おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<僕の大切な仕事  | ホーム | 今年の>>

イルカのフグ中毒 

2014.01.08

哺乳類界においてマスコットとしての地位を欲しいままにしているイルカ。


そんなイルカですらフグの毒を吸引してドラッグ遊びをする嗚呼悲しみの現代社会。


参照リンク
http://ggsoku.com/tech/dorphine-get-high-with-puffer-toxin/



酒・タバコに始まり、一日に何杯もコーヒーを飲んだり、マヨネーズをそのままチュッチュしたり、マイ七味を持ち歩いていたり、ウイイレの初期設定に納得できずに本田のボディバランスの数値を少し上げたり、紅白での大島優子の卒業宣言の是非について議論された2ちゃんねるを世が明けるまで眺めていたりと、◯◯中毒者は例を挙げればキリがない。



中毒とはつまり、某有名菓子のCMでお馴染みの「やめられない、止まらない」という状態なわけだけど、この心理状態には決定的に欠如しているものがひとつある。



それは、義務感だ。



それが身体にとって有害だとか無害だとか、社会的に好まれるとか悪影響を及ぼすとか、そーゆう話はまた今度にするけど、あらゆるジャンルの末端には必ず中毒者の存在があり、その尖った末端が無ければジャンルの全体像自体が揺らぐことを知っておかなきゃならない。


要するに、酒もタバコもコーヒーも蒼井優も多部未華子も、全く義務感のない100%の内発的動機によって「やらずにはいられなくて」やっちゃってる中毒者の存在に支えられていると。


その存在を軽視したり排除したりすれば、多数に迎合するだけのつまらないジャンルと化す。


というかジャンルとして存在し得ない。


蒼井優を愛するファン無くして、アイドルとしての蒼井優は存在し得ない。



会社だってそうだ。


家族のためにある程度稼がなければならない、というような動機であれば、起業をする必要はたぶんない。


条件に合う職を探すまで。


これは僕の想像だけれど、ひとつの会社というジャンルを作ったいわゆる創業者と呼ばれる人たちに、そのような義務感だけで会社を立ち上げた人はいないでしょう。


リスクを負ってまで、従業員の人生を預かってまで、やめられなくて止まらない理由があったから、自ら会社を立ち上げた。


思わずマヨチュッチュしてしまうように。



義務感に依らない、どうにもコントロールできない動機こそ、全ての物事の発端であって、何物にも代え難い。




おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/278-0cd0e2ab

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR