おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<へなちょこブログ開設二周年記念  | ホーム | 潜在的アウトドアマン>>

雨夫 

2012.03.24

先月東京に戻って来てから今日まで、東京で迎えた僕の休日は全て雨だった。

もはや神が舞い降りているとしか思えない。

冬はほとんど晴れないといわれる北陸にいた1月2月も含めると、僕は今年に入ってからほとんど快晴の休日というのを過ごしてない。

逆にこの記録を更新したい。


なんてことはこれっぽっちも思っていない。


一人で家にいるとウサギになってしまうんじゃないかというほど極度のお出かけ中毒である僕にとって、雨は何よりも憂慮すべき存在。

昨日の休みは宇宙兄弟17巻の発売日だったからまだ良かったとしても。


今年に入って雨のおかげで中止になった登山は数知れず。

いやもちろんレインウェアなりパックカバーなりは持っているけど、初めて登山に行くという友達に雨の登山を強
要するわけにもいかず。

そんなことしたら、次からは山に誘っても「山かー!いいねー!楽しそー!でもごめーん!その日は無理かもー!」などと言われるのがオチだ。

そもそも僕だって事前に雨だとわかってて登山をする気などない。


数あるアウトドアフィールドの中で、雨であることを逆に好しとする場所は屋久島くらいなもので。

たとえばアウトドア情報誌の表紙で、土砂降りの雨にさらされている山の写真が載っていることなどまずないでしょう。

楽しい会話の流れで「登山」や「キャンプ」と聞いて、誰もがまずイメージするのは快晴の山頂からの景色と満天の星空の下に張ったテントだと勝手に思っている僕としては、初めての登山やキャンプは晴れることが絶対条件だと思っている。


とはいっても、この多雨な国ニッポンに生まれ、かつアウトドアにハマった者にとって、雨との付き合い方は非常に重要で無視できない問題。

それはまさに嫁の姑との付き合い方に似て。


濡れるとか冷えるとか汚れるとかは、ある一定までなら装備で防げる時代。

ゴアテックスに始まり、最近ではアウトドライなんていうとんでもない防水透湿素材が出てきてる。

雨のアウトドアは、確かに快適になってきてるんだと思う。


しかしそれも、基本的には雨という「願ってはいない」展開に備えるものとしての位置づけであることがほとんど。

要するに、雨そのものを鼻っから楽しむために、もしくは雨が降ることを願って、レインウェアを買う人はいないってこと。


そして雨が降ることで絶対に抗えないのは、澄み渡った景色の喪失。

こればっかりは、どんなに凄い防水透湿素材が出てきても、天気が回復しない限り取り戻すことができない。



と、この問題に対する即効性のある解決策はもちろんないんだけど、僕が言いたかったのは、晴れのアウトドアは物凄く貴重だってこと。

それにしても、備えとしての装備を勧めるのは当然として、雨の日ですら自信を持って「雨だよ!よかったね!あなたは世界一の幸せもんだよ!」と外出を勧められるような名案はないものか。



というわけで今日はようやく晴れてきたのでこれから雨上がりのフットサル。



おわり
スポンサーサイト

コメント

 

スバラシイサクブンデスネ!

トテモオモシロイカッタデス。

ムカシ、アメガスキデ、アエテアメノヒニ、ヤマニイクトイウヒトガイマシタ。

 

だから言ったじゃん、雨男だって。アウトドアな休日は、あっくんと予定いれちゃだめやねw

Re: タイトルなし 

トルシエこと匿名さん。ありがとうございます。
雨が好きな山ヤになりたいです。

> スバラシイサクブンデスネ!
>
> トテモオモシロイカッタデス。
>
> ムカシ、アメガスキデ、アエテアメノヒニ、ヤマニイクトイウヒトガイマシタ。

Re: タイトルなし 

言ってたなそういえば。屋久島いこうよ。

> だから言ったじゃん、雨男だって。アウトドアな休日は、あっくんと予定いれちゃだめやねw

 

あくつさんが帰ってから数日の北陸の晴れ様ね。

Re: タイトルなし 

早く東京きなよ

> あくつさんが帰ってから数日の北陸の晴れ様ね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/167-e5242877

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR