出したらしい。

一刻も早く帰りたかった帰宅困難者が、手頃なチャリを買い求めたためだ。

災害時にも、その存在感に影が落ちることはなかった。


やはりチャリなのか。

そうなのか。

結局は。


というわけで渋滞などは何のその、昼頃には羽村市へ到着。

昼食を済ませ、ゆっくりと休憩をとり、青梅市へ突入。

休憩中に奥多摩の民宿の予約も済ませる。


すでにゴールである奥多摩駅までは25キロを切っていたが、ここからの道は山を縫っているので上りが続くと予想されていた。


しかし腐っても東京都。

所々で微妙な上りがあるだけで、降りて手で押すようなことは一度もなく、15時頃には奥多摩大橋へ。


IMGP7677_convert_20110322214433.jpg
(奥多摩大橋より)


やはりこの旅はピクニックレベルなのか。

嫌だ。こんな終わり方は。


そんな思いとは裏腹に、奥多摩駅までの距離はみるみると縮まっていき、気づけば地図が示す民宿の付近まで来てしまっていた。


しかしそこで事件は起きた。



宿が見当たらないのだ。

辺りを見渡しても、何年も前から営業してなさそうな駄菓子屋が一軒建っているだけ。

しかしアイフォーーーンは明らかにその場所を示している。

チャリ芸人の本能をくすぐる事件の匂いだった。


もう一度駄菓子屋を見てみる。

しかしそれは紛れもないただの駄菓子屋だ。



(問題の駄菓子屋。じゃなくて『民宿山田』。奥多摩駅すぐ。 iPhoneで撮影)



駄菓子屋じゃなかった。

コーラ屋だった。


じゃなくて紛れもなく僕らが予約した民宿山田さんだった。


いやいやこんな古典的なギャグやめてよー、なんて言いながら何となく引き戸を開けてみると、普通に感じの良い女将さんが出てきた。

「待ってましたよ。」と。

駄菓子屋で。


川沿いに建ったその駄菓子屋の中は以外にも広く(下に)、部屋にはきちんと布団が用意されていた。


女将さんもとても親切で、チャリ芸人に臆する様子もない。

奥多摩では毎年ロードレースがあるらしく、そのときによくチャリ芸人を泊めるのだという。


僕は心底安心した。

書くネタができたと。


ともあれ、非常に居心地が良くお手頃な駄菓子屋なので、じゃなくて民宿なので是非。


日も暮れ始めていたので特にすることはなく、適当に奥多摩駅前で酒を買い、早々に駄菓子屋で酒盛りをして就寝。


翌朝は予想通りの冷たい雨だったので、ゆっくりと起きて駅前でチャリを分解、輪行して地元の駅まで戻ったわけだ。

IMGP7681_convert_20110322225644.jpg
(初めてモンベルの輪行袋を使用。ジッパーではなくヒモで閉じるので使いやすい。)


こーしてチャリ旅第6段も終了。

東京チョロい。


僕のチャリ芸人人生も成熟期に入ってきたような。

次は斬新な企画が必要な気がする。



おわり
スポンサーサイト

コメント

 

やっぱり東京やねー
うちの最寄のコンビニは大きな道を渡って、ずーっとずーっと歩いたところにあるよ。最近潰れたけど。
そして、つまり家から1?くらいのとこに1つあります。それくらい。
とても寝巻じゃあ行けません。いくら蒼井優ちゃん可愛くても。

Re: タイトルなし 

東京っつってもイメージしてるような都会じゃないけどねー。
ってか実際は雑誌の蒼井優を見るために1人でコンビニに行ったことはありません。
今度行ってみたいと思います。

> やっぱり東京やねー
> うちの最寄のコンビニは大きな道を渡って、ずーっとずーっと歩いたところにあるよ。最近潰れたけど。
> そして、つまり家から1?くらいのとこに1つあります。それくらい。
> とても寝巻じゃあ行けません。いくら蒼井優ちゃん可愛くても。

 

ども。ぺいの友達でスーツカンパニーでお会いしたまいこです。
いつも楽しく読ませて頂いてます‼
文才ありますね。
ラオスのブログも読ませてもらったら、ますます行きたくなりましたー

Re: タイトルなし 

ぺいって笑
嬉しいコメントありがとうございます。
なかなか海外に行けないのでネタ探しに必死です。
四月に飲みに行けたらいいですね。
ぺいさんに頼んでみます。

> ども。ぺいの友達でスーツカンパニーでお会いしたまいこです。
> いつも楽しく読ませて頂いてます‼
> 文才ありますね。
> ラオスのブログも読ませてもらったら、ますます行きたくなりましたー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/77-048872b3

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR