おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

台風と波乗りと将棋 

2016.09.04




すっかり湘南に移り住んだ脱サラIターンブログみたいになってきたけれど、僕は畑も陶芸もカフェもやってません。




8月が終わって、サザンビーチの海の家も撤収がスタートしました。



海の家があるのは夏の2ヶ月だけで9月に入ると解体されてビーチには何も無くなって来年また建て直すという海の家あるあるに心底感銘を受けていた甥っ子の無垢さがまぶしかった夏も終わり。



ようやく、来夏まで続く静かで広い海が戻ってきました。




なんちゃって、台風シーズン到来で海は毎日のようにウネウネしている。


呼応して、近隣のサーファーも海をウロウロしている。




台風が来て喜ぶのはサーファーくらいだとか、これだけの被害をもたらしているのに不謹慎だとか、弁解の余地がある発言が多いので少々。



まずダイナミックな勘違いがひとつある。


それは、台風が直撃しているときに海に入るわけではない、ということ。


そんなことをすれば僕なんて2秒で流木と化す。


台風直撃では船も出てないから、助けを呼ぶことも不可能だ。




ではなくて、遠い南の海上で発生した台風によってもたらされるウネリが沿岸に届いたときに、海に入る。


すると、風も無くて海面は穏やかで、ウネリだけがモリモリ入ってくるという奇跡的な状況が待っているわけだ。


まあ僕の場合は台風ウネリのデカい波なんてまだまだ乗れないので、岸で将棋しながら見学してることがほとんどなんだけど。




もちろん急に台風が速度を上げて近づいてきたりすることもあるだろうから、予報を頭に叩き込んでおく必要はあるけれど、少なくともサーファーは、台風が「来る」ことを望んでいないし、上陸なんてもっての他で。




人並み以上には気象に気を配る人種なので、台風上陸に対する備えも人並み以上に行っている。 と信じている。



それでも台風シーズンに一部のサーファーが流されて亡くなったりするから、サーファーは不謹慎だという台風フィルターはなかなか取り除くことはできない。



今年は特に被害が甚大で、批判は強まりそう。





大半の海難事故は、台風うんぬん以前の問題なんだけどね。 酔っ払いとか飛び込みとか。




海を見て、入るか入らないか迷ったら、岸で将棋する勇気を。




おわり

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR