おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<主体的な話  | ホーム | 波崎から本田圭祐>>

せっちゃん 

2010.05.08



(『ずっと好きだった』斉藤和義 YouTubeより)


熱烈な斉藤和義ファンからは「斉藤和義は終始すげーだろう」とガゼルパンチを食らいそうだが、新曲『ずっと好きだった』の発表があってからのここ最近、斉藤和義ブームが再び到来してる気がする。

僕が斉藤和義を聴くようになったのは、Bank Bandが『歌うたいのバラッド』をカバーしたときに「ぎゃああああ!」とかなりの感動を覚え、「一体どこの天才だこんな良い曲を作ったのは」と思い、楽曲提供者を調べると、それが斉藤和義であったことがキッカケ。

僕はミスチルばっかり聴いてるから安っぽい比較論しかできないが、今回の『ずっと好きだった』なんかは特にそうで、斉藤和義の曲はミスチルと違ってメッセージを深読みさせることはない。(ミスチルでも超シンプルな曲はたくさんあるけどね。『終わりなき旅』とか。)

基本的にシンプルでそのまんまのフレーズしか使わないし、声もそのまんま感が強い。

そして何よりもあの脱力感はミスチルには出せないと思う。


かっこいいと思う40代は?と言えば福山雅治が圧倒的な支持を誇るそうだけど、僕は迷わず斉藤和義。

と、キングカズ。


ここで今回の本題。

冒頭のライブ映像でも聴こえてくるけど、斉藤和義は「せっちゃん」の愛称で親しまれているらしい。

「さいとうかずよし」のどこから「せっちゃん」が連想できるのかさっぱり分からなかったので、ちょっと調べてみた。

→『・・・「せっちゃん」の愛称で親しまれている。この愛称は大学時代「セックスしたい」と言いふらしていたことからついた。』
(Wikipediaより)


神に違いない。

超一流アーティストの愛称が、大学時代に「セックスしたい」と言いふらしていたから「せっちゃん」って・・・。

かっこよすぎでしょ。


いかにも大学生らしいテンションである。

しかもそれをそのまま今の愛称として堂々と掲げ、「せっちゃんせっちゃん」言われながら鳥肌もんのバラードを歌う斉藤和義は、完全にやり切っている。

斉藤和義でなけりゃ許されない。

もし、クリーンで洗練されたイメージのミスチル桜井和寿が「今日から僕はせっちゃんです」なんて言ったら大ブーイングが起こるところである。


それと、せっちゃんは大の猫好きらしいところも非常に親しみを覚える。

おれの猫写真をジャケットに使ってくれないかね。
IMGP4136_convert_20100508100652.jpg
(鎌倉 妙本寺より)


最後に話が逸れるけど、Bank Bandの活動を通して斉藤和義の『歌うたいのバラッド』や中島みゆきの『糸』など、数々のアーティストの名曲をカバーして、遜色ないくらい自分のものにしてしまうところが、ミスチル桜井さんの凄いところ。

楽曲のカバーに関しては賛否両論だけど、名曲に再び息を吹き込めるってのは善き慣習だと思う。

提供者と歌い手が十分に協議を重ねたものであれば。


というわけで最後にこれを。


(『歌うたいのバラッド』Bank Bandバージョン YouTubeより)


おわり
スポンサーサイト

コメント

 

言っときますけど僕は斉藤和義毎日聴いてます。これは盛ってないです。おすすめは「虹」と「幸福な朝食退屈な夕食」。てか全部です。この土日でツタヤで借りて聴いてください。んで今度北国と斉藤和義の話を肴に飲みましょう。アルバムはジレンマ、because、I LOVE MEらへんをおすすめします。とにかく聴いてください。

Re: タイトルなし 

北国は俺のほうが遥かに上だけど、斉藤和義に関しては精通しているようだね。
ツタヤではなくドラマで借りるけどね。

> 言っときますけど僕は斉藤和義毎日聴いてます。これは盛ってないです。おすすめは「虹」と「幸福な朝食退屈な夕食」。てか全部です。この土日でツタヤで借りて聴いてください。んで今度北国と斉藤和義の話を肴に飲みましょう。アルバムはジレンマ、because、I LOVE MEらへんをおすすめします。とにかく聴いてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/13-b127361f

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR