おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<ハイタッチ  | ホーム | 歴史小説かじり>>

一個だけ 

2010.04.09




人生で二つ目の会社組織に所属して一週間、もちろんまだ何かを成し遂げたわけでは全くないし、そんな段階でも状況でもないんだけど、思うところはかなりある。

僕は書くことでかなりの振り返りと現状認識と今後のプラン作成ができることを前回二年以上続けていたブログ執筆で実感しているので、今回も書きたいことは腐るほどあるんだけど、全部書いたらいつか書いたインド旅行記みたいになっちゃうので、今日は一個だけ。


たった一年だとしても会社に所属した経験があると、それを基に考え方が形成されている部分が少なからずあって、そこから逸脱したケースに直面すると、「それ違くなーい?」と無意識に思ってしまう節がある。

別にそれが悪いことだとは思ってないし、というか僕は前職での経験を100%プラスだったと確信してるし、どっちが正しいなんてことはないと思ってる。

ただ、前職で培った、あるいは染み付いた考え方と、現職で掲げられている考え方のすり合わせは、想像以上に難しい。

ってか面白い。


社会人経験があるからといって、必ずしもそれがプラスになるとは限らないし、むしろ足を引っ張る部分もある。


そーゆう意味では、企業採用活動において新卒が優先されやすい現在の風潮にも納得がいくし、大抵の場合翌年の3月に一斉に卒業し、4月から一斉に入社できる、という採用活動効率の面を考えても、新卒採用というのは十分に合理的なものであることが分かる。


とはいっても会社側の同意のもとで入社したことには何も変わりはないし、重要なのはこの状況を僕がどう解釈して、どう行動するかってことだけであって、それ以外には有り得ない。


僕が栗井ムネ男と並ぶくらい崇拝している金城一紀の『フライ、ダディ、フライ』の中で、

「それが偶然であれ必然であれ、いまの私はそこからなんらかの意味を見出していくしかない。できるなら、大切な意味を。」

っていう目ん玉が飛び出るくらいカッコいい、てゆーかむしろ目ん玉が飛び出たセリフがあるんだけど、肝に銘じて頑張りたい。

サッカーも。


さようならおやすみ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/4-e1023cf6

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR