おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<パリッパリな9月  | ホーム | 魔の山奉行>>

20時間奉行 

2010.08.30

IMGP7205_convert_20100830215418.jpg
(岡山~三原間より)


木曜日からの四日間、間違いなく四種目の神器である18切符を使って東京~京都~九州を回ってきた。

18切符のみで東京から博多まで向かうと約20時間を要するけれど、ミスチルを何曲かと金城一紀を何冊か持っていけば体感時間はほんの20秒くらいで済む。僕の場合は。


今回はひたすら全国に散らばっている職場等の知人に会うという内輪ネタ満載の旅行だったので、行程について細かく書き記すつもりはありません。


ただひとつ共有したいことがあるとすれば、九州での二日目の夜、太宰府の実家に泊めてくれた友人が案内してくれた夜景スポットに向かう山中で、子供のイノシシを三匹も同時に見たことくらいである。

例によって興奮しまくっていた僕はカメラに収めるタイミングを逃したので写真は掲載できないが、群馬県谷川岳麓で接近した白くてデカいイノシシとは違って小さくて茶色くて、それはまるでダックスフンドみたいだった。


車を運転してくれていた太宰府の友人の話によると、九州の山ではイノシシが当たり前のように出現するらしく、全くもって珍しいことではないらしい。

三匹の子ブタならぬ三匹のイノシシが出現したときも、「イノシシだよ!まじヤベー!超かっけー!」と喚き散らす僕をよそに、その友人は涼しい顔で「イノシシの子供やな。」とつぶやく程度だった。


だが、その友人の実家に帰ってくるやいなや、その友人は母親に「イノシシが一気に三匹も出たんよ!」ととてつもなく嬉しそうに報告をしていた。


さて。

前のブログでも書いた気がするけど、やっぱり旅、というか大量の時間消費を伴う娯楽全てにおいて最も大切なのは「誰と過ごすか」だと個人的には思う。

その要素にはどんな観光地もどんなご当地料理も敵わない。

阿蘇の「やまなみハイウェイ」の景観も、浜松のウナギの柔らかさも、全然気の合わない人間と体験した日にゃあ目にも舌にも入ってこない。

IMGP7201_convert_20100830215302.jpg
(うな重 「八百徳」浜松駅前)

その場ですぐに感動を共有できるからね。

「すげー」とか「うめー」とかを。


ずっと一人旅ばっかりしてきた僕が言うのもおかしな話だが、今回の現職、前職の同期巡り旅行でそれを再認識。



というわけで僕の夏休みはこれにて終了。

明日からの9月は久しぶりの転機になります。

仕事と年齢が変わるから。



おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/36-7e7f286f

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR