おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<免許の更新  | ホーム | スマホ論>>

ションベンタレ 

2014.08.28


(タカノハダイ)



最近は柄にもなく海に通っているけれど、魚の勉強もしている。


大人になってから魚の図鑑を買うなんて思ってもみなかった。



3000円もした。


どっかの小学生の夏休みみたい。




今日はある魚の紹介をしたい。



冒頭、黄色いシマシマこと、タカノハダイ。



西日本の海では少し潜れば普通に観察できるワリとデカくて鮮やかで見つけるとテンションが上がる魚。


どっかの離島のノラ猫並みに警戒心が無く、グレやイシダイを狙った釣り人の針にも普通に掛かるらしい。



意図せずして釣り上げた人のリアクションはこうだ。



「お前じゃねーよ!ふざけんなよ!」



別にふざけてるわけではないと思うけど、比較的中立的であるはずのwikiでも「味はまずく、食用とされることは少ない。」なんて書かれている。(お前食ったのかよ!)



その他、ネットで評判をチェックすると、


“市場評価はすこぶる低い”

“季節に関わらずおいしくない”

“釣り上げた知人は「うわっ!タカノハや!磯臭くてまずいんや!」と言って迷うことなくリリース”

“鍋にこいつを入れると全てが台無しになる”

“どうしようもない外道”

“別名ションベンタレ”


…等々、果てしなくこき下ろされている。


まるでバルセロナからレアルに移籍して初めてのクラシコのときのフィーゴね。



僕らだって小さい頃は誰もがションベンタレだったわけで、ションベンタレがションベンタレにションベンタレと言っているだけなので世話ないが、彼らも僕らに食べられる為に生まれてきたわけでは決してないし、海の生態系の一端を担っているのは紛れもない事実。



だから僕は、もう少し魚をさばく技術が付いたら、最大限の敬意を払ってタカノハダイを食べてみることをここに宣言する。


一部からは、美味、最高の珍味、という声もあるしね。


そのときの感想はまた書きます。


皆さんも近海で黄色いシマシマを見かけたら手を振るくらいはしましょう。




おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/311-36042370

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR