おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<モトヤツ(赤岳)  | ホーム | イケすかない金持ちの生存権>>

君の好きな僕 

2014.12.27

クリスマスにも書けたけど、クリスマスが終わったので書く。



という具合に、僕たちは少なからず、体裁を保つために生きている。



寂しいのに、寂しがり屋として認識されるのはイヤだから「ひとりの時間が好き。」と言ってみたり、お金が欲しいのに、金の亡者だと思われるのはイヤだから「大事なのはお金じゃないよね。」と言いながら安月給のブラック雇用に甘んじていたり、本当はニャーKBの大ファンで部屋中ポスターだらけなのに、アイドルユニットに入れ込んでいると思われるのはイヤだから写真集は腹巻きの中に隠して「セカオワのライブ行きたいよね!」と言ってみたりする。


一応描く理想の人物像があって、それが実際の自分とはかけ離れているから、まずは周りからの見え方を操作しようとする。


つまり体裁を保つための言動をとる。


キャラ作り。


自分が「どうか」ではなく、「どう見えるか」が何よりも重要になっている。



そしてそれは、「自分に嘘をつくのはやめましょう。」「他人からの評価を気にする生き方は損だ。」などと、とかく否定されがちだ。



しかし僕は仙人だか仏様によるそんなどーでもいい批判を書きたいわけじゃない。



体裁を保つための言動は、一種の自己暗示とも取れる。というポジティブな話を書きたい。



ミスチルの桜井さんも某名曲で言っているではないか。



「君の好きな僕」を演じるのはもう演技じゃないから、と。



どんなに忙しくても、話しかけられたときは手を止めて目を見て話を聞ければ、あなたは「何か忙しそうで話しかけづらい人」というイメージから脱却できる。


つまり忙しい人ではなくなる。


むしろ余裕のある人となる。


不思議なもので。




周りからこう思われたい、と思ってとっているその行動は、あながち演技ではない。


増してやウソなんかじゃない。


そして、周りからそう思われた瞬間に、あなたはそういう人になる。


そしてそして、気づけば無意識のうちにその行動をとれるようになっている。


体裁は実体へと変貌していく。



元来ぼくは冗談の通じないクソ真面目なガリ勉君という自負があるけれど、いつからか面白がってオチャラけた言動を繰り返していたら、実に軽薄な人間という印象を抱かれるようになった。


いや、この記事によれば、実際に軽薄な人間になったということか。



キャラ作り間違えた。




おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/330-b7b2187c

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR