おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<脅迫状と放火と渋谷の痴漢  | ホーム | W杯と結果論>>

アギーレのその前に 

2014.06.29

仮にもサッカーを主な趣味と豪語し、ブログを書くことにも一生懸命な血の気の多い日本国民である僕の、コロンビア戦に大敗してすぐに筆を執らなかった理由が、日本のW杯敗退がショックでなかなか気持ちの整理がつかなかったとかそういうわけでもないことが、日本サッカーの「程度」を象徴している今日この頃。



あれが、一分二敗という成績でW杯を去ったのが、日本ではなくブラジルだったとしたら、今頃ブラジル国内がどうなっているか、想像するだけで恐ろしい。



またしても、自殺者等、死者が出ているかもしれない。



もちろん、死者が出るような暴挙が許容されるわけもないが、やはりそういう国におけるサッカーというスポーツの位置付けと照らし合わせると、日本サッカーは茶の間の漫才に過ぎない。



選手等、直接の関係者のそれは知らないが、国全体として前回大会ベスト16進出という快挙に浮き足立ち、開催前は持ち上げるだけ持ち上げていつの間にか決勝トーナメント進出は当たり前という物の見事な空気が出来上がり、結果が出ないと見るや徹底的に袋叩きにし、終いにはそれに同情した?ファンが成田空港に帰国した選手に労いの言葉をかけている。



まさに自作自演の残念ショー。



繰り返すが、それがブラジルだったら、帰国時に水をぶっかけられる程度の事態では済まない。


そして、選手もそれをよーく理解している。


だから今日、ネイマールやジュリオセザールは激闘の末にチリを下して、勝ったのに、まだ準決勝も決勝も残っているのに、涙を流した。



その映像が日本サッカーとは余りにもかけ離れた世界のような気がして、そこで初めて日本の敗退が悔しく思えたような。



今までは、マスコミやファンは傍観者に過ぎないんだから黙ってろってスタンスで書いてきたけれど、それは違うかも。


本当に日本がW杯で勝てる国だと思っているのなら、そしてそれを望んでいるのなら、口先ではなく「国を挙げ」ないと。



次期監督候補アギーレがどんなやつか云々以前に。




ロドリゲスがキュンキュン過ぎてブラジルまたしてもピーンチ!



って自国が負けたのにその後のW杯を普通に楽しんじゃってるその意識がダメなんだってば!




おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/304-8c7298d7

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR