おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<ガーデンアイランド  | ホーム | 僕と会社の収支関係>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには海も 

2011.08.30


(伊豆は大瀬崎に出現した名古屋屈指のダイバー。iPhoneで撮影。)


根拠もなくその暦だけで夏の終わりと言われ、どこか寂しさが漂う8月の最後の週末、僕はついに海に手を出した。

あれだけ山だ川だテントだ寝袋だ鹿だイノシシだと言っておきながら、ダイビングのライセンスを取得した。


ダイビングは、登山と比べると敷居が高い。

金銭的にも、手間的にも。


以前の記事で少し触れたけど、ライセンス取得のキッカケは名古屋在住の同期の誘いだ。

僕は基本的にアクティブな匂いのする誘いは断らないけれど、かなりの出不精で有名な当該同期からの誘いということもあって、少し嬉しかった僕は即決でダイビングショップに料金を支払った。

冒頭の写真はどうみても上島竜兵にしか見えないが、「海」という今までの僕にはなかった興味の対象を作ってくれたことに感謝の意を表する。


結果的に、伊豆での一泊二日の海洋実習は最高だった。

その同期のブログの言葉を拝借すれば、真上や真下に友達が、ましてや出不精の友達が、ふわふわと浮いている状況なんて、普通に生きていたらまず経験できない。

参照ブログ→「だいちの後ろ向きだけど前向きな話」http://ameblo.jp/ohajiki1411/entry-11000817732.html


そして何より、水中という極限の状況の中で器材と呼吸と体勢を駆使しながら自分の行動をコントロールする楽しさ。

あれは体験ダイビングでは決して味わえない。


あと、普段は山ばかりで海にはほとんど行かないが、海でのレジャーを絡めた宿泊というのは、「開放的」という言葉の象徴だなと改めて思う。

海の持つその広がりのある景色が要因なのか、自然と露出が増える環境が要因なのかは分からないけれど、開放感だけで言えば山でのレジャーを上回る気がする。


とはいっても僕は山のほうが好きだけどね。あくまでも。

何故かは上手く説明できないけど。

それは文章にして分かるようなものが閃いたらまた書きます。


というわけでこれからは、海も知る山野郎として日々活動を重ねていく所存で。

今月は、南アルプスと立山黒部を予定。


まあ、たまには海もいいね。



おわり
スポンサーサイト

コメント

 

立山黒部なら金沢近いね。いつ?

Re: タイトルなし 

23かなたぶん。ユウも来れそうだったら連絡ください

> 立山黒部なら金沢近いね。いつ?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/114-42d29d6f

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。