おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

貧乏論 

2013.10.29

僕は、見た目もさることながら、貧乏である。


それは、おちょこブログというネーミングにも実は関係している。


ギリギリでいつも生きていたいわけではないけど、ギリギリギリくらいでいつも生きている。


いや別に開き直っているわけではなくて。



それには様々な理由が重なり合っているんだけれども、結局のところ、お金の使い方というか、お金の入り方というか、要するにキャッシュフローは、もっと根本的な、その人の内面というか、性というか、センスに拠るものだ。



ガン家系とか天竜人とかは馬鹿らしいと思うけど、金銭感覚とモンキー・D・ルフィのDの意思だけは、血筋が大きく影響していると僕は信じている。



こんなことを書くと僕の両親や先祖たちがさも貧乏だったみたいになるけれど、少なくとも、いわゆる金持ちではないだろうし、みな、その自覚があるような気がする。


もちろん、育ててもらったこと、先祖代々、血を受け継いできた末に僕という存在を生み出してくれたことは感謝してもしきれないし、何不自由なく好きなことをやらせてもらったと、僕自身は思っている。



ただし。

やっぱり、いわゆる金持ちではない。



何がそう思わせるのか、そしてそれが今僕がギリギリギリであることにどう影響しているのか、考えてみると。



どこの家庭でもそうだと思うけど、風呂や洗面所の蛇口の閉めが甘く、水がポタポタ滴れていたりすると、母親に怒鳴られるものだ。


御多分に漏れず、我が家もそうだった。



しかし我が家では、高校生くらいから、怒鳴られる代わりにある罰則が設けられる。



それは、罰金2000円。



これはマジだ。



どーゆう計算で2000円なのかは未だに不明だが、この罰則の恐いところは、「マジで取られる」ことだ。


正確な総額については、次の里帰りのときにでも母親に聞いてみるつもり
だけど、僕の記憶が正しければ、3回ほど支払ったような気がする。



今でさえ痛いのに、高校生や大学生にとって2000円の出費が相当に痛いというのは、想像に難くない。



叱られた内容を素直に受け止めなくなり、自分でお金を稼ぐ方法を何となく知り始める高校生くらいから行われるあたり、実に理にかなった教育、指導方法だと今では思うが、おそらく他の家庭に例をみることはないでしょう。



これ以外にも僕の部屋が三畳だったとか、母親はかつて高卒で上京してきたときに二畳の部屋に住んでいたとか、エピソードはたくさんあるけれど、とにかくそんな環境の中で僕の金銭感覚は磨かれていった。


良くも、悪くも。



そして今、ギリギリギリの状況を
謳歌しているわけだけど、ただひとつ思うのは、ギリくらいだったら、ギリギリのほうが良いし、もっと言えば、ギリギリギリくらいのほうが良いということだ。


お金は貯めるためにあるのではなく使うためにあるし、貯金は手段であって目的ではないでしょう。


それと、お金は「かかる」のではなく、「かける」もの。


お金に意思があるわけではないのだから。


必死に自らの状況を正当化した感じになったけれど、僕の人生が楽しいのは僕にしか分からない事実だからしょうがない。



ただ、お金はあったほうが良い。


それはもう、120%の確率で。


なぜなら、お金があってできないことはないが、お金がないとできないことはあるからだ。


子供を私立の学校に入れるとか、白州の25年モノを飲むとか。


そんなの必要ないという人も大勢いるだろうけど、必要あるかないかはここでは関係ない。


ただ、大きなお金の対価として得られる物事を前にして、お金がなかったとしたら、自らの行動の選択肢から消えていくということだ。


要するに、お金はあればあるほど、選択肢は確実に増えていくと。


お金がなくても心の豊かさがあれば…なんて言われるけれど、お金はあったほうがいいし、お金があると心の豊かさが失われるなんてのはウソに決まっている。


僕より遥かにお金持ちかつ、僕より遥かに心豊かで優しい人が僕の周りにはたくさんいる。というかほとんどがそうだ。


何度も書くが、お金に意思はない。



というわけで何が言いたいのかというと、僕はお金持ちになりたいということです。


もう血筋のせいになんてしません。


貯金します。




おわり
スポンサーサイト

有給休暇の買い取り 

2013.10.21

来春の消費増税に向けて、自動車減税とか住宅ローン減税とか、いろいろ策が練られているけど、ヤフーニュース等々で語られている有給休暇の買い取り制度解禁案は如何なものかと思う。


「消費増税するのに、サラリーマンの給料が上がらない。だからせめて、どうせ取れない有給休暇は買い取ってあげよう。」と。



なんでも、有給休暇を一日も消化せずに全て買い取ってもらった場合、大卒の平均基本給換算でいくと、年収が40万近く増えることになるという。


こんな馬鹿げた話が公然と語られるこの国は、やはりどーかしてると思う。



人類で初めて有給休暇という制度を立ち上げた人の細かな真意は知れずとも、会社に買い取らせるために生まれたわけではないことだけは確かだ。


有給休暇の名のもとに、心身ともに休息を摂り、リフレッシュし、自己研磨することで、健全に日々の労働に励む。


それが僕が想像し得る有給休暇制度の目的。


それを会社が買い取るなんていうのは、本末転倒の極みだ。



会社(有給休暇を与える側)がまず第一にやるべきことは、有給休暇を買い取ることではなく、有給休暇を消化させ、健全で効率よく収益を出せる労働環境を提供することだ。


労働者(有給休暇を取る側)がまず第一にするべきことは、有給休暇を売ってその対価を得ることではなく、効率よく仕事をして有給休暇を消化し、それをまた仕事への糧にしてさらに効率よく仕事に取り組むことだ。



有給休暇の買い取りを会社が認めるということは、休まず働くことを会社が公認(ある意味で強要?)することに等しい。



有給休暇の買い取りを労働者側が求めるということは、労働環境の改善に取り組むことを放棄することに等しい。



会社は有給休暇の買い取りを認める前に、消化率を検討し、それを社員の労働の質と照合しながら、消化率を高めるべき。



労働者側は有給休暇の買い取りを求める前に、効率よく仕事をして有給休暇を取得することに励み、その努力の結果に、有給休暇を取りづらいというどうしようもない圧力を感じるならば、会社に提言するか、最悪は告発するべき。



有給休暇の買い取りを認めたら、その対価を狙った給与泥棒が現れるに違いない。


効率を無視して、とりあえず出勤し、有給休暇を売ることで少しでも取り分を増やそうとする。



そんなことは容易に想像できるはずなのに。



有給休暇の買い取り論には、有給休暇制度はあくまでも会社の利益追求と健全な労働環境の提供にあるという超当たり前な考え方がポッカリ欠如している。



まさに付け焼き刃、正論を装った上辺だけの愚策だ。



というわけでかなり過激に書いたけど、じゃあどうしたら誰もが消費増税に納得するかと言われたら、それは僕にも分かりません。


ああ難しい…。





おわり

太り知らず 

2013.10.11

僕は、太ったことがない。


あらゆる女性から反感を買いそうだけど、僕は太るということを実感としては知らない。



身長の伸びと共に健全に増え続けた体重は大学進学あたりでストップし、以来ずっと63キロを保っている。


保っているというと意識しているようだけど、そんな趣味は全くないし、アスリートでもないが、銭湯に行ったときに面白半分で体重計に乗ったり、金持ちの友達の家に行ったときに体脂肪とかまで一瞬で測れるやつがあったりすると勝手に乗っちゃったりして、なんとなく自分の体重は把握している。



小学校の頃とかの身体測定風に言うと、やや、痩せている。


ちなみに、これも大いに反感を買いそうだけど、僕は結構な暴飲暴食派である。


毎日三本のビールと、一杯のハイボールを飲む。


いや、別にストレスが溜まっているとか、ヤケクソになっているとかではなくて。



そして、僕にとってお酒は食事と共にある。


お酒だけで飲むことは絶対にないし、夜の食事にお酒を添えないこともまず無い。


それがカレーだろうとラーメンだろうと。


20代半ばの男性の中だけで言っても、たくさん飲み食いしているほうだと思う。



運動は、まぁまぁしている。

週末はアウトドアかサッカーしかしないから。


それでも、学生の頃に比べたら、頻度と運動時間は激減している。


いわゆる典型的なサラリーマンの生活習慣と、さほど変わらない。



しかし、何度も言うけど、僕は太らない。


お腹まわりも、キュッ!!っとしている。


「それはまだ20代だからだよ。」と言われることもあるが、同じ20代の大学の同期たちは、定期的に運動をしているヤツを除いて、お腹が出てきている。


総じて、出てきている。



しかし、別に優越感に浸るわけではないけど、僕のお腹は出てこない。



「30代になったらねぇ…。」とか、「今に分かるさ。」とかも言われるけど、僕には全く信じられない。


自分が太るという想像が、うまくできない。


というより、自分の体重や体型が増減したり変化するという感覚を覚えたことがないので、その感覚を想像するというのは不可能なんだけど、誰か教えて欲しい。




僕は太るんでしょうか。





おわり

アクセス数論 

2013.10.03

僕のブログは、いわゆる人気ブログには成り得ない。

いや、別にネガティブになっているわけではなくて…。


ここでいう人気ブログとは、友人知人以外の第三者からも読まれるブログという意味。



前にも書いたことがあるけど、魅せ方が相当上手かったり、その人自身が有名人でもない限り、それなりの条件を満たさないと安定したアクセス数は得られない。


その条件ってのは、僕の中では二つ。


まずテーマ。



料理が得意ならば料理について、ペットを飼っているならそのペットについて、蒼井優が好きなら蒼井優について、ただひたすらに書く。


要するに、ブログのアイデンティティを確立し、ターゲットを絞る。


あらゆる商売の基本のような。



その執筆者自体に相当な興味がない限り、何について書かれているのか分からないブログには誰もアクセスしない。


蒼井優について書かれているブログだと認識して初めて、蒼井優ファンが検索で探し当てる。


蒼井優というキーワードを入れずに、適当にブログを検索してみよう。


数時間後、蒼井優について書かれているブログに行き着くとしたら、それは僕のブログくらいなもんだ。

と信じたい。



個人的なブログでアクセスを獲得したいなんてのは単なるエゴであって、それをとりあえず全般的に受け入れてもらおうなんていうのは、到底甘い。


応えて欲しいのであれば、何を発信するのかを明確にするべきで。





もう一つが、定期的な更新。


それも、更新頻度が高ければ高いほど良い。


いつ更新されているか分からないブログに毎日アクセスするほど日本の戦う大人たちはヒマではない。


初読で、「お、面白いかも」と思ってブックマークしたとしても、その後一ヶ月更新がなかったら、下痢でトイレにこもる時でさえ開かない。



「更新されているかも」と期待する気持ちが、アクセスに繋がる。


そして単純に記事数が多ければアクセスの延べ数も多くなるので、検索エンジンでも引っかかりやすくなる。




テーマと定期的な更新。


要するに、上司や先生や親から意図もなく気まぐれで発せられる小言になど、誰も聞く耳は持たない。




というわけでお気付きかと思いますが、僕のブログはこの条件を全く満たしていないので、人気ブログには成り得ません。


その時々に書きたいことを書いているし、更新については、この記事がすでに10日振りという体たらく。


まさに僕というエゴの産物だ。


なんだか泣けてきたのでこの辺にするけど、スマホの台頭でいつでもどこでもブログが更新できるようになった昨今の激しい?ブログ競争を勝ち抜きたいなら、考えなアカンと。



当初、少しカッコつけてテーマを絞らずに書き始めたこのブログの行く末は如何に。






おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR