おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<世界一忙しい人へ  | ホーム | モトヤツ(赤岳)>>

愛校心 

2015.01.21


(チリ毛と西本願寺。)




大学の同期が烏丸に転勤になったということで、先週末は久しぶりに京都まで。




京都まで。なーんていっても、僕の家からワンコインで30分の距離なので特別気合いを入れて出掛けるような話ではなく、夜な夜な向かって大企業勤めさながらの同期の自慢の新築デザイナーズマンションでウ◯コをして髪のパーマをもう少し遠慮するように言いつけて帰ってきただけなんだけど、大学の旧友に会う度に、ふと思うことがある。




僕にはおよそ愛校心というものがなく、いわゆるサークル御用達の居酒屋で見かける熱狂的な愛校者を少し離れたところから冷めた目で見ていた節があると。




酔っ払った末の校歌斉唱など以ての外で、断固拒否しながら4年間を過ごした。




僕の出身大学はおそらく比較的自尊心の強い学風なので、よくネタにされる。



これだから◯◯卒は…とかね。



何故か数パターンの校歌(学歌?)があり、周辺には自称名物的な飲食店が点在し、おそらく我が子を入学させたくて仕方がない母親たちを対象にした学内見学ツアーみたいなものまである。




と、これまた冷めた言い草をしてしまったけど、僕も自ら志し、自ら望んで入学し、バカ高い学費を親に工面してもらい、終いにはその学歴を惜しみなく履歴書に書いているわけで、大いなる意味があると、その場所を選んだのは当時の僕の中から生まれた必然だと、そう思ってはいる。



しかし結果的にはサッカーとバイトのみに明け暮れ、校歌はもとより、教育理念やルーツなどを知ることもなく、辛うじてその学位を得た。



メインのキャンパスにある創設者の彫像に登ると退学になるという都市伝説があったけれど、それが本当なら僕はとっくに中退して地縛霊の妖怪になっている。



いやもちろん登ってはいないけど、間違いなく敬意は足りていないからね。





現状維持に甘んじているという意味とは別で、今には満足しているし、楽しかった記憶でいっぱいなので後悔はないけど、愛着はない。




10代~20代にまたがる4年間が極めて貴重かつ膨大な時間であることは言うまでもないけど、大学なんてそんなもんでしょうか。



それとも高校生までのように導かれるままにしか動けないヤツの言い訳なのでしょうか。




おわり
この
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/332-abfb7265

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR