おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<いい便り  | ホーム | クリちゃんのその前に>>

鍋割山荘奉行 

2011.12.06

IMGP8937_convert_20111205113809.jpg
(小屋主をあやす同期)



先週末は同期と人生初の山小屋泊へ。

山頂で泊まるにはテントはそろそろ寒いし。


山小屋の多い丹沢の中でも人気のある鍋割山荘。

初心者でも登りやすく、眺望もよい鍋割山の山頂にあり、鍋焼きうどんが有名で、休憩時、宿泊時ともに週末は爆発的に混み合う。

ひどいときは土の床一面シュラフで一杯になったりするらしい。

芋虫の巣窟。



土曜日の早朝、強くて冷たい雨が降りしきる新宿に集まった僕ら。

昼から雨は止むと信じて疑わなかった僕以外は帰りてーみたいな感じになっていたが、一路、丹沢へ。

東名高速では完全にハイドロなんちゃら現象が発生していたような気がしたが、10時過ぎには鍋割山の登山口に到着。

その時点で雨は止んでた。

ほら見ろ。


県民の森~二俣~鍋割山の王道コースは、前半は沢沿いの高低差の無い林道、後半は一時間チョイの平凡な登りで、登山が初めての人でも楽しみながら行けそう。


午前中の雨が相当ひどかったからか、登山者は少なく、追い越したのは若い女性と小さな男の子の親子連れのみ。

山では比較的異色な組み合わせだけど、実は小屋主だったっていう。


午後14時過ぎ、大した問題もなく山頂に到着。

雨は降っていなかったけれど、濃い霧で視界はゼロ。

とりあえず山荘で宿泊の手続きを済ませ、昼食。


しばらくすると、先ほど追い越した親子が山荘に到着。

山荘の主の娘さんとお孫さんだそうで。


2歳から登っているというお孫さん。

可愛すぎるお孫さん。

もはや山登りよりもお孫さん。


そんなわけで夕食の時間までずっと一緒に遊ばせてもらった。

当たり前だが、遊んでみたら別に山男の卵というわけではなく、ごく普通の元気な三歳児であった。

また会いに行きたい。その前に山を登らなアカンが。


夕食はとてつもなく豪華です。

同じく宿泊をしていた常連さんの話によると、山小屋でここまで食事が充実してるのもなかなかないとか。

おでん、栗おこわ、海鮮鍋、天ぷら・・・そして常連さんが運んできてくれたお酒の数々。

思わずそこが山頂という極地であることを忘れてしまうほどの和み。

可愛すぎるお孫さん。

ヒルに噛まれた同期。

ああ楽しかった。


時折、外に併設してある簡易トイレに立ったが、視界が晴れる気配はなく、翌早朝の星と朝日に期待して泥のように寝た。


IMGP8876_convert_20111205113248.jpg
(今回の寝床)


秘密基地みたいや!とはしゃぐイケメン同期。

だが残念ながらイケメンには似合わない。



翌朝5時に目を覚まして外に出ると、そこには期待通りの星空と、神奈川の夜景。


IMGP8910_convert_20111205113445.jpg



そして振り返れば朝日に照らされたマウント富士。

何度観ても良い。

富士は後の塔ノ岳のを載せます。


美味しい朝ごはんを頂きながら寝起きのお孫さんとじゃれ合い、惜しみ惜しまれ朝7時に山荘を出発。

「また来なよ。僕がいるときに。」というお孫さんの別れ決めゼリフを僕は忘れない。



IMGP8944_convert_20111205113033.jpg
(寝起きの天使)



そして一時間ほどで縦走できる塔ノ岳まで登り、富士山を拝んでから下山。


IMGP8959_convert_20111205112841.jpg
(宣伝してくれたけど実はヒルに噛まれている同期。)



楽しかった。いやホントに。


テントもいいけどたまには山小屋もいい。

特に冬は。

快眠が約束されるから疲れ方が全然違うし。

また行きたい。

ってことで誰か。



今気づいたけど、山に行ってつまんなかったことってない。




おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/137-5f7e5d37

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR