おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえての新規 

2013.05.30

既存の取引だけで予算を大幅に上回るような好調なときにこそ、あえて新規開拓をするべきだ。

と、前職(某金融機関)の上司がいつも言ってた。


「俺の車(外車)がさぁ~」の次くらいに頻繁に言ってた。



あの頃の数字数字の代理店向け営業職において、既存代理店への提案と新しい代理店の開拓に優先順位はなく、結局のところ既存・新規問わず担当する全代理店からもたらされる数字が自分に課された予算(ノルマ)を上回っていれば、自分が受け取る給与やその他雇用に関わる経費は会社に対してペイできているわけで、何も言われることはない。


まぁそれだとあまりにもドライだし極論だけれども、良好な関係かつ利益をもたらしてくれる既存取引先というのは居心地がいいし社内的にも聞こえが良いので、そこばかりに注力してしまって、自然と見込みの新規から足が遠のいていく。

そしてそれで特に問題はない。
そのときは。


しかし、既存の数字が良いからこそ新規開拓をするべきというのは実は極めて論理的な考え方だと僕は思う。



なぜなら、既存取引先からの数字が好調というのは、その業界の景気が好調であることを表すひとつの指標であって、業界が好調ということは、みんな新しいビジネスに手を出したがっているわけで、言い換えれば新しい何かに投資する資金を持っている可能性が高い。


だから、不調時との比較論で言えば、新規の話にも乗りやすい。


それに、既存取引先からの数字が好調なときというのは、大抵の場合その取引先とは良好な関係を築けているわけで、他の優良な取引先を紹介してもらえる可能性も高い。


好調だから、自分自身も仕事に対してポジティブになってるしね。



逆に既存取引先とのビジネスが不調なときは、前述の論理でいけば新規は取りづらい。


既存だけだとキツいから新規を…というのでは、もはや手遅れ。



苦しいから新規開拓に励むんじゃなくて、調子が良いからこそ新規開拓に励んで苦しいときに備える。

というのが、おそらく正しい。


そのほうが「楽に」仕事ができるわけだし。



というわけで何かいい話ないですか。




おわり
スポンサーサイト

日本代表決定。 

2013.05.24

ラストシンデレラが流行っている今日この頃、歳を重ねれば重ねるほど綺麗に、および可愛くなっていく女性日本代表が決定しました。僕の中で。


お待たせしました。



あ、三度のメシよりこういうのが好きな方には申し訳ないけど、僕は画像を集めたりするようなアイドル好きではないので、この記事に画像は一切ありません。



最近こんなフザけた記事ばかり書いているけど、フザけた記事のほうが書くのは案外難しいので、プロセス評価ということで悪しからず。



さて。


まずは冒頭のラストシンデレラでその魅力を遺憾無く発揮している篠原涼子。


おんとし39歳。


僕ら20代半ばはヒットする世代ではないのかもしれないけれど、どちらかというと僕ら世代な三浦春馬と共演したことで一気に世代差が埋まったような。


こーゆう役がここまで似合う人っているんでしょうか。


もはや綺麗というよりもかわいい。

デミタス。




二人目は、言わずと知れた安室奈美恵。

おんとし35歳。


アムラーはいたが、アユラーはいない。チーマーは今でもどこかにいるらしい。だからアムラーも今でもどこかにいるかも。


比較してはいけないが、浜崎あゆみとは対照的に進化を続けるキングオブ女性シンガー。


小顔の象徴。


今現在僕の親指くらいの大きさの顔は、こうしている間にもどんどん小さくなっており、最終的にはコメ粒になりそうな勢いである。


学生時代には『Baby don't cry』に幾度となく救われた。

ミスチルの『終わりなき旅』と同じくらい救われた。




そして三人目は、何といってもYUKIでしょう。


おんとし41歳。


もはや何も言うことはないでしょう。


YUKIの可愛さについて書くなんていうのは、スカイツリーを観て「高いなぁ。」と言うようなものです。



それでも分からんという方には、『メランコリニスタ』のPVをすすめておきます。



ここ数年の曲では、前にも書いたけど『鳴いてる怪獣』が良し。


『2人のストーリー』も良し。

待ち合わせはローソンで。





最後に。


僕は決して熟女好きではありません。





おわり

人の家に遊びに。 

2013.05.13


(財津ご夫妻宅でガンダムする財津)



僕は人の家に遊びに行くのが好きだ。


趣味といっても過言ではない。
くらい好きだ。


人の家にズカズカと上がり込み、卒アルを読み漁り、冷蔵庫を開け、テレビでかっ!と言って、ソファやラグマットでくつろぎ、イビキをかいてその家の住人よりも気持ち良さそうに寝る。


下手をすると、朝ゴハンまでご馳走になる始末。



その家の人からすれば、タンスの引き出しからいきなり巨大なゴキブリが出てきたような話だ。



悪趣味極まりない。



分かってはいるが、もはやどうすることもできない。


どうしようもなく、人の家に遊びに行くのが好きなのだから…。



で、ふとその理由というかルーツを探ってみたんだけど、辿り着くのは案外簡単で、それは僕が生まれ育った環境にあるだろうと。


幾度となく書いてきたが、僕は実家の3畳の部屋でその青年時代の大半を過ごしてきた。
(監禁されていたわけではありません。)



間取りで言うと、正しくは部屋ではなく物置きだが。



要するに、そーゆう環境で育ったからこそ、人様の部屋に対する憧憬の念が強いと。



人の持つ理想というのは、多くの場合その人が育った環境によって形成される。


山奥で育てばスカイツリーからのバンジージャンプを夢見るし、炭酸禁止の家庭で育てば独り立ちした途端コーラをケース買いするだろうし、恋愛禁止のAKBはコソコソとイケメン俳優とのお泊まりデートに勤しむ。


しかしそれらは、実現させずに理想のまま想い続ける快楽とするか、たまの娯楽として講じるくらいがちょうどいい。


事実、僕は別に広い部屋に実際に住んでみようとは思わない。


それは僕の叶う必要のない理想であって、たまに人の家に遊びに行くことによって小さな感動をちょくちょく得られるほうがよい。


あぁ、一度はこんな家に住んでみたいなぁ…。無理かなぁ…。無理だよなぁ…。

などと言いながら。



それともう一つ、人の家に遊びに行くためには、一種の図々しさが不可欠。

良く言えば、人懐っこさである。


僕は「見た目と違って意外と人懐っこいよねー。」とよく言われる。


見た目どないやねん。



それでもみんな快く?招待してくれるから良し。


図々しさと人懐っこさほど紙一重なもんもないと、僕は誰よりも知っている。


そんなわけで、これからも図々しく、じゃなかった人懐っこく、理想を求めて人の家に遊びに行くことをここに誓う。




おわり

僕とGWとパニーニ 

2013.05.08


(荒川土手より)



泣く子も黙るゴールデンウィークは矢の如く去り、無事に普段のサイクルに戻れたことを有り難く思うばかり。


ゴールデンウィークを長期休暇として過ごしたのは社会人になってからは久しぶりのことだったので、スケジューリングの杜撰さを露呈し、何とも非効率な時間の使い方をしたような気もするけど、多くの場合ムダなものとして語られる移動時間というものが僕は好きなので良し。



今の職場の御多分に洩れず、もはや外遊びしかしていません。

健康的な勤め人代表ここにあり。



ただ、連休最終日に山ゴハン通(自称)の友達が近畿最高峰のピークで生地から練って作ってくれたパニーニは恐ろしいマズさでした。




(八経ケ岳にて)



なんというか、生地が発酵しすぎてて、もはや日本酒の味がしました。




(山ゴハン通のパニーニ)


この写真よく見たら生地から何か茶色い毛みたいの出てるし。



その友達にも言ったけれど、まぁ、鉄板と言われている山で食べるゴハンがマズいなんて、ある意味おいしいよね。


こうしてブログの一記事ができあがったわけだし。


山ゴハンは間違いなく3割増しで美味しいけれど、それは山で食べれば「もっと」美味しいという話であって、マズいものが美味しくなるかといったらそれは別の話だったという。


ゴリラにアルマーニを着せたところで、それはあくまでもゴリラだということです。



しかし楽しかった。





(行者還トンネルに現れた山ゴハン通。)





おわり

ゴリラ顔で山好き 

2013.05.02


(荒島岳より)


関西に越してきて二ヶ月、ようやく常習的に山に行くようになってきました。

しばらくIKEAとヌー茶屋町にしか行ってなかったからね。

まぁ楽しいよね、実際。



顔がゴリラみたいだからか、最近はどんなに急登でも、60Lのザック背負ってても、ほとんど疲れない。


もはや人間の領域を超越してきている。

超越もなにも最初から人間ではないが。顔が。



とかいってるとゴリラも木から落ちるので、決して慢心することのないよう装備と計画と体調管理は抜かりなく、安全登山に努めたいものです。


富士山の世界遺産登録がほぼ確定したことで、長期に渡りすぎてもはやブームとは呼べなくなってきた登山ブームは今年も凄いことになるだろうから、不足なく先導できるように精進精進。




今日は役場に用があったので平日休みを頂いたけど、あっという間に手続きは終わり、すでにガラガラの新幹線ひかりで酔っ払っている。

これから山談義のために湘南。


おやすみ。

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。