おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<甲斐駒ケ岳と仙丈ヶ岳と  | ホーム | 僕とイビキ>>

日光白根山から 

2012.08.04

IMGP9260_convert_20120731104311.jpg
(弥陀ヶ池から日光白根山頂)



やってきた。

ブログを書いているヒマなどどこにもない8月が。

夏が来たら、山に行くにしてもできるだけ高い山に行っときたいというのが世論で。


この仕事をしていると、富士山という山のその恐ろしいほどの人気に、空いた口が塞がらない。

他にやることないのかと突っ込みたくなるくらい、誰もが富士山に行く。

成人の半数以上は歯周病だと言われているが、そんなのはウソで、成人の半数以上は富士山に行ってるんじゃないかと、僕は疑っている。

やはり標高が高いというのは、その意味をとくとくと説明するまでもなく魅力的なのか。


そんな行列必至の日本最高峰を横目に、僕らは今夏、まず関東最高峰に行ってきた。



IMGP9275_convert_20120731104206.jpg
(山頂より)



詳しい行程は書かないけれど、山頂直下の弥陀ヶ池から見上げるガスがかった日光白根山は完全に君臨しており、下りの縦走路で立ち寄れる五色沼は静けさの象徴。キングオブ静けさ。

綺麗なシカにも何頭か会えた。



誰でも100%山に行きたくなる、絵に描いたように楽しそうな一枚。

IMGP9282_convert_20120731104909.jpg
(楽しそうな仲間たち)



このあと全員で大雨に打たれて一気に体温下がってちょっと焦った。

風雨が起こると、山頂というのは概して逃げ場がない。


僕は特に身体が濡れてしまったので、大事をとってトレラン下山。

結果、弥陀ヶ池から菅沼駐車場まで僅か25分という驚異的な記録を叩き出した。

というわけで無事下山。


日光白根はピークを踏む達成感というよりも、池とシカ。


この世で短いものといえば人生と夏なので、間髪いれず今日も夜からモトヤマ君と南アルプスに行ってきます。

おそらく甲斐駒と仙丈です。

そっちはまた詳しく書きます。たぶん。



おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/194-13f9ca76

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR