おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

分かってる感 

2015.09.28

「分かってる感」を出すには、王道を行ってはならない。



たとえばイエモンのJAMで、飛行機墜落のくだりを取り上げるのは王道なのでダメで、その後の「君に会いたくて」の叫びに感銘を受ければこそ、分かっているヤツになれる。



好きなサッカー選手はメッシじゃなくイブラヒモビッチ、ミスチルでいえば「一番好きなのはロードムービーかなー。」みたいなことで、王道を外しさえすれば、簡単に分かってる感を出すことができる。



本当に分かっているかどうかは別として、分かってる感はとても大切で、人の説得力というは、そのほとんどが分かってる感によるものだ。



王道は王の道なので、情報が得てして溢れかえっていて、逆説的にいえばその情報は必要とされていない。



そんな王道を語ったところで、それは「ありきたり」であり、最悪の場合は「つまらないヤツ」だと思われかねない。



ここで大切なのは、分かってる感は本当は分かっていなくても醸し出せるということであり、聞き手からすれば、話し手が本当に分かっているかどうかなんて関係ないってことだ。


説得力があれば、聞き手は納得できるし、納得すれば安心する。


そういう意味では、本当に分かっていることよりも、分かってる感の方が大切な気もしてくる。



ただし、味をしめて分かってる感を乱用すると、裸の王様になるリスクも出てくる。


本当に分かっている人間になるための努力は惜しまず、その上で利用する。


そんな分かってる感は、世界をも席巻する力を秘めている。



でも、ウソはついちゃダメね。




ちなみに、僕が一番好きな本は金城一紀のGOです。


嗚呼、直木賞受賞作。




おわり
スポンサーサイト

スポンサーサイト2 

2015.09.21

そろそろスポンサーサイトを貼られてしまうので書く。

おちょこブログ2012年記事 「スポンサーサイト」




ブログの更新がたまに途絶えるのは、忙殺されているからでも本田ばりのスランプに陥っていて猛烈に叩かれているからでもない。



面倒くさかったからだ。



誰が待っているわけでもなく、当然お金にもならない僕のブログは、面倒くさいという理由で書かないことを許されている。嗚呼。



逆にいえばそんな類のものを書き続けてきたというのは、我ながら至難の技である。


僕はこんなに頑張れる子だったのかと。



始めちゃったから何となくやめられないとか、今までそうしてきたからこれからもそうする、みたいな考え方は、得てして弊害になる。


無駄な税金つぎ込んで着手しちゃった公共事業とか、印鑑主義とかね。



僕はそういうのに批判的な立場だし、そういう記事も書いてきた。



でも、始めちゃったから何となくやめられないし、今まで書いてきたからこれからも書いちゃうんだよなぁ…。





おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR