おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アギーレのその前に 

2014.06.29

仮にもサッカーを主な趣味と豪語し、ブログを書くことにも一生懸命な血の気の多い日本国民である僕の、コロンビア戦に大敗してすぐに筆を執らなかった理由が、日本のW杯敗退がショックでなかなか気持ちの整理がつかなかったとかそういうわけでもないことが、日本サッカーの「程度」を象徴している今日この頃。



あれが、一分二敗という成績でW杯を去ったのが、日本ではなくブラジルだったとしたら、今頃ブラジル国内がどうなっているか、想像するだけで恐ろしい。



またしても、自殺者等、死者が出ているかもしれない。



もちろん、死者が出るような暴挙が許容されるわけもないが、やはりそういう国におけるサッカーというスポーツの位置付けと照らし合わせると、日本サッカーは茶の間の漫才に過ぎない。



選手等、直接の関係者のそれは知らないが、国全体として前回大会ベスト16進出という快挙に浮き足立ち、開催前は持ち上げるだけ持ち上げていつの間にか決勝トーナメント進出は当たり前という物の見事な空気が出来上がり、結果が出ないと見るや徹底的に袋叩きにし、終いにはそれに同情した?ファンが成田空港に帰国した選手に労いの言葉をかけている。



まさに自作自演の残念ショー。



繰り返すが、それがブラジルだったら、帰国時に水をぶっかけられる程度の事態では済まない。


そして、選手もそれをよーく理解している。


だから今日、ネイマールやジュリオセザールは激闘の末にチリを下して、勝ったのに、まだ準決勝も決勝も残っているのに、涙を流した。



その映像が日本サッカーとは余りにもかけ離れた世界のような気がして、そこで初めて日本の敗退が悔しく思えたような。



今までは、マスコミやファンは傍観者に過ぎないんだから黙ってろってスタンスで書いてきたけれど、それは違うかも。


本当に日本がW杯で勝てる国だと思っているのなら、そしてそれを望んでいるのなら、口先ではなく「国を挙げ」ないと。



次期監督候補アギーレがどんなやつか云々以前に。




ロドリゲスがキュンキュン過ぎてブラジルまたしてもピーンチ!



って自国が負けたのにその後のW杯を普通に楽しんじゃってるその意識がダメなんだってば!




おわり
スポンサーサイト

W杯と結果論 

2014.06.22

W杯について語られる全ては、結果論に過ぎない。


部外者である僕たちにとっては悲しいことだけど、そうなんだ。



相手のあるスポーツだから、ギリシャ戦でパワープレーに出たことが「ザックの迷走」だったかどうかなんて、誰にも分からない。


もはや結果論の域にも達しない、過去に対する単なる憶測だ。


それが日本サッカーの今後の為の議論ならいいけど、ザックは今回のW杯を最後に手を引く。


もはやフライデーの見出しと何ら変わらない。



そもそも、W杯という大舞台の行く末を部外者が机上の理論で解決できるはずがない。



渋谷のスクランブル交差点での騒動について、バカ騒ぎの理由にW杯を利用しているだけとの批判があるが、僕たちが事後に発する批評も、根本的にはそれと大した違いはない。



分かりやすい「結果」をもじって、そこからうまいこと話を派生させるだけの話だ。


それがいかに容易なことか。



「結果⇔原因」という対義語を書かせる問題をひたすら解かせる国語の授業を受けてきた僕らは、日本の敗戦、そしてスコアレスドローという結果を受け止める際に、まずその原因を語りたがる。



しかしそこには、対戦相手の存在が欠落している。


それも、勝ちたいと思っている対戦相手が存在するという当たり前すぎる事実が。



「斎藤学いつ使うの?」とか、「ザックは交代枠を使い切らなかった。」とか、「パワープレーは日本のスタイルではない。」とか…。



全ては日本側の事情だけだ。



それらが一つの原因である可能性は大いにあるけど、コートジボワールに負けたのはコートジボワールが是が非でも勝ちにきていたからであって、ギリシャに引き分けたのは、ギリシャがこの上なく引いて守っていたからだ。



僕たち部外者がW杯を語るなら、相手も死ぬ気で勝ちにきているという当たり前すぎる事実と、サッカーという11対11のスポーツの結果は余りにも多くの複合的要素から構成されているという事実を知っておかなければならない。




それでも、そんなことは百も承知で、感情論が先に来ちゃうのがW杯だけどね。



頼むからコロンビアに勝ってよ!


3-1あたりで!





おわり

ちゃん西 

2014.06.14

書こうか迷ったけれど、やっぱりサッカーの正義の神様の為に書く。



W杯開幕戦、西村主審の判定が物議を醸しているが、頼むからあとでやってくれ。


もう大会は始まった。


そして真っ最中。



いま読む人がいるのかどうか知らないけれど、本屋の実用書コーナーみたいなところにある?「サッカーのルール」みたいな本があるとして、そこに「後ろから相手の肩を掴む行為はファウルか否か」みたいなQ&Aがあるとすれば、それは間違いなくファウルだと記載されているでしょう。


FIFAが公式に発表したって同様だ。



フレッジが意図的に倒れたのは明らかだけど、手が掛かっていたのも事実だから、それでPKを獲得したのはフレッジの、ひいてはブラジルの実力に他ならない。


誤審かどうかといわれれば、100%の確率で誤審ではない。


後ろから相手の肩を掴んだという事実に対して笛を鳴らしたんであればね。



矛盾するようだけど、ルール上でファウルか否かという問題と、それで笛を吹くかどうかは、全く別の話だ。


前者は「事実」であって、後者は「意思」だから。



サッカーをやっている人間からすると「あのプレーでは笛は鳴らない」という感覚が経験上あるだけの話で、後ろから肩を掴まれたらそれはファウルだ。


僕もリアルタイムでリプレイを観て、14型のテレビに向かって1人で「えー!!これはないでしょー!!」と叫んだけど、「これはないでしょ」という言葉の「これは」と「ないでしょ」の間に当てはまる言葉は、「ファウル」ではなく「笛」だ。



それに、この判定がトップニュースになるのは、結果論でしかない。



つまり、あのPKが結果的にW杯開幕戦という大舞台の勝敗を分けたからだ。


あれで大袈裟に騒ぐなら、メキシコ対カメルーンのドスサントスのコーナーからのヘッドに対するオフサイドの判定は明らかに誤審だったから、こっちを徹底的に叩いてほしい。


でもそれは、試合の注目度が比較的低く、そして結果的にメキシコが勝てたから、取り沙汰されることはないのだ。


残念ながらそんなもんだ。



クロアチアとしては自分たちの戦いに自信を持っていた。


だから監督は、選手を、そして自らを擁護する必要があるため、監督が西村主審を批判し、「あの間違った判定のせいで負けた。」と公に発言するのは必要なことかもしれない。



でもサッカーをたいして知らない傍観者が、言葉を選ばず「誤審だ」とか「FIFAにいくら払ったんだ?」とか騒ぐのはあまりにもナンセンス。



僕は別に日本人だからといって西村主審を擁護するつもりはさらさらない。


審判の評価をし、今後の大会に活かしていくんであれば、それは大会後に徹底的に分析してやってくれればいい。



僕らとしては、実況でいちいち審判の名前を発表するのもサッカーくらいなもんで、ここまで審判が注目されるのもサッカーの醍醐味というか審判の判定の仕方も含めて楽しむのがサッカーだと思うから、あやしい判定が出たら、「あー今日はこーゆう感じねー。」くらいの感じで受け止めたいものである。




まあでもあれがクロアチアじゃなくて日本の試合だったら、僕はテレビをぶっ壊していたけどね多分…。



感情論の無いスポーツなんて、つまらないですから。




おわり

ちゃんザク 

2014.06.12

四年前のこの時期、若かった僕はこのブログにいくつか記事を書いた。



「ちゃん岡」リンク

「ちゃん岡追記」リンク

「さらばちゃん岡」リンク



僕はファーガソンよりもベンゲルよりもフェリペよりもマラドーナよりも岡田監督が大好きだから、四年前のワールドカップは5割増しで楽しめたんだけど、2014W杯の開幕を明日に控えた今日、気付けばザッケローニを心から応援している。



毎晩通うセブンイレブンの店長がザックに超似ていて、ビールを買うと「アリガトウゴザイマシタマタオコシクダサイマセー。」のマニュアル文句の代わりに「お疲れさん。」と言ってくれることもあるけど、結局は監督の魅力ってのは選手のことを誰よりも理解している自負があるかどうかで、その点ザッケローニにはあるような気がするし、結果も出ているし、大久保も入れてくれたし(当然)、風評に左右されない選出というか意思は、本当に勝って欲しいと思わせるのに十分である。



泣いても笑ってもたった1ヶ月でW杯は終わってしまうから、そしたらまた新しい監督が据えられることも決まっているんだから、傍観者である僕らにできることは自ずと決まってくる。



最近のマスコミの報道は、変に選手や監督に目が行かず、ブラジルの治安がどーのこーのというとこに終始しているので、是非このままW杯に突入してほしい。



ザック頼むよ!




おわり

料理の真髄 

2014.06.04





ウソのようでウソかもしれないホントの話だが、僕はほぼ毎日、自炊をしている。



料理のできる20代独身サラリーマン男性代表としてあらゆるタイトルを総ナメにしたいくらい、そのレパートリーは豊富である。



シンクはおよそ30センチ四方、そして当然の一口コンロという極めて厳しい環境の中で、僕はその実績を積み上げてきた。



何でもそうだけど、物事には攻略するためのコツというものがある。



たとえば仕事なら、報告書はA4一枚にまとめるとか、バスケなら、左手は添えるだけとか。



僕がずっと温めてきた、料理におけるコツを満を持して紹介しよう。





ずばり、左手は添えるだけ。


じゃなくて、左手は動かさない。




これさえ守っていれば、たとえ調味料が目分量であっても、大抵はうまくいく。



どーゆうことかというと、主に炒め物の話だけど、通常、右利きの人であれば、左手で鍋やフライパンの取っ手を、右手で箸やしゃもじを持つでしょう。



一般家庭において、この左手は、絶対に動かしてはならない。



なぜか。



左手を動かす、つまり鍋やフライパンを揺さぶったり、あおったりする行為は、具材を程よく混ぜ合わせるという意味ももちろんあるが、具材に熱をまんべんなく行き渡らせるという意味合いが強い。



中華料理屋ではあまりにも見慣れた光景。



そんな見慣れた光景の末に、フワフワパラパラ、いわゆるフワパラのチャーハンが目の前に出てきたという経験を誰もが持っているでしょう。



そしてそれを真似して、自宅でもついつい鍋やフライパンをあおる。



しかしそれは、散々騒がれて選出された大久保嘉人をいきなりキーパーで先発させるようなもので、誰も幸せにはならない。



左手を動かしていいのは、中華料理屋など、業務用のコンロで調理をする場合だけだ。



勿体ぶりすぎたけれど、結論を書くと、一般家庭のガスコンロは火力が弱いため、鍋をあおってしまうと途端に熱が逃げてしまうのだ。



スピードが命の炒め物にとって、一瞬でも熱を逃がすのは致命的といっていい。



鍋をあおって、いい感じに具材が宙を舞い、テンションが上がったとしても、調理の時間が伸び、仕上がりはべちゃべちゃ、終いには鍋が焦げ付くという一般家庭中華料理あるあるが待っている。



じゃあどうすればいいか。



そう、その遊んでいる右手を、ひたすらに動かす。


これに尽きる。


左手は絶対に動かさず、右手は絶対に静止させない。


つまり、鍋は火から離さず、その代わり、具材は鍋の中で常に動かし続ける。


火力の弱いコンロで僕たちにできることは、残念ながらこれくらいしかない。




あと、クックパッド。



おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳



現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。