おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曽駒ケ岳 冬 

2016.12.18


(千畳敷を下るモトヤマ)






モトヤマとの久しぶりの冬山はロープウェイのお世話になって木曽駒ケ岳でした。




こんなことを書くと、ま~だ~限界だなんて認めちゃいないさ~と桜井さんに諭されそうだけど、僕らの経験とスキルでは今のところコレくらいが限界でしょう。













菅の台、久々の氷点下ふた桁台を前にして緊張感たっぷりのモトヤマ。



そこ邪魔だけどね。













始発は逃しつつロープウェイを上がり、これ以上ない晴天下でアイゼンを履くモトヤマ。

やはり僕らに運はある。


10時出発。













よく見るとカール上部には行列ができている。


出発遅くトレースはガッツリ付いてるので歩き始めは問題なし。













レイヤリングをミスってすぐに中間着を脱ぐモトヤマ。


カールの上に出るまではほぼ無風。













蛍光イエローのウェアをこれでもかと強調しつつ、快調に歩くモトヤマ。
















宝剣岳とモトヤマ。


前から後ろから撮影に忙しい私。














なにが凄いって、遥か後方の南アルプスが凄いよモトヤマさん。
















モトヤマ専属カメラマンも調子は良さそうだ。














調子に乗ってハイペースで歩いていると、いつの間にか斜度がキツくなり、カール終点に向かって幅も狭く、足元も固くなってくる。


写真はゲストさん。















カール終点はなかなかの緊張感。


見た目以上にカリカリで、引っ掛ければ周りを巻き込んで落ちて行くことに。


行列の理由はコレ。


下りを想像して萎える。













集中切らさず、無事にカール上部に出た集中の鬼、モトヤマ。













最高の尾根だけど、体感温度低すぎる強風で長居不要。














間髪入れずに中岳に到着したモトヤマ。


風強く、グローブ飛ばされたら凍傷確定。














30分で木曽駒ケ岳着。


やはり一番目立っているモトヤマ。
















ゲストさんのお陰で珍しくツーショット。















下り始めは風のせいでトレースも怪しく、雪が固くて恐くてなかなか一歩が出ず、写真一枚も撮れなかった私。


一生の不覚。















無事に安全地帯まで下りてきて、モトヤマ。

いつかピッケル取り上げるで。















にしても最高の背景である。















13:30、無事にロープウェイ駅。


上ではロクなものは食えたもんじゃないので、カップヌードルにありつくモトヤマ。







直前でテン泊をヒヨッた僕たちは、近くの民宿に泊まって翌日は駒ヶ根観光にこうじる。













駒ヶ根のBESS展示場はすこぶる良い。


コーヒー飲める。
















何が悲しくて男2人で間取りを語らなければならないのか分からないモトヤマ。








というわけでモトヤマは元気です。





次回は八ヶ岳からお届けします。









おわり

スポンサーサイト

小笠原空港 

2016.12.09


(おがさわら丸 出港でどこまでも追いかけてくる船たち)




ブログはさりげなくサボりつつ、東洋のガラパゴスに行ってました。


行った途端に首都圏では雪が降っていたそうな。






それはもうこんなブログで表現したらそれだけで世界遺産登録解除になりそうなくらい小笠原の自然は繊細かつダイナミックで、この感動は直接会った方に身振り手振りで長々としつこく説明したい気持ちでいっぱいです。




普段はサーフィンや素潜りのフィールド争いで戦うことも多い見ず知らずの漁師が船で追いかけて来て、ため息をつくことはあっても、まさか涙を流すなんて後にも先にも無いでしょう。





いまだに竹芝桟橋からの24時間の船旅でしか訪れることのできない小笠原は今、空港を敷くか否かの議論で揺れている。



その大半が固有種であるという小笠原の動植物をはじめとした自然を守るため、来島者数が倍増するであろう空港設置に反対する人がいるのは容易に想像できる。





一方で、賛成派の意見はどうか。





浅はかな僕はこう思う。



観光客誘致が小笠原を経済的に潤す唯一の手段であるからして、空港設置はいうまでもなく急務なのである。と。




もちろん、それも一理あるでしょう。


観光客が来ないことには成立しない商売、ひいては生活が多々あるのは事実で、だからこそ島中の船という船が並走して盛大な見送りをしてくれる。





しかしそれとは別に、そんな小笠原の自然を愛して止まない生粋の島っ子が、空港設置に賛成せざるを得ない大きな理由がある。





それは、僕のような健康だけが取り柄の若輩者にはおよそ想像のつかない、医療の問題だ。





小笠原には、ひとつだけ診療所があるものの、輸血はできない。


つまり、血液の供給を必要とする手術等は全て不可能で、全て内地への搬送となる。


しかし唯一無二の船はおよそ週に1便、それに我らが東京までは24時間かかる。(お金もね)


僕のメンタルでは間違いなく船の中で最期を迎えることになるでしょう。



自衛隊のヘリで急患搬送するケースもあるけど、それでも10時間程の時間を要する。




また、現状小笠原では出産もできない。


妊娠8ヶ月で内地への事実上の強制搬送となる。




とまぁ重たい、されど必要不可欠かつ当たり前の事情により、空港設置が求められているわけだ。



僕らは少し先の小笠原旅行を夢見るが、小笠原で生計を立てる人は紛れもなく今日明日の日常を祈っているのである。





というわけで、小笠話村民の平均年齢は日本で一番低い。



医療を要する高齢層は内地に行くから。



そして上記のような事情が頭に入っている移住者は、大抵が期限付きだから。



イルカやクジラが好きで小笠原に来ても、数年で内地に戻ってしまう20~30代が住民の多くを占めるという。


つまり、家族とともにずーっと小笠原にいようというツワモノはごく僅かなのである。




しかしそれも小笠原を小笠原たらしめる所以で、いわゆる生粋のローカルは極めて少ない。




期限付きの移民が大半を占めるからこそ、冷やかしと呼ばれるような観光客ですら受け入れてくれるキャパが小笠原にはあるわけだ。






空港ができるのかどうかは知らないし、どっちがいいのかを語るにはまだ知らないことが多すぎるので、とりあえずこの動画を。




YouTubeリンク





この亀は放射能浴びてないんだろうなぁ…。






おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳



現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。