おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<五年目の矜持  | ホーム | 関西転勤記念式典>>

客の品格 

2014.03.18


(思わず大盛りをサービスしたくなる鬼越トマホーク金野氏。早稲田は高木やにて。)



主に飲食店に行く度に思う。


良いサービスが生まれるためには、店側の客に対する態度はもちろん、客の振る舞いも極めて重要だと。


考えれば実に単純なことで、自分が居酒屋の店員だったら、「ビール頂けますか?」と言われれば綺麗なグラスに一番搾り麦汁だけを注いできめ細かい泡を3:7で作る。絶対作る。


それが横柄な態度で「ビール。」と言われた暁には客の頭からビールをぶっかけたくもなる。


会計時に貰う金額が変わらないことは分かっているのに。



前にも書いたことがあるけれど、飛行機のクラスのように予め対価によってサービス内容を明確に分けるような基準を設けていないのであれば、接客は平等に行われるべきだ。



でも、人間は機械じゃない。


頭では分かっていても、心証を悪くすれば、お・も・て・な・しの心を保つのは難しい。



常連客なら話は別だけど、サービスを提供する側と対価を支払ってサービスを受ける側の関係は基本的に「初対面」だ。


初対面においては絶対的に最低限の礼儀が存在する。


互いに相手のことをまだまだ推し量る関係だから、互いに互いの扱いを無下にすることはできない。


そこに、店員だとか客だとかは関係ない。


互いに気持ち良くコミュニケーションを取ろうと思うなら、要するに客側からすれば「良いサービスを受けたい」と思うなら、それなりの立ち振る舞いがある。



いわゆるクレームについては場合に応じて必要だと思うからここでは触れないけれど、それが店員だろうが客だろうが、つまりどんな関係性であろうが、相手の心証を顧みない横柄な言動がプラスに働くことはない。


相手の心証を悪くしてまでただただ強く要求をして、思ったようなサービスが受けられると思ったら大間違いだ。



せっかくお金を払って飲みに行くなら、客の品格を忘れないようにしたいものです。



おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/290-4983b998

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR