FC2ブログ

おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

チャック・ベリー、市長を辞める 

2018.02.24

また一人、不適切な発言をきっかけに政治家が辞任した。



360度どこから見ても湘南のサーファーにしか見えない、西宮市の今村市長。



最終的には「市議会は地に堕ちた」と吐き捨てて、一定の支持者に惜しまれつつ去っていった。





何度も書いているけれど、僕たちが政治家に望んでいるのは、暴言を吐かずに良い子でいてもらうことではない。



神聖すぎて素人には怖くて手を付けられない税金が入った巨大な金庫に、勇気を振り絞って手を突っ込んで、公共の利益を最大化してもらうことだ。



それ以外、市長を評価する基準なんてないし、あってはならない。



失言がなく、ましてや暴言もなく、賄賂も受け取らない政治家が這い上がっていくのだとしたら、それは正義ではなく、「本末転倒」というただの四字熟語である。




「良い子でいること」それ自体を最大の評価基準にしてはならない。


そんなのは、最低限のマナーくらいにしておけばいい。





マスコミにしつこく付きまとわれた今村市長の「◯すぞ」発言をテレビで見た子供たちにどのくらい影響があるのかは別として、市長の口が悪いかどうかなんて、僕たちにとっては関係ない。



まして、中学生時代の今村市長が、面白くない授業を抜け出して、たばこを吸い、マージャンをして、見回りのガードマンにはエロ本やお酒を渡して味方に付けていたことなど、知ったことではない。


それが罪だというならば、勝手に遡ってその罪を償ってもらえばいい。




そんなことより、市の財政どうなってんねん、ってことに僕たちは関心を向けなければならないし、その中身次第でシビアに評価していかなければならない。




もし財政が杜撰だったら、「◯すぞ」と言われるどころか、本当に生活難で「◯される」人が出てくるのだから。




僕は橋下徹も割と好きだったけれど、同じ匂いの今村氏にとっても、市長というポジションはそんなにも生きづらいものなのか。





くだらない市議会に対して真正面から「くだらない」と切り込んでいく人がいなければ、くだらない市議会はくだらないままなんだけれど。


嗚呼くだらない。





市長が辞任して、ついでに退職金も少し減額されて、一体誰が喜んで、なんの解決になるのか。





ミスチル桜井さんがデビューアルバムの名曲「CHILDREN'S WORLD」で言っている。


「あいつは口が軽いから 仲間には入れたくないけれど ギター弾くのが上手いんだ それはまるでチャック・ベリーのように」と。




市長の場合はむしろ、口が軽いほうがディスクローズしてる感じでいいかもね。





まぁ口が軽いくらい、どうでもいいってことです。


ギター弾くのが上手ければ。




おわり
スポンサーサイト

自宅謹慎で物思う 

2018.02.12

訳あってしばらく自宅謹慎だったので、テレビをよく見た。



残念ながらオリンピックの開幕前だったから、むっつりファンである沙羅ちゃんをじっくり拝むことはできず、延々と繰り返される眞子さまの結婚延期報道くらいしか記憶に残っていないけれど、頼むから2人の好きにさせてやってくれ。




というわけでそのうちテレビも飽きて、かつてイメージしていた30代のオトナ像と今まさに30代まっしぐらの自分を比較してみた。



よく言われることだけど、幼い頃に漠然とイメージするオトナ像は往々にしてオジサン・オバサンで、どっしりと構え、欲は無く、寂しさなんてカケラも感じない生き物だったりする。




僕の場合は、人間は20歳を過ぎると寂しさを忘れ、30歳を過ぎると完全に無欲化し、40歳を過ぎると「死」すら怖れなくなり、50歳には釈迦になると思っていた。


それほど僕のイメージしていたオトナ像は成熟しきっていた。




それは自分の親がかつては僕の絶対的な保護者であったために、一般的な大人像は親を介して想像する他なかったからだ。



うちは比較的放任主義だった気がするけれど、それでも親の私利私欲や寂しさみたいなものを感じたことはなかった。




何事にも絶対に動じないのが親で、それが一般的な大人というものだと信じてやまなかった。





というわけで僕の束の間の物思いは2分くらいで終わった。


30歳を過ぎてもなお、この私情はなんだと。


このドッシリ感の無さは。


寂しくなんてなくなると思っていた30代の僕は、ブログで寂しがりやを公言していた。




かつてとても広く大きく感じた小学校の校庭に大人になって久しぶりに訪れてみると、とっても狭く小さく感じるアレね。






慣れない自宅謹慎での膨大な時間は、あまりポジティブな思考は浮かばないもので、身体に悪いです。



身体が悪いから自宅謹慎なんだけれど。



菌は出きったので、これにて終了。







おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
群馬県月夜町生まれ、茅ヶ崎市在住。
サッカー 登山 素潜り サーフィン ミスチル 読書 ビール が中心。

■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR