おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<たまには海も  | ホーム | アオキンガーと美ヶ原と蓼科山>>

僕と会社の収支関係 

2011.08.26

僕の上司に、常々こーゆう話をする人がいる。

「たとえ小額でも固定給で報酬を貰う仕事をしているならば、自分が会社にもたらす収益と、自分が会社から受け取る報酬および会社が自分にかけている経費の収支計算ができなきゃならない。」

と。


報酬や経費を大幅に上回る実績を挙げていることが誰の目から見ても明らかな場合はさておき、この収支の感覚を維持できないサラリーマンはまさに固定給の温床にあぐらをかくダメリーマンなのであろう。


その上司は、収支の感覚をしこたま持っている。

それはもう凄まじいほどに。


配属され、初月の仕事を終えた僕に対してその上司はこのような話をした。

「自分の実績から、原価、取引先に支払う諸手数料、接待費、交通費、携帯代、郵送を使ったなら郵送代、オフィスの家賃と光熱費をそこにいる社員の数で割った金額、PCの通信費、コピー代、その他思いつく限りの自分が使った経費を差し引いた金額を出せ。その金額がお前が受け取るべき給料だ。もしその金額より1円でも高い給料を貰っているならば、お前は会社のお荷物だ。その感覚を絶対に忘れるな。」

と。


僕のいる業界は会社の資産のかなり大きな部分を常に運用して膨らませていくので一概には言えないが、単月で考えるならばこの考え方はもっともだ。

さらに、採用や研修にかかる経費と、研修中にも発生していた給与のことを考えれば、会社に対して借金をしている状態から仕事がスタートしているとも言えるわけで。

ミスチルに言わせれば、「ビハインドから始まった」わけで。

この感覚によれば、まずはその埋め合わせをするのが最低限の責務になる。


ただ、固定給というシステムの上にいると、この収支の感覚を常に維持するのは極めて難しい。

極端に言えば、マイナス収支を出しても貰えてしまうわけだから。

当面は。だけど。



というわけで、どのくらいこの感覚、いわゆるプロ意識を強く持てるかが、立派なサラリーマンになるかダメリーマンになるかの分かれ道な気がする。

もちろん、収支感覚以外の使命感で仕事をしたり、楽しいと思う仕事をして、結果的に収支がプラスになることが一番理想的。

そう上手くはいかないことが多いから、こーゆう記事を書いているだけ
で。

収支の感覚だけで仕事をするなんて味気ないとか、面白くないとか、結局お金のためだとか、ネガティブに捉えられがちだけど、動機が何であれ結果が出れば仕事は楽しくなるし、状況は好転していく。


ちなみに、前述の上司が予算を割ったのを見たことはない。

震災のときでさえも。


そして何より、楽しそうに仕事をする。

もしかしたら、そんな収支の感覚なんて普段は忘れているのかも。


そう見えるのは、ひとえに結果を出していてそれなりの評価を与えられているからだ。

自分が会社にもたらす収支はプラスだと、そう確信できたとき、会社というのはこの上なく居やすい場所に様変わりするんだと思う。


僕もそう思いながら仕事がしたい。

何をするにしても。



おわり
スポンサーサイト

コメント

 

この感覚は大事ですよね。
皆忘れがちなことだと思うけど、ちゃんと考えられる人は違うよね。
それにしてもへなちょこさんの文章は読みやすいし為になるー♪

 

シェソワの家賃くらいは返せたかいな~?

Re: タイトルなし 

ありがとうございます。
一人前のサラリーマンになれたらご馳走してください笑
また飲みましょ。



> この感覚は大事ですよね。
> 皆忘れがちなことだと思うけど、ちゃんと考えられる人は違うよね。
> それにしてもへなちょこさんの文章は読みやすいし為になるー♪

Re: タイトルなし 

僕にはシェソワ代はかかってません。
何度もお邪魔しましたが。
頑張って梅ヶ枝餅やいて。

> シェソワの家賃くらいは返せたかいな~?

 

文章まいう~ ミスチルの例えが毎回素敵! そんなラララ。

Re: タイトルなし 

競馬用語への絶妙な例え期待してます。

> 文章まいう~ ミスチルの例えが毎回素敵! そんなラララ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/113-68ea3219

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR