おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<サラリーマン  | ホーム | 山か海か>>

雁ヶ腹摺山奉行 

2010.10.26

タイトルを見て、一発で正しく読めた人はもはや一緒にサッカーでもしたいんだけど、先週末は雁ヶ腹摺山へ。


がんがはらずりやま。

渡り鳥であるガンが、その腹をするようにして尾根を飛んでいくことからその名がついたと言われる(Wikipedia参照)らしい。

なんとも男前な名称だ。

「るろうに剣心」で言うなれば、天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)といったところか。


というわけで登ってきたんだけど、その経緯は実に不純で、ただ野生の動物を見たいがために深夜に山梨県の山道に繰り出したら、偶然にも雁ヶ腹摺山の登山口である「大峠」に迷い込んだため、「夜が明けたらここ登ってみるか」という流れになった、という感じである。


いつもどおり金曜日の仕事後に東京を出発し、山梨県は大月市で目星をつけておいた山道へ。

動物を求めて突入していったが、現れたのはタヌキ一匹のみで、すぐに濃い霧に包まれ、動物どころではなくなった僕らは、無事に山道の逆側の国道に抜け出したい一心で、目の前の真っ白な曲線を時速20キロでジリジリと進んだ。

もしかしたらその白いベールの中でハイエナあたりが出てた可能性もあるけれど、気づけば霧は晴れ、目の前には再度神々しい雰囲気の山道が姿を現した。


そうして少し進むと、不意に車道の左側で停車する何台かの車が。


どうやら駐車場のようである。


雰囲気があまりにもヤバかったので通り過ぎようとしたが、駐車場の先の山道は金網で寸断されていた。


つまりはその駐車場がゴールで、その先は通行止めになっていたわけだ。


右側に立った看板を車のライトで照らすと、「雁ヶ腹摺山登山口」との文字が。

これがこの山に登ることになった経緯である。


時刻はすでに午前4時。

残り一台分しかなかったスペースに車を停め、仮眠をとった。


そして翌朝7時前に目を覚ますと、そこには鮮やかなグラデーションの木々がずどん。

IMGP7432_convert_20101026214523.jpg

テンションが上がった僕は連れを叩き起こし、読み方すら知らない山を登り始めた。

改めて看板を見ると、どうやら富士山の眺望で有名な山らしく、かつての500円札に描かれた富士は雁ヶ腹摺山からの眺望らしいことだけは分かった。


ただ、はっきり言って登山としての楽しみはほとんどない。

歩行時間、距離ともにおそらく高尾山よりも少ない。


だけど、山頂間際からの雲の上に浮かぶ富士山の眺望は、僕が今まで見てきた景色という景色の中でも1位、2位を争う壮大さ。(インドはジャイサルメールの夕方の街並みも捨てがたい)


IMGP7448_convert_20101026214808.jpg


まじすげえ。


快晴であることをあんなに有難く思ったことはなかったと思う。

逆に言えば、天気がよくなければほとんど楽しめない山かも。


とにかく。

僕はあんまりマジマジと富士山を眺めたことはないけれど、富士山がここまで日本人の支持を得ているのは、その規模に因るものなんかじゃなく、全く欠けたところがないように思わせる絵に書いたように均一化された姿形に因るものだと思う。


それを雲の上に見た日には、枝で作った箸でカップラーメンを食っちまうのも無理はない。

IMGP7463_convert_20101026220523.jpg
(割り箸を車の中に忘れた。)


下山後は麓にある真木温泉へ。


そこの人に聞いて初めて雁ヶ腹摺山の読み方を知ったという。


というわけで雁ヶ腹摺山奉行も終了。


本当に感動する瞬間なんてのはいつだって偶然、たまたま、無意識のうちにしか起こらんもので、全く登る気もなかったし、そもそも存在すら知らなかった雁ヶ腹摺山からの景色には本当に感動したね。


登山口である大峠までの山道は毎年11月下旬~冬明けまで通行止めになるようなので要注意。



おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/45-ea782a18

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR