おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

<<いろいろ考えてるよ  | ホーム | NGYへ捧ぐ>>

部活論 

2011.07.30


(「あかいち」サッカー部)


今年度も、自分が所属し得るいろんなコミュニティでサッカーやフットサルに勤しんでいる。

その中のひとつで最近熱いのが中学時代のサッカー部の同期。


先日も地元で大会に出て、表彰をもぎ取った。


冒頭の写真のとおり、今でこそ集まるメンバーは少ないし緩い雰囲気をまとっているが、現役時代はパスミスしただけで「○ね」という大人は絶対に口にできない罵声が飛び交うほど熱いチームだった。

今さらだけど「○ね」はマズいでしょ「○ね」は。笑


もちろん20代も半ばに差し掛かっている僕らは、それぞれ社会に奉仕する立場にあったり、結婚していたり、子供がいたりと、かつてのようにサッカーを一番に据えている人間はいないけれど、それでも共に戦った記憶のある人間同士が集まれば、自然と結束するし勝ちたくもなるし結果も十分に出せる。


「勝ちにいく」部活動に所属していた人なら誰でもわかると思うけど、たった三年間でも一緒に同じ目標に向かってボールを蹴った時間ってのは、一朝一夕では決して生み出せない相互理解および絆の構築をもたらす。

それは練習で辛い思いをしたり、試合に勝って嬉しかったり、負けて悔しかったりと、あらゆる感情を図らずとも共有できるからだ。

それが教育機関が生み出した最高の教育プログラムである部活動というものの存在意義。


進学校を目指すために中高一貫にして部活動の時間を縮小するような施策が横行しているけれど、そんなのは教育者側の評価になるのであろう「進学率」獲得のために考えられたどこまでも大人都合の施策だ。
(僕がお世話になった高校もいつの間にかそんなことに)


決して勉強に励むことを否定はしないけど、せっかく年頃の若者が一同に会して何年間もひとつ屋根の下で生活できる環境があるのに、四六時中教室にこもって押し黙って勉強しているなんて滑稽でならない。

生の感情がぶつかり合う部活動に励むほうがよっぽど健全な社会の構築に繋がると思うが。


まあ僕はラッキーで、「○ね」と言われながらもそのような大人都合の教育が蔓延する前に卒業をしているので、こうやって久しぶりに集まれば空白の時間の長さ関係なく昔話に華が咲くし、ちょっとボールを蹴れば十分に感情を共有できる。

何より楽しい。


何を書きたいのかよく分からなくなってきたけど、とにかく小中高大とサッカーを真剣にやってきて良かったということです。


あかいちの皆さん、また次も優勝しましょう。



おわり
スポンサーサイト

コメント

 

いい論点で楽しく読めました(^^)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし 

ありがとうございますー。
部活したいです。

> いい論点で楽しく読めました(^^)

Re: タイトルなし 

真ん中したがゴウヘイ、右後ろがレイジ、左後ろがゆうきくん笑

> ここ誰おる?
> 前右がみっくん?後ろ真ん中が大森?
> 良いねぇ~、サッカー部。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://henachoko0913.blog3.fc2.com/tb.php/109-9e71b1a4

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR