おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<過程至上主義  | ホーム | 取れるもんは取っとく商売>>

海の水が綺麗とか綺麗じゃないとか 

2016.05.22


(茅ヶ崎 パークより)



海のそばに移り住んで数か月。




海を見て育つと大らかでのんびりした人間になる、などと人は言うが、あんなのは嘘だ。



波がいいとき、みんな朝早すぎ。





さて、ひとつだけ言わせてもらうが、湘南の海は意外と綺麗である。




無論ほっといてそうなったわけじゃないから、綺麗である、なんて言い方は適切ではない。




聞いた話になるけど、ほんの数年前までは都心に近い海さながらの異臭を放っていたらしい。




それが今は、天気が良ければボードに跨って波待ちをしている足の先まで透けて見えるし、海から上がったあとの髪の毛もサラどころかサラサラだ。




地元民等々の弛まぬ努力の賜物である。




ここ数年、関西近郊、尾鷲や日本海のとてつもなく綺麗な海で遊んでいた僕は、正直なところこっちの水の透明度に関しては期待していなかった。



というか諦めていた。


まあそこは仕方ないよね、などと言いながら。



他所から来ておいて随分と身勝手な話である。



そしてそんな無知な人間の諦念こそが、最もタチが悪く、恐れるべき対象だと最近になって気付く。



「思ったより綺麗だったから、綺麗にしとこう」では、いつまで経っても具体的な行動は起きない。

 


スタイリッシュな什器に整然と陳列されている商品を手に取れば元の場所に戻すが、安売りのワゴン販売であればそのままワゴンに放り投げるのと一緒だ。




天気のいい土日などは、3月下旬あたりから海のBBQを目にする。



僕にしてみればこれまでじゃ考えられない住環境で、都心から時間とお金をかけて遊びに来る人を見ては優越感を禁じ得ないが、初めて「遊べる自然」の近くに実際に住んでみてようやく自ら思い至る。





マジで、ゴミ持ち帰ってよ。



もう夏だよ。




おわり

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/378-ea6331b1

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR