おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本所有論 

2013.06.28





スライド式本棚を買った。

友達のパクリで。


今流行りのIKEAでもニトリでもきゃりーぱみゅぱみゅでもなく、ネットで。


僕の狭い部屋にはスライド式しか選択肢はない。




本が好きな人には、本に対する所有欲が有る人と無い人の二種類がいる。


長らく続く出版不況の要因は、いわゆる活字離れだけではなく、所有欲が有る人の減少もある。と思う。


買うのは意外と高いし、どんどん溜まっていって嵩張るから、と。

それに、人気作品は人脈を辿れば大体借りれる。

買い始めたらすぐに複数巻が溜まっていくマンガなんかは特にそうだ。

スラダン、ワンピース、宇宙兄弟あたりは所有欲が無ければ買う必要はないほど出回っている。


本を所有するというのは、今ではやはり嗜好だ。


いわゆる「コレクション」の域に突入してしまった。


王冠を集めるのび太君と変わらない。



が、自宅で自らが読んできた本を眺めているときほど、自らの歴史を感じることもない。


どんな内容で、そんときどんなことを思ったか。


初めて沢木耕太郎を読んだときはサラリーマンには絶対にならないわ、と親に言ってみたり、池井戸潤を読んだときはやっぱりサラリーマンっていいよねー、と居酒屋で言ったり、スラダンをサッカー部の部室で読んでモチベーションを上げたり、小学生の頃にI'sを読んで、「やばい、俺エロ本読んでる…」と思ったり。


それだけではない。

この本は何時何処で買ったとか、この本は誰々に貰ったとか、この本は誰々に借りてそのまま…。(返します)

というように、その本自体が今ここにあるルーツもある。



その人となりすら表れる。



だけど、僕が思う本所有の最大のメリットは、いつでも人に貸せるってことだ。

自分が好きな本を人に貸して、後日その話で盛り上がるのは、山小屋でウノするくらい楽しい。


持っているからこそ、すぐ貸せるという前提があるからこそ、二言目には「読ませてあげるよ」と言えるからこそ、人に思いっきり勧めることができる。



というわけで、皆さん本を所有しましょう。


というかまず本棚を。


本棚を買うということは、本を所有する姿勢の象徴です。

本棚を買ったら、次はその本棚の隙間を埋めるのです。人は。




おわり
スポンサーサイト

クライミング好きあるある 

2013.06.23


(J&S恵比寿より)



※以下は全て、実際に僕が目にしたり耳にした事実です



・登り終わったあとの一杯で、「ジョッキが重いわー」と言う。


・翌日の仕事で、「キーボードが指を跳ね返してきたよ」と言う。


・クライミング以外でも、誰かを鼓舞するときに「ガンバガンバ!!」と言っている。
例)「もうムリ。お腹いっぱい。」
「ガンバガンバ!!」


・チョークで人の背中にイタズラ書きをする


・電車の吊り革で腕を追い込む。


・電車の降車ドアの前でキョンを決め、「これでこの車両は誰も乗り降りできない。」と言う。


・車に乗り込むとき、「ドアノブがホールドだったらオシャレだよね。そーゆうオプションないかな?」と言う。


・ストレッチが効いたパンツしかはかない。


・日本にあるレッドブルは海外のものとは成分が違うことを知っている。


・「結局大事なのは腕の力じゃない。」が口グセである。




他にもあれば募集します。



おわり

善意と叡智 

2013.06.13


(先輩宅より)



飼い主不明の犬を発見した際、まず問い合わせるのが、動物保護センターというところらしい。

そこに飼い主から届け出が出ていれば照合して引き渡し、という至極単純な流れ。


照合できたら即時、発見者は飼い主に犬を引き渡さなければならない。

その権限が飼い主にはある。


だから、発見した犬が何らかの傷を負っている場合、獣医なら別の方法を取るという。


動物保護センターに問い合わせる際、拾った犬のことには触れず、直近で捜索の届け出がある全ての犬の特徴をいちいち聴いていく。

そしてその中にそれらしい飼い主からの届け出があれば、その飼い主を別の動物愛護団体に調査させる。


照合はそのあと。



なぜか。



動物虐待の疑いがあるからだ。


つまり、犬が外的要因だと思われる傷を負っている場合は、飼い主からの虐待を疑い、保護センターが犬との照合をする隙を与えずに飼い主の情報だけを先に得ることで、虐待するようなダメ飼い主に再度犬を突き合わせるような失態を未然に防ぐわけだ。


もちろん調査の結果それが健全な飼い主だと判断されれば、すぐに引き渡す。



そんな話をある本で読んで、猛烈に感銘を受けた。



僕は善意と叡智の融合に弱い。

というかそれは一般論か。



ただただ善い人なら介抱しつつ犬の情報をすかさず明かし、少しでも早く飼い主に引き渡すことに躍起になるだろう。


そこに即時、優れた知恵が加わって、上述のようなパーフェクトでモテる対応をとることができる。



善意だけでも、その気持ちが伝わって周りを不快にさせることはないのかもしれないが、本当に望まれていることをできない可能性はある。


逆に叡智だけだけど、どうしても理屈っぽくなって人を不快にさせる。

そう、このブログのように…。


はたまたその論理的思考能力ゆえ、完全犯罪という道徳的にマズいことに知恵を絞らせたりもする。
(叡智という言葉が悪い意味で使われることはないが)



論理は、常に善に使われるべきであって、その相性もきっと良い。


そしてそれが正しく使われ、善意と叡智の融合が見られるとき、人はモテる。

犬も、ヒドい目に遭わずに済む。



動物虐待というのは、意外と多いらしい。



おわり

四半年のぼやき 

2013.06.07

関西に来て三ヶ月が経ちました。

それはもう、ありえへん早さで。



西中島南方とか天神橋筋六丁目とか、駅の名前が長いなぁ…と思うくらいで、もはや何の違和感もありません。


が、アルプスへのアクセスが東京に比べて悪いのはご愛嬌。とはならず、延々と続く高速道路にもどかしさを覚えてしまう僕のケツは青。



ただ、僕の住んでいるところが、先日ロスタイムにオーストラリアゴールのド真ん中にブチ込んだ本田の生まれ故郷だったということで、本田もここで育ったんだなぁと思うと、僕のモチベーションは高まるばかりで、心身ともに極めて健やかです。


イビキも治ってるかもしれません。

確かめる術はないけど。



とにかく、せっかくの異国の地なので、ホリエモンよろしく大なり小なり正なり誤なり旋風を巻き起こしたいわけで、ただ僕は基本的にブッ込みがちなので、郷に入れば…も多少は考慮しつつ、タイミングと進言先の慎重な選択を怠ることなく。




僕の関西生活に幸あれ。



おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳



現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。