おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな仕事 

2012.08.25


(川井キャンプ場より)



今年に入ってから、「お前は好きなことを仕事にしてていいよね。イビキうるさいけど。」とよく言われるようになった。


この「好きなことを仕事にする・しない」の議論が特に僕ら20代半ば~後半の世代は大好きで、久しぶりに居酒屋に集えば、女の子の話よりも盛り上がったりする。


社会人になって数年が経ち、自分の仕事がある程度習慣化し、人間関係もある程度固定化され、人によってはそれなりに後輩らしきものができ、にも関わらずまだ若手扱いで可能性を期待されている感もあり、コレが得意でコレが苦手でコレが好きでコレが嫌いという自分の仕事の能力や意欲の棲み分けができるようになってきて、周りではポツポツと結婚したり転職したりする人間も出てきたりと、今の僕らの世代は、自分の人生における仕事との関わり方みたいなものを否が応でも考えてしまう要素で溢れているんだと思う。


そんな中で、僕がよく話をする友達アオモノ君(仮名)がこんなことを言ってた。


「他にやりたいことがあって、それを実現させるために試行錯誤しながら今の仕事を続けるのは本当にシンドい。」と。


これは時間的に余裕がなくて大変だとかそういうことではなく、いま目の前の仕事に100%の気持ちで取り組まなければならないのは分かっているのに、他にやりたいことがあるという自分自身のどうにもならない正直な気持ちがツラいということであって。


そんな心境は、自分自身に限らず雇用している会社にとっても顧客にとっても好ましいことではない。


腰掛け程度にしか考えていない人間を雇おうとは誰も思わないし、そんな人間に対価を払ってサービスを受けようとする顧客もいない。


つまり、自分自身に限った話じゃないということが認識できれば、やっぱり好きなことを仕事にするべきだという結論に至る。



ここで避けては通れないのがその定義で、人によって捉え方の違いはあるだろうけど、好きなことを仕事にするとか、趣味を仕事にするっていうのは、仕事とは関係のない時間、つまり顧客を意識しないプライベートの時間の中での経験がダイレクトに仕事に活きることを指す気がする。 最近は。


ダイレクトに、と書いたのは、採用情報のページによくある社員インタビューで「休日に子供と過ごす時間が実は仕事のヒントをくれるんです。」的な例を除外するためで、こういうのはあくまでも間接的で偶発的だし、仕事の役に立っていると意図的に紐付けしようとする意識が働いているので、プライベートが他覚的にも分かりやすい形で仕事に活きているケースとは全く異なる。と僕は思う。


プライベートが仕事の役に立っていると手に取るように分かるようならば、その仕事はおそらく楽しい。つまり好きなことであると。



それでも、こう言う人もいるでしょう。

「僕はプライベートの時間も仕事の為に資格取得の勉強をしている。それはプライベートがダイレクトに仕事に活きているケースだろうよ。」と。


しかし、これは違う、と思う。

ハナから仕事を意識した過ごし方だから。


プライベートというのは読んで字の如く、個人的な事象を指す。

仕事という概念が少しでも思考に入れば、雇用主である会社と、何よりも顧客との関わりが発生する。

その瞬間、それは個人的事情ではなくなる。


自己満足を求めて、どこまでも個人的に、何の抵抗もなく自ら進んで行う行為が、要するに趣味が、心から楽しんでいる時間が、“そういえば”仕事の役にも立つな、みたいな感覚こそ、好きなことを仕事にすることであって。


逆もまた然りで、そういう仕事ならば、取り扱う商材がプライベートを充実させてくれたりする。

そうやって好循環を生む。


何度も書くけど、それは自分自身だけではなく雇う側にとっても顧客にとっても嬉しいことだ。

好きこそものの上手なれ、と。



しかし、別の友達カワマエ君(仮名)は、「やりたいことはあるけど、成功する可能性も待遇もあまり現実的じゃないから、とりあえず今の仕事を続ける。結局は何を取るかでしょ。」と言う。

ここで言う何を取るか、というのは、待遇度外視で仕事内容の充実を取るか、興味のない仕事でも待遇を取るか、はたまた社会的名声を取るか、といった話だ。

このくらい冷静に考えられていれば確かにそれで良いのかもしれないけど、ここでまた自分自身の仕事の捉え方だけの問題ではないということを思い出せば、やはり公私含め没頭できる事を選ぶのがベストだと思う。


ちなみに僕は、待遇を度外視したこは一度もないし、社会的名声だって無いよりあった方がいいと思ってる。



もうひとつ、こういう話で盛り上がっていると出てくる意見として、「好きなことを仕事にしたら嫌いになっちゃうでしょ。だから好きなことは趣味にしておいた方がいいんじゃない?」ってのがある。

この時ばかりは僕も猛烈に反論するんだけど、尊敬する垣根涼介氏の小説「君たちに明日はない」シリーズに分かりやすい文章があったので引用する。


以下引用。



“(好きなことだからこそ、それは仕事ではなく、あえて趣味として取っておきたい)などと言う人間は、やや厳しい見方だが、しょせんは自分を韜晦しているだけだ。現実の厳しさを理由に、本当の意味での自己実現から逃げているだけだ。言い訳だ。

であれば、現状を充分に把握した上で、(仕事ではとても実現出来ないから、せめて趣味としてやっていこう)

その人生への見切り方が、捉え方が、もっとも正しいし、まだ潔い。”



以上、「張り込み姫」より抜粋。



全く同感で、好きだから敢えて趣味として…というのは本気で好きなことを仕事にしようと努力したことがあれば、口が裂けても出てこないセリフだ。


ちなみに僕は、小さい頃はサッカー選手になりたいと思っていたけど、中学~高校?あたりで何となくサッカー選手にはなれないであろう自分をイメージするようになり、いつの間にかサッカー選手以外の将来像を描くようになってた。 その結果が今で。


「サッカーを好きだからこそ、サッカー選手にはなりたくなかった」なんて馬鹿な話があるはずはなく、僕もきっとあの時、「仕事ではとても実現出来ないから、せめて趣味としてやっておこう。」と思った一人で。

それ以前も以降も、サッカーはずっと続けている。

いまの仕事を選んだことに何の不満も後悔もないし、趣味であるサッカーを辞めるつもりもない。



サッカーが好きで、サッカーの仕事をしたら、サッカーが嫌いになったと言うならば、それこそ公私混同だ。

趣味が直接仕事の役に立っていたとしても、仕事は趣味じゃない。

自分の中だけで趣味と仕事の境界線が曖昧になっている分にはいいけど、雇う側や顧客からすればそんなのは知った事ではない。

だから、公私混同。



ここまで話をしても、根強い意見として「この不景気にそんな贅沢なこと言ってらんないよ。」というのが残っている。

これに対しても、垣根涼介氏は言及している。


以下引用。


“不景気だからこそ、職を求める人間がより厳しく選別される時代だからこそ、仕事へのこういうこだわりのある者のみが、生き残っていく・・・(中略)・・・飢えに苦しむ第三世界の話ではない。この日本での話だ。”


以上、「張り込み姫」より再度抜粋。



この日本で、ただ今日明日を食いつなぐ為だけに仕事をしている人はごく一部でしょう。

要するに仕事をする意味やその内容を自ら考えたり選択できる環境にある。

そんな環境にあって、仕事内容はなんでもいいから…という一見すると健気な姿勢はそもそも間違っているし、上記抜粋のとおり、「コレがやりたい」というこだわりのある人間が評価されるはず。というか、そうあってほしい。



だいぶ長くなったのでまとめると、掛け値なしに好きなことがあり、それを自分が行うことがビジネスに、つまり人様の役に立つ形になり得ると少しでもイメージできるのなら、それを仕事にする事をまず第一に検討するべきだと。

そうやって選択肢ができたら、あとは自分が納得できる待遇面やその他環境との妥協点を探ればいい。

その作業を行わずに仕事選びをすることほど、不幸なことはない。

少なくともこの日本では。




楽しい楽しい夏に真面目になりすぎた。




おわり
スポンサーサイト

甲斐駒ケ岳と仙丈ヶ岳と 

2012.08.15

前回書いたとおり本当にブログなど書いているヒマなどない夏で、随分と空いてしまった。

今回は少し前の南アルプスの話。



二連休の前夜、新しく買ったという70リットルのザックをこれ見よがしに背負って嬉しそうに新宿にやってきたモトヤマを助手席に乗せ、芦安へ。

甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳は北沢峠のテント場に荷物を置いて登れるから大型ザックは必要ないし、大型ザックで来るとしても別でアタックザック的なものが必要だと前晩に懇切丁寧に説明したのに、70リットルひとつで来やがった。

ただ、買いたてのギアをすぐに使いたいその気持ちプライスレス。

心の豊かさ。



中央道は空いていたので、0時過ぎには芦安の駐車場到着。


ここからはマイカー規制で北沢峠へは近づけないため、指定バスの始発まで駐車場で仮眠。







早朝5:30のバスは恐ろしい混み具合で、乗り継ぎ場所の広河原までまさかの立ちという過酷っぷり。

ベトナムからラオス行きの24時間泥沼バスを思い出す。

南アルプスへの道のりは遠い。



7:30頃、ようやく北沢峠のテント場に到着。

IMGP9285_convert_20120814074142.jpg




寝心地の良さそうな場所に基地を作り、朝食を摂って9時頃甲斐駒目指して出発。

甲斐駒ケ岳も仙丈ヶ岳も標準的なコースタイムは往復7時間程度あるので、9時スタートは遅い。少し焦る。



それでもしばらく続く沢沿いの道と、沢が終わったあとに続く岩稜にはちょっと感動する。

IMGP9288_convert_20120814074403.jpg




もともと三度のメシより岩が好きなモトヤマは「おれ岩全部数えてから行くから先行ってて」と意味不明なことを言っていた。

この時から嫌な予感はしてた。




仙水峠へ出た瞬間に左手に聳える甲斐駒ケ岳の迫力は半端じゃない。


IMGP9291_convert_20120814074631.jpg



もはやドラクエ。

若干かかっているガスがますますその迫力を増長させていることをガスは知らない。



ここから第一のピークである駒津峰まではなかなかの急登で、いつの間にか後ろにいたはずのモトヤマの姿は見えなくなってた。


駒津峰で棒ラーメン食べながら20分ほど待つも、モトヤマ現れず。

仕方ないので先に甲斐駒を目指そうと、駒津峰から山頂に続く尾根を出発。


尾根を抜けると、ようやく山頂直下の岩場に出る。






こっからは両手をつかって取り付く感じなので傾斜はかなりキツいけど個人的にはラクだし楽しい。




途中、久しぶりに雷鳥を見た。


IMGP9317_convert_20120814075328.jpg



いま、飼いたいペットといえば雷鳥かパグでしょ。



12時半、甲斐駒ケ岳山頂到着。

誰もいなかった。

やはり登り始めが遅かった。

というかガスで眺望ゼロ。

とりあえず昼寝をしながらモトヤマを待つことに。



(寝床)




起きたら13時半で、さすがにモトヤマも来ているだろうと周りを見渡すも、その姿はなく、代わりにガスが晴れてきてた。


IMGP9341_convert_20120814075016.jpg




IMGP9331_convert_20120814075631.jpg
(剣岳方面)




モトヤマはおそらく途中でしんどくなって引き返したか、その辺で待ってるだろうと踏み、万が一の事もあるので下り開始。


IMGP9320_convert_20120814081030.jpg
(下り始め)




15分ほど下り、駒津峰への尾根に出たところで休んでいるモトヤマを発見。

なんでも、寝不足でしんどかったと。

山頂を踏めなかったことを相当に悔しがっていたけど、その時間から向かうにはあまりにも余裕がなさ過ぎるので断念し、翌日の仙丈ヶ岳に賭けることにしたモトヤマ。


下りながらもピークを振り返っては「絶対また来るぜ」とブツブツ呟いていたモトヤマ。

いつからこんなふうになってしまったんだろう。


IMGP9382_convert_20120814075819.jpg
(モトヤマ)




駒津峰まで下って振り返ると、一気にガスが晴れて、甲斐駒ケ岳の相変わらずのとんでもない全容が。


IMGP9392_convert_20120814075951.jpg
(駒津峰から)



本当に外観が凄いですこの山は。




飛ばしに飛ばし、約二時間で無事テント場に到着。



夕飯はパスタ。


噴きこぼれないよう、ジェットボイルではお湯だけ沸かして、







別のクッカーに移して茹でる。







ポツポツ雨が降ってきて翌朝の仙丈ヶ岳大丈夫かという感じだったし、寝不足だったけれど、すぐ隣に流れる沢でビールを冷やせる北沢峠ではそんなの関係ねえ。













翌朝4時に起きると、幸いにも雨は降っておらず。

これは行けるんちゃうかと。


テントを撤収し、5時過ぎに仙丈ヶ岳へ出発。


予定では北沢峠13時発のバスに乗ろうと。



2人ともよく寝たので調子よく、6時過ぎには6合目に到着。

かなりのハイペース。



ちょろいぜと思った矢先、大雨が降ってきた。

レインウェアのフードにバチバチと雨が当たって周りの音もロクに聞こえない。








もはや眺望は青色吐息。



こりゃ長居不要ということでさらに飛ばし、7時頃に小仙丈ヶ岳着。

この時点ですでに3000m近く、しかも尾根なので風もあり、体感温度はかなり低い。

やはり真夏でも3000m級に行くのであればレイン上下だけでは凌げない。



無心で歩き、というか半ば走り、8時に仙丈ヶ岳到着。







唯一撮った写真。  あまりにも過酷。


大雨の中、モトヤマがこっそりガッツポーズをしていたのを僕は見逃さなかったが。



山頂滞在時間は僅か30秒で、メダリストを注入して下山開始。



ほぼ走った。


走りつつも、小仙丈から仙丈の尾根下に広がるカールには感動します。

写真撮る余裕なかったけど。 まあまた来る。



前日の甲斐駒とも比にならないペースで下り、なんとバスの始発である9時半に北沢峠着。

コースタイム往復4時間半というスピードハイク。

もはや雷鳥。


体は汗と隙間から入った水でびしょ濡れ。

「ちょっと待った!」的にギリギリでバスに乗り込み、あっという間に北沢峠を後にした。


広河原で乗り継いだタクシーではなぜか冷房がガンガンで、濡れた体に直撃し、このまま死んじまうんじゃないかと思ったけど、11時前には芦安に到着。


北沢峠から芦安へは、まさに脱出という言葉がよく似合う。


タクシー降り場すぐに温泉があったので、間髪入れずに突入した。

水を得た魚。


でも少し坂を下ったとこの温泉のほうがいいかも。


帰りの車ではモトヤマが甲斐駒への未練かなぜか湘南の風の恋時雨を熱唱していたことを添えておく。


というわけで初の南アルプス奉行おわり。

北沢峠に行くまでに苦労はするけれど、それだけの価値はあります。

甲斐駒ケ岳も仙丈ヶ岳も、単体でみれば普通に健脚な人ならまず登れます。

南アルプス良いとこ一度はおいで。




おわり

日光白根山から 

2012.08.04

IMGP9260_convert_20120731104311.jpg
(弥陀ヶ池から日光白根山頂)



やってきた。

ブログを書いているヒマなどどこにもない8月が。

夏が来たら、山に行くにしてもできるだけ高い山に行っときたいというのが世論で。


この仕事をしていると、富士山という山のその恐ろしいほどの人気に、空いた口が塞がらない。

他にやることないのかと突っ込みたくなるくらい、誰もが富士山に行く。

成人の半数以上は歯周病だと言われているが、そんなのはウソで、成人の半数以上は富士山に行ってるんじゃないかと、僕は疑っている。

やはり標高が高いというのは、その意味をとくとくと説明するまでもなく魅力的なのか。


そんな行列必至の日本最高峰を横目に、僕らは今夏、まず関東最高峰に行ってきた。



IMGP9275_convert_20120731104206.jpg
(山頂より)



詳しい行程は書かないけれど、山頂直下の弥陀ヶ池から見上げるガスがかった日光白根山は完全に君臨しており、下りの縦走路で立ち寄れる五色沼は静けさの象徴。キングオブ静けさ。

綺麗なシカにも何頭か会えた。



誰でも100%山に行きたくなる、絵に描いたように楽しそうな一枚。

IMGP9282_convert_20120731104909.jpg
(楽しそうな仲間たち)



このあと全員で大雨に打たれて一気に体温下がってちょっと焦った。

風雨が起こると、山頂というのは概して逃げ場がない。


僕は特に身体が濡れてしまったので、大事をとってトレラン下山。

結果、弥陀ヶ池から菅沼駐車場まで僅か25分という驚異的な記録を叩き出した。

というわけで無事下山。


日光白根はピークを踏む達成感というよりも、池とシカ。


この世で短いものといえば人生と夏なので、間髪いれず今日も夜からモトヤマ君と南アルプスに行ってきます。

おそらく甲斐駒と仙丈です。

そっちはまた詳しく書きます。たぶん。



おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。