おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

人事権 

2012.10.23

今さらながら『ロスジェネの逆襲』を読んだ。

悪く言えば全くもって想定内の内容だったけれど、良く言えば期待通りの内容で、面白いことに変わりはなく。

ひとまず銀行シリーズを読み終えて、改めて思うことがひとつ。


「然るべき相手に苦言を呈するか、感情を押し殺して都合よく媚を売るか。」

「正直者が馬鹿をみるなんて、クソ喰らえ。」

と、池井戸潤の作品については何度かレビューを書いてきた。


池井戸潤の描くあまりにも理不尽な組織像は現実にはそうないと思われるかもしれないが、全くそんなことはなく、醜い保身や人事権の濫用は往々にしてあり、実社会はもっとエグいというのが僕の見解。


というわけで思うことというのは、誰もが納得する健全な組織を作る上で最も重要なのは公正な人事だってこと。

それはもう裁判と同じくらいに。


人間によって人間を評価するわけだから個人的感情が介入するのは多少は仕方ない。

同じ組織の人間を100%客観的に見れるほど人間は強くなく。


でも、それが事業を伴う会社であるならば、どんな事情があろうと顧客至上主義から逸脱しない形で行われなきゃダメってこと。

つまりその人事が、その人材が最大限パフォーマンスを発揮することに繋がるものであり、その結果顧客の利益に繋がり、その結果会社の利益になり、その結果(公正な人事によって)さらに評価されることで、その人材のモチベーションも周りの人間のモチベーションもさらに上がるような。

人事権を持つ人間、もしくは人事権を持つ人間に対して影響力を持つ人間(上司など)の個人的感情や私利私欲によってのみ人事が行われていると社員が知れば、社内で媚を売ることで頭がいっぱいになり、誰も顧客のために仕事をしようとは思わない。

明らかに間違っていると思われる指摘事項が会社に対してあったとしても、人事を恐れて保身を思うあまり、見て見ぬ振りをする。

そうやって顧客無視の意味不明な仕組みがどんどん出来上がっていき、しかしそれを改善する術はなく、組織は腐っていく。

その会社の事業は、池井戸潤の言葉を借りれば、誰もが自分の保身の為に仕事をする「顧客不在のマネーゲーム」と化す。

最終的には社内外での贈賄行為が横行し、内部告発もしくは外部に摘発されて業務停止命令かなんかを喰らうのがオチ。


だから、人事は絶対に公平で正当でなければならない。


人事権を持つ、もしくは人事権を持つ人間に対して少しでも発言力を持つということは、人の人生を大きく左右する影響力を持つことであり、組織全体を良くすることもダメにすることもできるようになるわけで、神に誓って公平で正当な判断を下さなければならないという超責任重大な義務を負うことの裏返し。

権利の上にあぐらをかいてはいけないと誰も言うが、その最たるものが人事権。

人事権の濫用や立場を利用した圧力は、重犯罪にも値する。

パイロットや整備士が人の命を預かって職務を全うするのと同様に、そのくらいの覚悟を持って行わなければならないと。


そうやって公平で正当な人事が行われていると思えて初めて、社内的評価にしかなかった興味感心が顧客に向かうようになる。

どんなに出世欲が強くとも、顧客の為に仕事をすれば評価されると信じることができるから。

そうなれば、社内での多少の摩擦が予測されようとも、正しいと思ったことはどんどん進言できる。

立場関係なく、健全で実りのある議論が活発化する。


昔誰かが歌ってたけど、言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズンだと、俺は俺を騙すことなく生きていくと。

池井戸潤に言わせれば、人事が怖くてサラリーマンが務まるか、と。

そこまで格好よく啖呵は切れないが、そうありたいとは思う。



ちなみに僕の世代はロスジェネになるのでしょうか。

それともそのさらに下の世代の総称があるのでしょうか。




おわり
スポンサーサイト

車所有論 

2012.10.13

このことについて書いたら諸先輩方に物凄くネタにされそうだけど、僕にまつわるホットなニュースなどこのことくらいしかないので書く。

先月に納車してからこれでもかというくらい車で出掛けてるけど、アウトドアをやる人間にとって車というのは登山靴やレインウェアに負けず劣らず行動範囲を広げてくれる便利な道具。


ただ、それならレンタカーでもいい。

自分の車を持ちたいなんてのは、ただ
の所有欲でしかない、という意見が多い。


確かに車を持つことによってかかるコストと天秤にかけると、所有欲だけではバランスが取れない。

増してや、車がないと不便極まりない田舎町の話ではなく、網目のように線路が張り巡らされたここ東京での話だ。

実際僕もその思いがないわけじゃない。

毎週末アウトドアをする人間が、毎週末レンタカーを借りたとしても、その車を所有するよりは安くつく。(ローンを払い終わっている場合を除いて。)

それに、僕が普段一緒に遊びに行く人たちの中には車を持っている人も少なくなく、みな快く乗せてくれる。

だから別に自分の車がなくても、遊びに不自由することなんてほとんどなかった。


ちょっと前?に「若者の車離れ」という言葉が流行った。

Wikipediaで調べてみると、経済的理由、趣味の多様化、地理的要因、都市部固有の要因…と様々な要因が挙げられているけど、面白いくらい僕が車を持たなかった理由に当てはまる。

僕も大多数の「若者」の1人として、車離れの一端を担っていたわけだ。


が、買ってしまったのもまた事実。

僕にとってそれはもう莫大な負債を抱えるソフトバンクの米国通信大手買収計画くらいスケールのデカい思い切った投資だったが、当然ながら孫さんほどの計画性などありゃしない。

ちなみにソフトバンクのスプリント買収計画が世間に伝わった12日、買収資金の2兆円規模の米ドルが調達されるということで、一気にドル高円安に振れたらしい。

買収計画の是非は知らないが、一企業の、それもワンマン社長のひとつの経営判断が為替市場にまで影響を及ぼしちゃうその力は半端じゃない。


と、話が逸れたが、僕の車購入のぼんやりとした理由があるとすれば、アウトドアを生業にしているということくらいで。


ただ、今を充実させることでいつも頭が一杯の僕にとっては、このタイミングしかないと思ったし、自分への投資として最終的に迷いは無く。

大きな決断など、結局そんなもので。


そうしてひと月近く経ったいま思うのは、こーゆうものは持っておくことが大事だなと。

いつでも人と荷物を乗せてどこへでも行ける状態にあることが。


もうすぐ最新巻が出る『リアル』で野宮が言ってました。

「たとえ鞘から抜かなくても刀をさしていることが大事。いつでも抜けるんだってことがな。」

僕の場合は少し違う気もするが、そーゆうこと。


無駄なことなんて何もない。よね、きっと。



おわり

二位じゃダメなんでしょうか 

2012.10.06


二位じゃダメなんでしょうか。と少し前に誰かが言ってたけど、結果論ではそれでよくても、順位付けの是非はさておき、順位の付く物事に取り組む前段階でその考えを持ってしまったら全てが台無しになる。

順位付けなどというものは、それ自体に意味があるのではなく、順位を意識する姿勢の問題でしかない。

二位じゃダメなことなんて何もないが、二位でいいや、はダメ。

矛盾しているようでしてない。


順位付けのないワールドカップなんて誰も観ないでしょ。

二位でいいやと思っている長友が、あんなにダッシュで自陣に戻るはずがないし、二位でいいやと思っているジダンが頭突きはしない。

モチベーションは各選手それぞれでも、結局はタイトルを獲るために必死に競い合うその姿勢に人は感動するのであって。

だから、世界のタレント揃いのトヨタカップより海外組を欠いた日本代表のワールドカップ予選のほうが面白い。

フレーズを丸々パクれば、絶対に負けられない戦いだから。


二位じゃダメなんでしょうか発言は事業仕分けの際に出たと記憶しているけれど、それこそダメでしょう。

事業なのだから、経費を最小限に抑えて利益を最大化しようと努力するのは当然のこと。

そこにちょっとした比較論が入って、他のどの類似事業よりも優れている状態を目指すということになっただけ。

要するに比較論がある限り、一位じゃなきゃ、というか一位を目指さなければならない、そういう姿勢で取り組まなければならないに決まっている。

増してや税金を元手とする事業で。


一位である必要は?なんていうのは、さも斬新な発想であるかのように見せかけた取り合う価値もない発言。

だいぶ取り合ったけど。この記事。



順位のつくことなら全て一位を目指さなきゃダメ、みたいなことを宇宙兄弟の新田も言ってたけど全くそのとおり。

この世で一番難しいのは、一位になることではなく、全く手を抜かないこと。



おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR