おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<W杯と結果論  | ホーム | ちゃんザク>>

ちゃん西 

2014.06.14

書こうか迷ったけれど、やっぱりサッカーの正義の神様の為に書く。



W杯開幕戦、西村主審の判定が物議を醸しているが、頼むからあとでやってくれ。


もう大会は始まった。


そして真っ最中。



いま読む人がいるのかどうか知らないけれど、本屋の実用書コーナーみたいなところにある?「サッカーのルール」みたいな本があるとして、そこに「後ろから相手の肩を掴む行為はファウルか否か」みたいなQ&Aがあるとすれば、それは間違いなくファウルだと記載されているでしょう。


FIFAが公式に発表したって同様だ。



フレッジが意図的に倒れたのは明らかだけど、手が掛かっていたのも事実だから、それでPKを獲得したのはフレッジの、ひいてはブラジルの実力に他ならない。


誤審かどうかといわれれば、100%の確率で誤審ではない。


後ろから相手の肩を掴んだという事実に対して笛を鳴らしたんであればね。



矛盾するようだけど、ルール上でファウルか否かという問題と、それで笛を吹くかどうかは、全く別の話だ。


前者は「事実」であって、後者は「意思」だから。



サッカーをやっている人間からすると「あのプレーでは笛は鳴らない」という感覚が経験上あるだけの話で、後ろから肩を掴まれたらそれはファウルだ。


僕もリアルタイムでリプレイを観て、14型のテレビに向かって1人で「えー!!これはないでしょー!!」と叫んだけど、「これはないでしょ」という言葉の「これは」と「ないでしょ」の間に当てはまる言葉は、「ファウル」ではなく「笛」だ。



それに、この判定がトップニュースになるのは、結果論でしかない。



つまり、あのPKが結果的にW杯開幕戦という大舞台の勝敗を分けたからだ。


あれで大袈裟に騒ぐなら、メキシコ対カメルーンのドスサントスのコーナーからのヘッドに対するオフサイドの判定は明らかに誤審だったから、こっちを徹底的に叩いてほしい。


でもそれは、試合の注目度が比較的低く、そして結果的にメキシコが勝てたから、取り沙汰されることはないのだ。


残念ながらそんなもんだ。



クロアチアとしては自分たちの戦いに自信を持っていた。


だから監督は、選手を、そして自らを擁護する必要があるため、監督が西村主審を批判し、「あの間違った判定のせいで負けた。」と公に発言するのは必要なことかもしれない。



でもサッカーをたいして知らない傍観者が、言葉を選ばず「誤審だ」とか「FIFAにいくら払ったんだ?」とか騒ぐのはあまりにもナンセンス。



僕は別に日本人だからといって西村主審を擁護するつもりはさらさらない。


審判の評価をし、今後の大会に活かしていくんであれば、それは大会後に徹底的に分析してやってくれればいい。



僕らとしては、実況でいちいち審判の名前を発表するのもサッカーくらいなもんで、ここまで審判が注目されるのもサッカーの醍醐味というか審判の判定の仕方も含めて楽しむのがサッカーだと思うから、あやしい判定が出たら、「あー今日はこーゆう感じねー。」くらいの感じで受け止めたいものである。




まあでもあれがクロアチアじゃなくて日本の試合だったら、僕はテレビをぶっ壊していたけどね多分…。



感情論の無いスポーツなんて、つまらないですから。




おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/302-d0218919

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR