おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<SENSE聴きながら書く  | ホーム | 筆不精から>>

キャロルズからスタート 

2010.11.28


(キャロルズ 金野氏)

昨日深夜1時頃、眠らない街アカツカのファミレスに彼は出没した。

昨年春、吉本NSCに15期生として入学し、「鬼越トマホーク」なるコンビを結成して数々のライブに出演、
(2010/5/23記事「鬼越トマホーク」参照 リンク→http://henachoko0913.blog3.fc2.com/blog-entry-17.html)
卒業ライブではNo.1という輝かしい実績を残すも、今夏、諸事情により惜しまれながら解散、数ヶ月間の空白の期間を経て、11月下旬、ついに我が牛角(バイトしてた)の元店長、金野氏が新たなコンビを結成し、僕の前に再び姿を現したのだ。

「新しい相方見つかったよ」という電話一本で。

相変わらずゴリラのようなマフィアのようなマークハントのような風貌で。

上の写真の「信用できる度」2%くらいの笑顔で。

コンビ名、「キャロルズ」という名を引っさげて。


本人いわく、キャロルズという名前に特に意味はないらしい。

今回ももちろんツッコミ担当。

風貌自体が完全にボケなのにツッコミ担当。


とにかく、僕はこーゆう「どん底から這い上がった」系の話に弱い。

まあ這い上がるのはこれからなんだろうけど、這い上がらせるために微力ながら全身全霊で応援をする覚悟だ。

というわけで「鬼越トマホーク」時代と同様、このブログでどんどん告知やライブの感想なりを書いていきたいと思う。

というわけで皆さんも、金野氏を、キャロルズを、どうか応援して欲しい。

理由なんていりません。

興味がある人も興味がない人も、とりあえずライブに足を運べばいいんです。

食わず嫌いはダメです。

興味の有無を問わず、人が薦めるものにはとりあえず首を突っ込んでみる、これ人生を楽しくする基本です。

そこで行動を渋れば、いま持っている楽しみだけで生きていくことになるんです。

「なんか面白いことないかなぁ」が口グセになっているそこのあなた。

キャロルズでいいんです。


最初のライブは、必ずこのブログで告知します。


キャロルズに幸あれ。



おわり
スポンサーサイト

コメント

 

キャロルズ…言ってもニンジンだからな~でも2mmくらい興味あるぞ俺は。

>匿名様 

僕も本人の前で間違えましたが…
よく考えたらニンジンは「キャロット」です笑
調べたら、「キャロル」は「賛美歌」という意味があるそうです。
だからなぜキャロルズなのかは分かりませんが…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/50-398641f7

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR