おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

北陸おわり 

2012.02.29

東京に帰還。


久々の東京はどこか素っ気なくて…なんてことを書くわけはなく、やはり生まれ育った土地である。

北陸の方から、人が多すぎて何がなんだか…と言われ続けた新宿が、恐ろしいほどに落ち着く。

北陸の方から、「シティーボーイだね」と言われ続け、その言葉が持つどこか根性の無さそうなイメージが嫌で否定していた二ヶ月間であったが、こんなゴミゴミしたところでホッと一息ついている僕は骨の髄までシティーボーイである可能性が…。

あれだけ山が好きだ田舎が好きだと言っておきながら、安息の地はやはりビル群なのか。


だがしかし、普段の生活拠点が都会だからこそ、週末にアウトドアに勤しむことが僕にとっての非日常になるわけで、山へ繰り出すモチベーションを生んでくれるのは他でもなく東京なのである。という考え方もある。



ということで帰ってきたわけだが、東京での次のステップに進む前に北陸で学んだことを書き留めておきたく。


あまり赤裸々には書けないが、僕が北陸でやらせて頂いたのは、いわゆる流通の業務。

読んで字の如く、モノやサービスが店頭や人に届くまでの流れを通すわけだが、営業しかしてこなかった僕にとって、流通業はこんなブログでは1%も表現できないほど奥深く広い。


これはあくまで一例であるが、とあるメーカーが、企画、製造したモノをダンボールに詰め、コンテナに積み、船で運び、港に着いたコンテナをトラックに載せて倉庫に運び、コンテナの中身を倉庫に下ろし、検品、品質管理をし、問題が無ければ保管をし、出荷指示に従ってピッキングをし、ダンボールに詰め、トラックに積み、ようやく末端に届く。


言うまでもなく、そのそれぞれの行程には数えきれないほどの人が介在している。

当たり前のことを書いているようだけど、その介在する人数や手間暇やコストは、少し想像するくらいじゃ分かりっこなく、全ての業務に携わらない限り、いつまでもたっても想像を絶するもんである。

僕ももちろん全ての業務に携わったわけではないが、比較的その流れを俯瞰できる場所にいたことで、少しは分かった気になりたい。

というか行かせてもらってたからには少しは分かってなければならぬ。


なにも流通に限った話ではなく、会社はその事業規模が拡大すればするほど、分業を余儀なくされる。

要するに役割分担をしなければ会社が展開する事業の全てを回すことは不可能。


例えば、経理があって人事があって営業があって企画があって…と。

分業が当たり前の世の中、みんながみんな全業務をこなすのはもちろん無理で、役割分担をして効率化を図るわけだが、そうすると、細分化された自分の所属する場所を中心にして会社が機能しているかのような錯覚に陥ることがある。

ずっと営業をしていた僕の場合、営業が中心にあって、その他部署がそれを取り巻くように存在しているかのような錯覚。

というか、そういう態度。

他部署をリスペクトしていない感じ。

営業で言えば、誰が仕事を取ってきてると思ってるんだ、というような。


どんな役割であろうと、これはサラリーマンならば誰もが一度は経験があると思う。

する側としても、される側としても。


もちろん会社は意思のある人間が集まっているわけだから誰もがまず自分を中心に据えて、関係部署や取引先やお客さんはココではない周りに存在するものとして関わっていくのは当然だけど、自分の仕事が成り立つのは想像を絶する数の人たちの存在があるからであり、分業をする以上、あちらを立てればこちらが…ということは起こり得ることであり、相手には相手を中心に回っている世界があり、相手にとったら自分がその相手の周りの一人に過ぎない。

それも、自分が想像している以上に。


というか夢中で仕事をしていると、想像することすらできないこともある。

そうやって会社の一体感は脆く崩れ去る。

いつの間にか、他部署が他社のようになり、自分の部署だけがその会社の全てになる。

同じ会社ならば、大雑把に言った目的はどの部署も同じはずなのに。


と、自分がそんな一大事の発端とならぬよう、常に想像以上の人たちの関わりによって自分の仕事が成り立っていて、だからこそ想像しまくることを忘れたらいけないってことと、僕は「間違えないように」仕事をするのが苦手だってことを再確認できた北陸生活。



雪道の車通勤も、無事故で終わって良かった。

正直何度もビビった。


そして、あー寒かった。

そして、なんで東京も雪やねん。

帰れども帰れども雪。



これからは東京で頑張ります。


仕事以外の北陸話は後日書けたら書く。


とりあえず悠くん、世話になりました。




おわり
スポンサーサイト

最後の七尾行き列車より 

2012.02.27


(日本海。iPhoneより)


これで何度目か、金沢から北への列車内。

なう。

いつも通り、なぜか座れない。


仕事のことは東京行きの電車でまとめて書くので置いといて、北陸生活も残すところ数日、最後の週末もヒマを持て余すことなく過ごすことができました。

なんだかんだ毎週のように誰かしらが遊びに来る北陸。

「遊びに行くよ」と「また来るよ」は誰もが言うが誰も行かないし来ないのが世の常。

しかし北陸はホントに行くし来る。


淋しいでしょ?と言われたことは数知れず、しかしこれは強がりではなく本当に淋しい思いはせず。

おかげさまで。

東京から直通の新幹線も通りそうだし、現代アートも流行っているし、宇宙兄弟も映画化するということで、これからの金沢および羽咋には大いに期待がかかる。


ここ最近は雪もほとんど降らず、風も穏やかで、この時期には珍しく晴れ間が覗き、冒頭の写真のように日本海に沈みゆくお日様の陽光をまったりと浴びることができる。

そんなわけで仕事で毎日いじくるダンボールによる乾燥と猛烈な寒さによる手荒れも治り。

その勢いで、ボサボサだった髪もちゃんと美容室で切り、美味しい魚をミスチルのHANABI的に言えば食いたくなったときの分まで食い、こっちで買い込んだスラダンも読み、心身ともにすこぶる調子が良い。

東京で全力を発揮する準備は万端である。



しかしまずはお世話になった部屋の掃除をしなければ。

お風呂のカーテン?ってどうやって洗うねん。

あと風呂あがったとこに置く足元の厚めのカーペット?みたいなやつ。



おわり

食べるための生 

2012.02.18


(石川県羽咋市 「きっちんモト」より)



いつの夕食だったか、オカンがこんなことを言ったことがある。

「人間は生きるために食べてるんじゃなくて、食べるために生きてるんだよなぁ。みつを。」と。

どんな食卓だよ。と。


みつを。はウソだが、実際そんな家庭で育った僕は相当にグルメである。

基本的に、美味しいものにお金の糸目は付けない。(いわゆる飲み会は除く。)

負けたくないものといえば、アウトドア、ミスチル、猫の写真、美味しいお店。

旅先でも出張先でも営業先でも、食べログのチェックは怠らない。

美味しいお店を探し、食べに行き、最終的に無理やり誰かを連れて行き、半ば強制的に共感してもらうことが明日への活力。


と、こんなふうに、飲食を生き甲斐のように捉えられるのは、なるほど確かに人間だけである。

人間以外の動物は、ただ生きるために食べている。

頭のキレる猿でも、麺固めで。とは言わないでしょう。


誰もが僕のように食べるために生きているかどうかは分からないが、多彩な味覚で飲食を楽しむことができるのは人間のこれ以上ない特権である。

「最後の晩餐」という絵画があるように、もはや飲食は生きることそのものを象徴しているような気さえしてきた。


実際、食事を楽しむための商業施設、いわゆる飲食店が、この世には数えきれないほど存在する。

僕の地元である東京の片田舎や、いま現在滞在している北陸の田舎町でさえ、「あそこは美味しい」的な話は必ず存在する。(冒頭の写真参照。)

きっと皆さんの地元にも何かしらあるはず。

かたや、パルコや109やハンズはそうはいかない。


やはり飲食こそ、どんな土地にも共通して強みがあり、必要であり、探せば必ず掘り出し物があるという、なんとも熱い分野である。

「美味しいものを食べてるときが一番幸せ」と言うのは実はホント。


旅行でもアウトドアでも、行き着く先はご当地グルメや山頂でのカップラーメン。

結局メシ。

もはや終わり良ければとかじゃなくてメシが良ければ全て良し。


僕のブログはやはり右向きな内容が多い。



おわり

朝ミスチル 

2012.02.08

こっちに来てから、毎朝15分間の車通勤。

当然、運転中は大好きな読書や携帯でのブログ執筆はできない。

ので必然的にBGMにこだわることになる。

よくある毎日○○分続けなさい的な話をするつもりはないが、毎朝の15分間のBGMというのはおそらく小さなことではない。

1ヶ月のうち出勤日が20日間だとして、朝音楽を聴くのはトータルで300分。

年換算すれば3600分にもなる。

実に60時間もの間、音楽を聴くことになるわけで、せっかくならば毎朝よいスタートが切れるような選曲をしたいと。


というわけで僕は毎朝出発の五分前には車に乗り込み、凍りついたフロントガラスを暖めて視界を確保するとともに、選曲に勤しんでいる。


行き着く先はもちろんミスチルなんだが、ミスチルというバンドは生老病死も喜怒哀楽も全部表現しちゃう奇跡のラインナップを有しているので、それはそれは選曲に悩む。

だが決めなければテンションは上げられないし、会社に遅刻する。

なので僕なりに選んだ最近の朝に聴きたいミスチルベスト3。(このランキングしょっちゅう変わる。)



第三位 “Wake me up!”

タイトルからして、まさにコテコテのモーニング娘。

「水平線がおひさまとキスしながら~」で始まるコテコテのモーニング娘。っぷり。

決して水平線がおひさまとキスする時間に出発するわけではないのが残念だが、朝の運転時にシャッフルでこの曲が流れて後悔することはまずないでしょう。

最後の「革命は起きない ありきたりの日々を 祈るように生きよう」ってとこで、今日も目の前の一日を頑張ろうとなること必至。



第二位 “SUNRISE”

またしても太陽が登ってきそうなタイトルだけど、曲調は全く違う。

イントロから「フェードアウトしていく優しいメロディー~」の静かな入りが朝の耳に心地よい。

スーッと入ってきて前日夜のビールとラーメンの重りが取れて細胞が活性化していく感じ。もはや意味不明ですね。

若干ネガティブな描写が多いが、無理矢理テンションを上げるタイプじゃない人にオススメ。

朝からかなり深いが。



第一位 “PADDLE”

やっぱミスチルの真骨頂ってこーゆう曲にこそあると思う。

切ないバラードも確かに神がかってるんだけど、アルバム買ったときにこーゆう曲見つけるとテンション上がる。

とってもシンプルで分かりやすい。

まさかミスチルから「行こうぜ」が出るとは思わなかった。

「フラスコ」と「化学変化」ってのもイメージしやすくて良い。

これまでの朝に何度聴いたことか。



どーでもいい人にはかなりどーでもいいとは思うが、このランキングですら相当悩んだ結果であり、ランク外だがいつ入ってきてもおかしくない曲として、“ラララ”と“ロードムービー”も捨てがたい。

ミスチルだけで、しかも朝だけでここまで書くのも結構な熱狂っぷりだが、ミスチルについて全般的に書こうとするとテーマが壮大すぎてとてもへなちょこブログではへなちょこすぎて対応できないのでとりあえず朝だけに絞って書いた。


そーいえば書くの忘れてたけど、前回の記事に感想を書いた「日本列島」の上映前に「僕等がいた」の予告編をやってて、主題歌がミスチルの新曲「祈り」だってのは知ってたんだが、意外にも最初のサビまできっちり流れたので感動しちゃって「日本列島」の本編が始まる前から泣きそうだった。てかたぶん泣いてた。

あんなわかりやすい高校生の恋愛ドラマには全く興味がなかったが、ミスチルの後ろ盾、しかも間違いなく名曲がバックアップするということで映画の質の5割り増しは確実なので観ざるを得ない。

ロボジーでは意外に押されてなかった吉高由里子主役だし。



というわけで参考までに。

明日の通勤からさっそく聴いてみてください。

そうすればその日はいい商談が取れるかも。



おわり

動物こそ神秘な話 

2012.02.05

初めてドキュメンタリー映画を観た。

公開翌日、「日本列島 いきものたちの物語」。


ひとつの作品についてのみブログで記事を書いたことは今までほとんどなかったけど、意外と?話題性に富む作品だったので書きたい。


僕はもともと結構な動物好きである。

のら猫の写真を撮るためにわざわざ江ノ島まで出かけたり、登山の前泊と称して夜の山道にシカやイノシシを探しに出かけたりする。それがメインだったりする。

テレビのチャンネルを意味もなく変えているとき、NHKで動物ネタのちょっとしたドキュメンタリーが流れていると思わずリモコンをいじる手が止まったりする。

好きなコントの第三位はパンダPの動物ネタである。(知らない方は今すぐYouTubeでチェック。ちなみに一位は下衆ヤバ夫、二位は栗井ムネ男。)

それに僕自身、顔がサルや柴犬に似ているとよく言われる。余計なお世話。


そんなわけで、今日の夕方までの空いた時間、街を歩くのも雪で億劫だし、どんなもんじゃいと映画館に足を運んだわけだ。


結論から言うと、ドキュメンタリーというジャンルがどうのこうのは僕は詳しく知らないが、動物の生態系に限りなく近づいた映像というのは非常に貴重で、映画館の大スクリーンで鑑賞する価値が大いにあるということは間違いない。


ここからは若干ネタバレになるが、冒頭でクマがシカを襲うシーンで、その迫力と動物界に判然と存在する生と死および弱肉強食の真理みたいなものが伝わるわけだが、大抵の場合それが動物ドキュメンタリーのキモなんだと思うし、もちろんこの作品も例外ではない。

人間を除く全ての動物はおそらく例外なく基本的に常々命がけで生きているし、つまり生きるために生きているまでであり、人間のように楽しむために生きるというような選択肢はない。(ただ今日明日を生きるのに精一杯な人間もたくさんいると思うけど、話が逸れるのでここでは触れません。)

当然のことながらどの動物もカメラに向かって「正直ダルいっすよー」とか「地球温暖化だけはまじ勘弁してよ人間さんよー」などと言うはずもない。


そんなふうにただ黙々と生と死を全うする動物の姿に人間は感動するわけであって、だからこそ動物ドキュメンタリーという映画が成り立つんだと思われる。

そんな壮絶な動物たちの物語はもちろんだが、それ以外にもこの作品には普通に生活していたら絶対に知ることはなかったパンダPのネタ顔負けの動物の秘密が。


ファインディング•ニモで一躍時の魚となったカクレクマノミ。

カクレクマノミはイソギンチャクの中で生息する。

そしてなんと、そのイソギンチャクの中で一番大きいのがメスで、二番目に大きいのがオスで、それ以外に性別は存在しない、つまりトップの2人でしか繁殖しないらしい。

要するに人間で例えるなら、至極全うに成長すれば全員が一度はオスになり、最終的にはメスになるという、もはや神秘の神秘による神秘のための政治だということである。

なんという切り替えの早さ。

どんなに尊敬できる上司からでも、「お前は明日からオスで、明後日からメスね。」と言われたら、「やってられないっすよ!」となるだろう。

たとえ彼女がいても、結婚秒読みだったとしても、「ごめん俺明日からメスだわ。」と言わなければならないのだ。

人間にはとても対応できない現実。

それを黙々と繰り返すカクレクマノミ。

全ては生を繋いでいくために。


と、こんなエピソード満載の映画です。

是非劇場で。


とにかく、はっきりとした四季があり、かつ国土に占める緑の割合が多い日本という国の自然は、アフリカの壮大な動物界にも匹敵する魅力を持っているんだと思われる。

まぁアフリカに行ったことはないが。



アウトドアを極めたい者として、動物は絡めたい。

登山、キャンプ、カヌー、自転車…とアウトドアスポーツの切り口は数えきれないほどあるが、僕はどの切り口で攻めるとしても動物を絡めたい。


動物こそ神秘なり。

動物バンザイ。

日本全国動物探しの旅に出たい。結構本気で。



おわり

スポーツメーカーの本社は関西に多い 

2012.02.02

最近気付いたんだけど、ミズノ、アシックス、デサント、モンベル、ロゴス、ファイントラックと、日本のスポーツメーカーの本社は、なぜか関西にあることが多い。


少し気になったので調べてみたら、やはり根拠が。

以下、ヤフー知恵袋、aikenmaryさんの回答抜粋。


「①スポーツが盛んなこと

昔はプロ野球は4つありました
ラグビーや社会人野球の全国大会は大阪であります
高校の硬式や軟式野球の全国大会は兵庫であります
昔はサッカーの高校全国大会も大阪でありました
高校駅伝は京都で開催されます
そのたのスポーツも全体的に強豪&盛んなのです


②地理的歴史的地場産業的要因

近畿は関東と比較して平地が少なく
町の中心から電車や車で30分ほど進めば山に出ます
すぐに木が手に入るのと
京都や奈良には神社が多く
むかしから木工の技術がありました
そのあたりからバッド生産に繋がっています

グローブやボールも近畿は牛食肉の一大産地&消費地で
そのあまりものの皮革産業が盛んでした

神戸の長田や大阪の生野では昔から履物が地場産業です
そこからスパイクやシューズが生まれました…(以下略)」



なるほど。

確かに甲子園と言えば関西。

全校高校サッカーが関西で開催されていたというのは関東人として少しショックだけど。

まぁ今年は市船優勝したしいっか。


そして何より、関東平野が広がる関東と違って関西は平地が少なく、すぐ山に出れるというのは実に納得。

東京都心からだと高尾山や丹沢ですら30分だとキツい。

長野を中心としたアルプスも、登山口が東西南北にあることを考えれば関東からでも関西からでも変わらないのかも。


関東人と関西人の人柄の違いなんかも関係しているのでしょうか。


実にマズい。マズすぎる。

もしかしたら、東京よりも大阪がスポーツ先進都道府県だったなんて。


なぜなら僕は当面、東京都心からアウトドアスポーツの魅力を伝えてく責務を背負うことになるからだ。

仕事として。


当然、僕が日々接するのは地理的事情により関東圏の山々や川々や海々を目指す方々であり、大袈裟に言えば僕はその船頭を務めるべき立場で。


というわけで、いつかスポーツメーカーの本社が東京に来るように、というかそのくらいの意気込みで、僕はまず東京から頑張ろうと。


とその前に。

まずは北陸で頑張らねば。


寒い。吹雪なう。



おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR