おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<鳴いてる怪獣  | ホーム | 的は絞らず>>

フリーズドライ 

2012.05.29


(黒斑山で幅を効かせるフリーズドライ。)



あなたが思う、人類史上最も優れた発明はなんですか。


電力ですか。

飛行機ですか。

インターネットですか。



僕が思う最高の発明は他でもない、フリーズドライです。
あとミスチル。


アウトドアの一番の楽しみは食事だと信じて疑わない僕にとって、フリーズドライ製法というのは魚にとってのエラ呼吸機能とその価値を同じくする。


ご存知の方も多いと思うけど、水とかお湯でふやかすだけで美味しいゴハンの出来上がりっていうアレのことです。

みんな大好きカップラーメンにもフリーズドライ製法は使われてます。


その名の通り、できあがった状態のものを凍らせてから乾燥させるという、もはや矛盾に満ちた製法。

「嫌いになったわけじゃないし、他に好きな人ができたわけでもないけど、別れるしかないんだよ…」的な。


もう少し詳しく書くと、できあがった状態の料理をマイナス30℃程度で瞬間冷凍し、それに真空乾燥というマヌーサばりの魔法をかけて一気に水分を昇華させて乾燥状態にもっていくという製法。


できあがった状態のものを冷凍させるまではいわゆる冷凍食品と同じだけど、冷凍食品は水分を含んだまま凍っているので重くてかさばるし、常温で保存ができない。

しかしフリーズドライの場合はそこからさらに水分を飛ばすことで、軽くコンパクトになるし、水分を含まないので「溶ける」という概念がなく、常温保存が可能になる。



ここで気になるのが、冷凍食品の水分を飛ばすってことは、加熱して溶かして最終的に液化した水分を蒸発させるわけだから味も栄養も溶け出しちゃうんじゃないの?という話。

普通?、固体が気体と化すプロセスは、固体→(加熱)→液体→(加熱)→気体だから。


でもフリーズドライの場合はある魔法によって加熱の必要がなく、液化するプロセスを抹消しちゃってるため、味とか栄養が溶け出すことなく水分を飛ばすことができる。

その魔法ってのが真空乾燥。らしい。


真空乾燥の仕組みについて詳しく知りたい方は飲みにでも行きましょう。



とにかくそんなわけで、フリーズドライ製法によって生み出された保存食というのは、軽量でコンパクトというアウトドアで最も重要な要素を満たし、かつ味も栄養もバッチリという、いうなれば大トロ味のカロリーメイトようなもので。


最近、日本に存在する全フリーズドライの完食を目指していろいろ試してるんだけど、やはり美味しいのは冒頭の写真にも載せたサタケの五目ご飯。

それはまるでまさにこれでもかというくらいホントにマジで五目ご飯。


皆さんもいろいろ試してみてください。

山で食えばそれなりに全部美味しいです。



お肉の焼き加減を聞かれて、思わず「フリーズドライで。」と言ってしまうようになれば大体オッケーです。

どうせ死ぬなら、冷凍マグロにされるよりもフリーズドライにしてほしいと。

フリーズドライに幸あれ。




おわり
スポンサーサイト

コメント

 

フリーズドライにこれっぽっちも興味ないけどフリーズドライもってうちに飲みにこいって。
山セットひろげて庭で食うぞ!
先月の約束俺は忘れてなかったぜΣ(゚д゚lll)
あと俺も釣りしたい。

Re: タイトルなし 

ほんと行きたいから日にち決めてください。
釣りしてからヒロんちで!

> フリーズドライにこれっぽっちも興味ないけどフリーズドライもってうちに飲みにこいって。
> 山セットひろげて庭で食うぞ!
> 先月の約束俺は忘れてなかったぜΣ(゚д゚lll)
> あと俺も釣りしたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/184-560b6d1f

まとめtyaiました【フリーズドライ】 

(黒斑山で幅を効かせるフリーズドライ。)あなたが思う、人類史上最も優れた発明はなんですか。電力ですか。飛行機ですか。インターネットですか。僕が思う最高の発明は他でもない、

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR