おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<ススム君と大菩薩嶺  | ホーム | 木曽駒ケ岳 冬>>

ガジュマルの形をどう思うか 

2017.01.21





僕も三十なので?、植物の一つや二つは愛でたい。




出窓に、これ見よがしにガジュマルを持ってきた。



その実に卑猥な、じゃなかった、いびつな形が魅力で、最近は駅ナカの花屋でも売ってたりする。


まったくそんな公共の場でこんな…。






植物鑑賞は、その多種多様性ゆえに、この世の全てが映し鏡であることを改めて実感させる。




どういうことか。



とても分かりやすく説明するならば、ガジュマル自体が卑猥なのではなく、ガジュマルを観て変な想像をする個人がいるだけってこと。




実際、ガジュマルはその形が「可愛い」という理由で女性からも絶大な支持を得ている。(※僕も可愛いと思って買ってます。念のため。)





多部未華子が「最近可愛くなった」わけではなく、なんか最近多部ちゃん可愛くなったなぁ…と思う僕たちがいるだけ。





でなければ、クラスで一番かわいい子を諦めることなど、到底できない。




どういうことか。




極端な話、クラスで一番かわいいと言われてる子をゲットできるのは、僕の経験上、運動部の学年が上のキャプテンくらいなものなので、僕らは憧れで留めるか、他の女の子に目を向ける他ない。



そして実際にそれを繰り返してこれたからこそ、いま僕はここでノンストレスでこんなブログを書いている。




つまり、いわゆるクラスで一番かわいい子は、一番かわいいわけではなく、ある個人、もしくは複数人から、一番かわいいと言われているだけだ。



あくまでも人それぞれの目にどう映るかが全てなのである。




相田みつを大先生も言っているではないか。


「美しいものを 美しいと思える あなたの心が美しい」と。






つまり今回でいえば、ガジュマルという鏡を通して、それを「卑猥だ」と思う自分を見ているのである。



だから、映し鏡。




これは基本ポジティブな話なので書き添えておくと、全てを映し鏡だと思えば、多少のことは乗り越えられる。



見方を変えれば良いのだから。




「他人は自分の映し鏡」などとよく言われるが、言い得て妙であり、素晴らしい格言だと僕は思う。





思うけど、今回伝えたいのはそんな胡散臭い心理学の話ではなくて、ガジュマルって超可愛くない?ってことで。






上の写真の右のは、アロエフラミンゴという多肉植物で、店頭で鉢に刺さった小さなPOPには、こんな説明があった。


「葉の先端の赤がセクシーですね!!」





いやだから決してそういう趣味では…。






おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/391-c5cdf6de

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR