おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<転職論  | ホーム | サラリーマン>>

部屋が盆地な話 

2010.11.06

IMGP7431_convert_20101106093711.jpg
(鎌倉 妙本寺より)


すでに晩秋の様相を呈し、ミスチルの『空風の帰り道』がハマる感じになってきたザックジャパン。

あと1ヵ月もすれば今度は『HERO』が最高にハマる感じになってくるから驚きだ。

そして最終的には広瀬香美の『ゲレンデがとけるほど恋したい』に落ち着くつもりなんだろう。

全くちゃっかりしてやがる。


と書くと素敵な季節がやってきたみたいになるけど、僕は全くもって冬が好きじゃない。


僕の部屋は3畳の物置だからなのか、夏はやたらと暑く、冬はキレそうなくらい寒いのだ。

まるで「盆地だから夏は暑く冬は寒い」と言われる京都と同じだ。

板橋区の小京都であると言わざるを得ない。


ちなみに盆地がこのような気候である理由は、

「盆地は四方八方に壁が立っているようなものなので風がないです。よって夏は暑い!また、寒い空気は下に溜まりやすいので盆地では寒い空気が充満している、なおかつ横方向へ逃げ場がない。また雪雲は重く、盆地に入ってしまえばなかなか超えることができないので雪雲が停滞する…」(yahoo知恵袋 kjefcさん回答より。リンク→http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q139102403
というものらしい。

物置の構造とか家の中でのポジショニングと似て非なるものを感じるのは僕だけじゃないはずである。

そりゃ寒いわけだ。

部屋が盆地だったんだから。


部屋でブログを書いている今この瞬間も毛布にくるまってコーヒーを飲みながらキーボードを叩いているんだけど、寒いと布団をはいで起き上がる気力がマイナス8000くらいになるから困る。

部屋が狭すぎるのでストーブ的なものを使うとやたらと暑くなるし、ってか物がストーブに接近しすぎて危ないから僕の部屋ではそもそも暖房器具の使用が禁止されているのだ。

意味不明だ。


あー冬眠したい。

僕は極度のアウトドア志向なので、外出意欲を削がれる季節はどうしても好きになれない。

何食わぬ顔でインドアも楽しめる素敵男子になりたいものである。


といいつつも今日は東京の北端の自宅から友人宅のある東京の南端までチャリで行くという外出意欲マックスなへなちょこ。


SP観たい。



おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/47-617548d5

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR