おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<野球部とサッカー部  | ホーム | オナラと空気>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生風情がすいません 

2014.02.16

ついこの前、「僕は基本的に、将来や未来のために今を我慢する、耐える、みたいな考え方にはすぐさま反論する悪い癖がある。」と書いた(リンク→葬式費用を憂慮する僕ら)けれど、新卒時の就活だけは話が別だ。



あれだけは、もし就活をするんであれば、つまり就活生という身分を行使するんであれば、好きな女の子と同じシフトのバイトを休んででも、悩み抜いて、やり切らなければならない。



つまり、学生という身分を笠に着て、学生という社会的弱者的な立場を利用して、「えー?まだ学生だから分かんなーい。教えてくださーい。」とか言ったりして、様々な業界の内実を掴むべく、行動を続けるべきだ。



一社内定貰ってさっさと辞めるなんてもってのほかで、極論、「御社に行きます。他は辞退しました。」などとウソをついてでも、何食わぬ顔で、際限なくセミナーやら面接やら懇親会やらOB訪問に行くべきだと。



それらはどれも一種の社会人生活を覗く行為であるが、皮肉なことに、社会人になってからではできない。



僕は気付いてしまったんだけど、実は、社会人になってからじゃないとできないことはほとんどないが、学生じゃないとできないことはめちゃくちゃある。



この国における学生という身分は、あらゆる企業への通行証であって、決して弱者ではない。


その為にバカ高い学費がある。



仮に僕が新規参入した自動車メーカーの広報担当だったら、カルロス・ゴーンが来ても門前払いだが、「すいませーん」なーんて言って健気な学生が来たら、最高階の応接室に通して、まだ社外秘の新型車種のビジョンを得々と語るだろう。


下手したら、有りもしない日産自動車の悪口を言ったりするかも。


僕も新卒のときに経験があるけど、そういう人事担当って必ずいるよね。


それぐらい、日本の企業は学生に対して無意識に警戒を解いている。


悪く言えば舐めている。


ただ、そんなものは逆手に取るだけの話だ。


全部、自分のものにするだけだ。



学生風情が!という輩もいるでしょう。


でもね、学生風情は実は、しょっちゅう変わる首相に勝る、最強の身分だ。


ただどちらも任期制だから、無駄にしてはならないと。


学生に図々しさはなんてものはなく、あるのは愛嬌だけなのだから。




おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/285-c15ab405

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。