おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<天は二物を  | ホーム | カエラー>>

半年関西 

2013.09.03


(友ヶ島より)




関西に来て半年が経ちました。

かつての僕の面影はどこへやら、もはや骨の髄まで関西人になってしまいました。



というのは死ぬほどウソで、何ひとつ変わらず。


衣食住、人付き合い、好きな女の子のタイプ、どれをとっても、あの頃のままだ。



「東京から大阪に行くというのは、違う国に行くようなものだ。」などとよく言われるけど、そんなのはウソだ。


どっちもただの日本でしかない。



「関西人は短気でコワくて縄張り意識が強くて…」なんていうのもよく語られることだけど、そんなのもウソだ。

あと、「東京の人は冷たい」っていうアレもウソね。



みんなシャイなだけで。



「関西人」というくくり自体がもはや意味を成していない。


そんな人種のカテゴリはなく、あるのはただ、自分から話しかける人と、話しかけられる人、この2種類だけだ。


もちろん僕は後者になりたいけどなれない前者なので、たぶんどこでもやっていける。


そこに人さえいれば。




そこそこの都市ならば、ニューヨークに限らず、今やどこもいわゆる人種のるつぼ。



ちなみに、いま僕が住んでいる街は、比較的治安が悪いと言われているらしい。

だから家賃が格安なのだとか。



別に深夜に銃声が鳴り響くとか、麻薬取引が横行してるとか、サドゥーが物乞いしてるとか、そんなことは全くなく、あるとすれば、夜になると僕の住んでいるマンションの目の前のコンビニの駐車場でコワモテの若者が溜まっていることくらい。


それでも話題はきっと「元カノが妊娠して結婚した…。終わった…。」とか、下手したら「宮崎駿引退したね…。」みたいなところでしょう。


治安が悪いどころか、平和の象徴のような光景。



今度声をかけてみようと思っているくらいだ。



というのもウソで、そんな勇気があったら食べてみたいということで、だんまり決め込んで素通りする残念な僕。


嗚呼、恐ろしき我が街。



というわけで何が言いたいのかというと、変わらず元気であるということと、一番こわいのは三兄弟同時王者になったときの亀田兄弟だということです。



また一年記念でも書きます。




おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/255-fb2733b5

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR