おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

権現岳 冬 

2017.03.12





先週末はモトヤマと権現岳へ。


モトヤマの山行記録を書き続けて早7年。


ウェアラブルカメラが台頭してきた流れか、モトヤマにもそろそろ"動いてほしい" "声を聞かせてほしい"という要望が多いので(うっそーん)、今後はなるべく動くモトヤマをお届けしようと思います。

HD1080でアップしているので、できればWi-Fi環境下で画質1080で見てください。



GoProの魅力は、その直感的でシンプルな操作と、編集アプリの充実 也。 

なんだかAppleのキャッチフレーズのようだけど。

それはもう、ほとんど魔法のようで…



冬に権現のピークを目指すのは天女山から三ツ頭を経由していくのが一般的で、富士見高原から青年小屋経由のルートは、僕らのレベルでは途中で引き返すのが前提。どこまでいけるかな。










編笠山までは、ひたすら樹林帯歩きで、特にコメントすることはないモトヤマ。 キツイです。嗚呼。












山頂直下でようやく視界が開けます。背後の南アルプスの山並みが泣ける。












昼過ぎ、青年小屋のテント場を借りるモトヤマ。

と、おでこにイタズラをされて気付いていない私。













翌朝も当然の快晴とモトヤマ。













ノロシバまで行って写真が撮れればいいかなと思っていたけれど、先行してくれたパイセンが氷に埋まった鎖を出してくれたお陰でギボシまで行けました。

BGMとは裏腹に緊張感たっぷりだったけど。










ノロシバを越えて戦況を伺うモトヤマ。













ギボシに取り付くモトヤマ。

下を見ていてもイケメンである。






これ以上いくと降りれないと思ったのでココで敗退。











ギボシに取り付く僕たちを友達が撮ってくれました。


右端で1人で降り始めているのがモトヤマ。


こう見ると大したことないけど、急です。マジで。漏れそうでした。











安全地帯に降りてきて、撮影に協力的なモトヤマ。

やはり僕たちの登山はこうでなきゃならない。





動画を差し込むと写真少なくて済むから記事書くのがラクなのね。



というわけで僕たちの安全登山は続きます。


次はゴールデンウィークかな。








おわり
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR