おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<青春論  | ホーム | 部活帰りの自動販売機>>

僕と彼女と彼女の生きる道 

2013.11.25






フジテレビHPリンクはココ




前にも書いたような気がするけど、僕はこのドラマが好きだ。


下手したら「北の国から」とタメ張るくらいの名作だと僕は思っている。



一応書くが、仕事一筋で家庭を顧みず娘にも興味のなかった父親が、突然妻に出ていかれ、娘と2人で暮らすことになるが、家庭教師のサポートもあって、少しずつ父親として覚醒していくという話。


一世を風靡した凛ちゃんこと美山加恋(娘)の「はい!」はもちろんのこと、草薙剛演じる徹郎(父)の凛を見つめる表情というか目は、それでだけで泣かせる。


目は口ほどに物を言うとは、よく言ったもので。

もはや目俳優。


小雪演じるゆら先生の大人すぎる完璧なサポートも、徹郎の父親としての意識の覚醒を際立たせてて最高。

何より美人すぎ。

このドラマが唯一リアリティーを欠くとしたら、こんな家庭教師いるわけないってところです。



しかし、こんな父親はいるんだろう。

家庭を顧みず、子供への愛情など微塵もなく、仕事、ここではつまり出世が、命よりも大事だと信じきっている父親は。


確実に、いる。


現に、遅くまで働く妻子持ちのサラリーマン男性が、このドラマ放送の毎週火曜日はこぞって直帰するというちょっとした社会現象にまでなったという。

みな自覚があるのだ。

後ろめたさと言ってもよい自覚が。



僕なりにこのドラマのメインのメッセージを想像するに、家庭を顧みないことそのものの批判ではなく、「時すでに遅し」という事態に陥ることへの警鐘なんじゃないかと思う。


多少ネタバレになるが、自分の落ち度に気づいて再婚を迫るも、すでに離婚が成立していて相手の愛情も枯れ果てているとか、出世争いに負けて自殺をはかり、死ぬ直前になってようやく家族の大切さに気づくとか。


そんな描写に、世の戦うサラリーマンが釘付けになったんだと。

というか、釘を刺されたんだと。



ちなみに平均視聴率は20%超。


僕は放送当時、絶対に手の届かないクラスで一番かわいい女の子に告白するかどうかで悩むだけの高校生だったけれど、「自分が父親になった暁にはこのドラマのDVDをいつも枕元に置いて寝よう。」と思っていた。


まさにモンスターハイスクールスチューデント。




というわけで最近またTSUTAYAに通ってます。


実に4回目の鑑賞。



おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/269-6e7d1350

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR