おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<おすとも  | ホーム | 学生風情がすいません>>

野球部とサッカー部 

2014.02.22

野球部はサッカーも好きだけど、サッカー部で野球も好きなやつはほとんど見たことがない。


いやまぁかなり極論だけど、僕の経験上、そういう傾向にある。


ここに、サッカーという世界的スポーツの閉鎖感、排他的性格がある。



この日本でも人気No1スポーツと言われているけれど、サッカーマンはなんとなく孤立している。


ただ、サッカーマンのコミュニティ自体が巨大なので、孤独感を感じることはない。


閉鎖されていることに気づかない。



逆に野球部は、どのスポーツに対しても自ら壁は作らない。


本業である部活に限らず、球技大会やら体育祭で他の種目を前にしても、誰よりも生き生きとしている。


そのフラットなスタンスには尊敬の念すら覚える。



オトナになった今、たまに地元で「フットサルやろうぜ」って声がかかると、当日、必ず一人は元野球部が混じっている。


しかも、きまってよく走り、ボールに対して貪欲である。


要するに、レベル問わず、心からサッカーを楽しんでいる。



体育会でサッカーをやっていた人間には、それがない。


すぐにレベルを見る。


自分と、周りと。


それが合致していなければ、心からは楽しめない体質に仕上がっている。


それはもう見事なほどに。


ここにも、サッカーの排他的な側面が見える。


球技の中でも足を使う特殊なスポーツだから、幼い頃からやっているかいないかでかなりの差が付いてしまうという理由もあるとは思うけど、いわゆる「ガチ」と「遊び」の間の壁が高すぎる。



それを物ともしないが、野球部という人種だ。


南米や欧州の選手の移籍事情も、下手したら野球部のほうが詳しい。


ウイイレも強い。



もちろん僕はサッカーこそ最高のスポーツだと信じているし、サッカーよりも楽しいと思えたスポーツはない。


でもそれはたぶん、レベルを見てるからだ。


レベルを選べば、思うようなプレーができるからだ。


なんと閉鎖的な遊び…。



清原と武田(サッカー元日本代表)を比較すれば分かりやすい。


清原はとんねるずの男気ジャンケンに出て然るべきだと思うけど、武田が出たら間違いなく場違いでしょう。


清原はどこに出てもハマるのだ。


しかし残念ながら、武田にそのキャパはない。


男気ジャンケンで勝つ姿は小木よりも想像できない。



もちろんそれだけで野球出身とサッカー出身の単純な比較構造を語れるわけではないが、僕はどうしようもなくサッカーの閉鎖感を感じてしまう。



ただそんな日本サッカーの危ない状況をいち早く察知してか、20年以上も前に警鐘を鳴らした有名な選手が一人いる。



我らが中田英寿。

ヒデ。


彼は韮崎高校サッカー部時代にこう発言している。



「サッカーしか知らない人間にはなりたくない。いつも好奇心を持っていたい。サッカー選手としての生活に比べるとその先の人生の方がずっと長いのは自明。サッカー引退後に何ができるのかを考えるのはすごく楽しい。」



この余りにも有名な中田語録は、日本サッカー界に大きな気付きを与えた。

と信じたい。



僕らからすれば、サッカーでメシが食えるなんてそれだけで至上の幸福としか思えないが、それがある意味盲目であることに中田は気付いていた。


しかもプロになる前の高校生時代に。



ご存知のとおり、実際に中田は引退後に自らを「旅人」と銘打って世界中を旅したり、チャリティー活動の指揮を執ったりしている。



その旅でのフライトが全てファーストクラスだったとか、どうでもいい批判が多数あるけれど、大切なのは彼の引退後の活動の是非ではなく、中田という今までもこれからも日本サッカーの歴史を代表をするであろう選手が、「サッカーだけじゃダメよ。」と言ったことが画期的なのだ。



メディアがそこにもっと注目して、中田みたいな選手をどんどん取り上げてくれれば、日本サッカーの閉鎖感なんてあっという間に拭い去られ、サッカーはもっと楽しく身近なスポーツになると思う。


そうなりゃ間違いなく強くなるのに。


受け入れる体制が整っているようで、実は排他的。



と、話が少し大きくなり過ぎたけど、僕は野球は観ません。


というか観たこともありません。


だからダメなんだよ!




おわり
スポンサーサイト

コメント

 

そうだな

Re: タイトルなし 

そうでしょう。
> そうだな

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/284-e20631bd

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR