おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<沿志奏逢3  | ホーム | ちゃん岡 追記>>

さらばちゃん岡 

2010.06.30

久しぶりにサッカー関係で泣きました。


僕は高校サッカー部時代の最後の選手権、都ベスト16を賭けた雨の日の試合の延長戦で、キーパーとの一対一を足を滑らせて無様に外し、PK戦の末に敗退、僕を含めた同じ学年のメンバーを引退に追い込んだ経験がある。

その記憶に、号泣する駒野がリンクしすぎて昨晩は鼻垂れた。

駒野の場合はPK=ジャンケンみたいなものだから一緒にはできないが。


もちろん、W杯と高校サッカー選手権、駒野と僕を比べれば規模も才能も努力の量も次元が違うんだけど、自分が原因(僕の場合は思い上がりだが)だと思ってしまう負け方をして、それを誰も責めないで励ましてくれるっていう状況は堪らなく悔しいもので。

今でこそ高校サッカー部で集まると「お前があの日に取り替え式のスパイク履いてれば滑らなかったのに。」→「うちは貧乏だから取り替え式なんて買えねー。」なーんていう下らない冗談を言い合えるんだけど、自分のプレーのひとつひとつや、それに繋がる普段の努力の量が、一緒に目標に向かって頑張ってきた周りの夢までもを閉ざしかねないってのがチームスポーツの最も残酷なところ。

ましてやそれがPK戦っていう全然納得できない形だった日にゃあミスチル聴きながら眠れない夜を過ごすこと必至。


もっと納得できる決着方法はないもんかね。

周りで観ている人間からすれば、つまり見せ物としては、PKは本当に面白い。

でも蹴る人間からすれば、あれほど理不尽なもんはない。

選手の努力や実力が限りなく100%に近い形で反映される決着方法を編み出すのが、FIFAの最優先課題だと思う。



それにしても、日本代表に対する世論のひっくり返り具合は尋常じゃないね。

あれほどの袋叩き状況から、賞賛の嵐に変わってる。


一般論として、スポーツ選手を評価する指標は結果のみであり、結果が全てであることがよく分かった。

今回は、今までの日本代表の実績との相対評価で優秀と言えるであろう決勝T進出という結果が得られたから世の中こうなってるけど、リーグで敗退という結果だったとしたら「やっぱりね」となっていたに違いない。


ここから分かるのが、スポーツメディアってのは勝敗を賭けたスポーツを語る際には必ず結果から入るってこと。

プロセス→結果という流れで話を展開することはまず無い。

ほぼ間違いなく、結果からプロセスを語る。


今回のように良い結果だったら、そこから遡って日本代表チームの活動の中で「良かったと思われるプロセス」をクローズアップしてそれを褒め称える。

『あそこでスリーボランチにして本田をワントップに置くシステムに変更した岡田監督の判断が良かった』
とかね。


逆に、もしリーグで敗退していたら、そこから遡って日本代表チームの活動の中で「悪かったと思われるプロセス」を探しにいってそれを叩く。

『あそこでいきなりスリーボランチにして本田をワントップに置くシステムに変更するなんていう岡田監督の暴走、判断ミスが負けた原因だ。』と、全く逆の報道をしているに違いない。


全く同じプロセスなのに。


まぁサッカーに限らず対戦相手ありきのスポーツは当然勝ち負けという結果が目に付くし、全てのプロセスをあらかじめ追いかけることの限界や、プロセスだけを頼りに評価することの難しさを考えれば仕方のないことなんだけど。


ただ、言うまでもなく選手たちはプロセス→結果という流れでしか活動していないわけで。

結果がどうなるかわからないものを見据えてプロセスをどうしていくか、ということしか考えていない。


だから現状の報道と、日本代表チームが実感として持っているものが乖離することは否めない。

「日本代表がどのくらい頑張ったか」というのはメディアをもとに考えるしかない僕たち外部には絶対にわからない。

それを限りなく汲み取れるような報道ってのはやっぱり実現できないのかね。

もしくは評価は全くせずに、事実のみを伝える、とか。



監督業について極論を言えば、「結果を出す」のが仕事ではなくて、「結果を出すために誰よりも試行錯誤する」のが仕事だと思う。

マスコミ対応を観ている限り、岡田監督はそのことをよく分かってる。

次回からは、その試行錯誤しているプロセスに事前にスポットを当てて、意図的な批評のない報道がなされることを願って止みません。



それにしても昨日の延長戦の緊迫感は、いちエンターテイメントとしてこれ以上ないものだったと思います。

延長戦に入ってからは解説者もほとんど喋ってなかったけど、固唾を飲んで見守る、とはまさにあのことで。


あー面白かった。


辞任するしないは別として、どんな形であれ岡田監督には今後もメディアに登場してほしいものです。



というわけで、話が逸れまくったけど、残り少しのW杯を楽しみましょう。




おわり
スポンサーサイト

コメント

 

ミヤネ屋を観てそして今さっきスポルトを観て涙しました。
「北の国から98時代」を観たとき以来の涙でした。
しかしPKは残酷すぎます。

>おさ 

オランダつえー。

北の国からとワールドカップの比較は鋭いね。

おれは泥の付いた万札だね。

 

その万札をぱくった工場の先輩社員を純がボコすくだりもなかなか心揺さぶられますね。

>おさ 

結局は純が白状するラーメン屋のシーンが一番だけどね。

あれぞ北国の真骨頂でしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/25-9210aa99

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR