おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<せっちゃん  | ホーム | 生産性しかない>>

波崎から本田圭祐 

2010.05.05

合宿地波崎から無事に帰還し、今日は明日からの本業に備えてチャリでどこかへ繰り出そうと目論んでいる。

家で英気を養うつもりなど毛頭ない。


合宿ではお決まりのとおり、サッカーをする時間も場所も好きなだけ確保できた学生時代を懐かしく想い、戻りたいなーと思う反面、限られた時間でしかサッカーができない今だからこそ楽しさとか有難みが身に沁みるわけだから、これでいいのかもと思ったり。

そーゆう部分では、社会人と学生の相互理解は絶対に有り得ないし。

サッカーが好きなだけできる環境で、サッカーができる有難みはそう簡単に理解できるもんじゃない。


逆に僕ら社会人はサッカーが本業ではないから、過ごしてる時間全部を賭けて目指す目標がサッカーにはない。

あくまでも仕事になってくる。

だからサッカーには基本的に楽しみしか求めない。

そーなると本気で目標に向かってサッカーやってる学生の辛さとかジレンマは理解できない。

経験があれば少しは話が違ってくるが。


まぁどんな取り組み方になるとしても、サッカーを続けることは決定しているので、僕はメタボにはなりません。


サッカーと言えば、こないだ行った美容室で読んだ「Number」の5/20号で本田圭祐のインタビューがあったんだけど、そこで興味深い発言が多々あったのでそれについて。

「(本田のような自己主張の強い選手について)日本社会におけるマルを考えると、困ったヤツになりますが、でも、世界のマルを考えると良い人だけがサッカーやるわけではないんだし、という話になる。だから俊輔サンのパスに合わせられなくて・・・なんて、FWが言っちゃダメ。なぜここに出さないんだと嘘でも言わなきゃいけない。出す人の方が偉いのが日本。本当は決める人が一番偉い。」

かっこよすぎるが、曲がりなりにも長年FWをやってきた僕としてはハッとさせられる考え。

確かに日本はパスを出すほうが偉いかのような風潮がある気がする。

パサーを美化しすぎなのかも。

中田しかり、俊輔しかり。

カズ以降、FWというポジションが美化されることは今まで無かったような気もする。

だから無駄に謙虚で、MFを立てるFWしか生まれない。

FW主導のサッカーには絶対にならない。

だから決定力不足に陥る。


マンチェスターなんて、ルーニーを中心にゲームが回ってると言われる(風間さんの解説より)くらい、FWの価値は高い。

それはルーニー自身の実力も当然関係してるとは思うけど、そもそものサッカー観が日本とは違うからじゃないかと。

最後の仕上げをするのはFWなんだから、点を獲るという作業においてはFW主導になるのが当然な気もするし。


もう一つ本田語録。

「(インテル戦の感想を聞かれて)身体能力の差を感じたのはマテラッツィぐらい。スタンコビッチもカンビアッソも俺と似たような体型で、足もそれほど速いわけではない。技術が素晴らしいかと言えば、そういうわけでもない。経験の差。彼らが俺より確実に優れているのはそこ。」

こーゆう発言は、現状に全く満足しておらず、相当な上昇志向があって、確固たるビジョンがあって、実際に行動してる人間からしか出てこない。

自分よりパフォーマンスが高い人を見て、「実力も才能も違うから勝てない。」と思うか、「経験が違うだけで、現時点で別に負けてるわけじゃない。」と思うかは第3のビールとプレミアムモルツほどの差がある。

前者は次の行動が無いけど、後者にはあるから。

無駄に謙虚になりそうなとき、「経験が違うだけ」ってのを口癖にできたら、そりゃあツワモノ。

仕事にもそんなふうに取り組みたいなー。




(本田圭祐 フリーキック CSKAモスクワ vs セビージャ youtubeより)



つーか、ルーニーはやはりマンチェから放出されてしまうのでしょうか。

まじ勘弁。



おわり
スポンサーサイト

コメント

 

第3のビールとプレミアムモルツとの差・・・もうかなりの差ですよね。

おれもそのNumber読みました。

今度飲みましょ。

こんなこと言うとおこがましいかもしれないですが、ブログ読んでてこんなこと思いました。

(仕事において)先輩方がすごいのは、スペックの差じゃなくて単に経験の差

思い上がりすぎですかね。

ではでは。

おーくぼへ 

いやその意気っしょ。
入社1ヶ月でそう思えちゃってるのはスゲーな。
飲も。5月中に。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/12-004876d4

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR