おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

記録的1月 

2012.01.31

今年も一ヶ月おわり。

毎月思うんだけど、なんで月末になるとブログ書かなきゃと思うんだろう…。

無意識のうちに一ヶ月をまとめたいのか振り返りたいのか何なのか。

別に一ヶ月単位で生活が進んでいくわけではないのに。

意味もなく大きし暦の影響力。


なんだけどまだまだ何かを成し遂げたわけではないので振り返るつもりはさらさら無いが、世間は雪のニュース一色。


この数日間、北陸は記録的豪雪に見舞われるらしい。

雪の降るメカニズムを詳しくは知らないが、北海道よりも降るらしい。

記録的豪雨とか記録的猛暑とか、記録的なんちゃらってのがなんだかんだ毎年ある気がするのは僕だけでしょうか。

そんなにも様々なカテゴリーで毎年記録を更新していたら、この世はとんでもないことになっちゃう気がするんだが。



それはさておき、ただひとつ言えるのは、雪道の運転にもだいぶ慣れてきたってことで。


こっちの人に頂いたアドバイスは二つ。


スピードを出さないことと、できるだけブレーキを踏まないこと。


よく考えたら、これって別に雪の有る無しに関係なく運転の基本のキで、教習所で散々言われていたことのような。

やはり何事も基本が大事だと。

こーゆう季節だからこそ立ち返れと。


こうも雪が多いと、どうしても雪をネガティブに捉えるニュースが多くなる。

積雪○○センチで大変だよヤバイよと。

たしかに雪の影響による事故が絶えないのは事実で、注意喚起は絶対に必要だが、雪によるメリットもある。


まず、音楽が映える。

ゆずの「しんしん」なら三割増し。

ミスチルの「HERO」に至っては五割は乗る。

コアな人なら、長渕剛の「僕だけのメリークリスマス」が響きすぎるのも頷けるでしょう。

ちなみに他のクリスマスソングに迎合した悲しいラブソングではなく、母子家庭を子供の目線で表現した名曲です。雪の日に是非どうぞ。記録的名曲。


東京と違って乾燥はそれほどでもないが、仕事で毎日数えきれないほどのダンボールに触れているので水分を吸い取られるのか、例年よりも手荒れがヒドい。記録的に。

そんなわけで今日は人生で初めてハンドクリームを買った。これも記録的。

あれ買うときってちょっぴり恥ずかしいのね。

中学生のときに初めて古本屋で「I’s」を買ったあの夜を思い出す。



いやーしかし昨日のマンデーフットボールやばかった。

香川の活躍もさることながら、イブラヒモビッチやばすぎ。記録的にやばすぎ。

なにあれ。



おわり
スポンサーサイト

北陸野球部 

2012.01.27

北陸に来て1ヶ月。

金曜日の夜ということで、雪の降りしきる駅で金沢行きの電車を待っていると、学ランの上から野球部のジャージを着た地元の高校生が大勢やってくる。

この寒いのに、当然のごとく全員坊主頭である。

もはや見慣れた光景だが、今日は彼らの会話が気になったので書く。


「明日も練習かよー。」

「先輩はいいじゃないすか。おれらは引退まであと二年もありますよ。」

「こないだの県大会は勝ちたかったけどね。あ、でも勝っちゃったら部活もっと長引いてたか。」

「たしかに。」

「俺こないだ部活休むために漢検受けたよ。」

「まじで?それ俺も使お。」

「さみー。早く電車こいよ。」


なんとも悲しい会話に聴こえるかもしれないが、ずっと部活をやってきた人間ならば、程度の差こそあれ共感するところはあるでしょう。

部活をダルいと思うことに。

練習が中止になってガッツポーズを取ったことがある人も多いでしょう。

僕は小学生の頃にやっていたような気がします。



北陸の彼らに話を戻すと。

増してやこのハンパない雪と、0℃を割り込む寒さである。

そこに来て部活帰りの駅のホームでの待機の服装は北陸の寒さなど凌げるはずもない学ランである。

さらに電車は一時間に一本。

愚痴のひとつやふたつは許されたい。


部活をダルいと思うことがあるのは、至極真っ当なことだ。

自ら選んだ道ではあるが、仕事と同じく、強制力があるから。

監督やチームメイトなど誰かしらから、部活をサボることに対して非難を浴びることが約束されているから。

だからサボりたくなる。

これ人間の心理なり。


いつも思うんだけど、部活っていいなぁと心の底から思うのは、部活動が終わった瞬間であり、そこから年を重ねるに連れてその気持ちは逓増していく。

たったいま同じ車両で愚痴っている北陸の野球部員たちも、必ずや「あの頃は良かった。」と思う日が来る。

「あんな環境もう無いんだな。」と。


でも、よくあることだが、それをOBがどんなに説明したところで、現役には絶対に伝わらない。

残念ながら。


なぜなら、百聞は一見に如かずであり、失って初めて気付くものであり、思い出は美化されるからだ。

これも人間の心理なり。


というわけで、限りなく輝かしい思い出になるように、糧になるように、一生の仲間ができるように、愚痴りながらも頑張ってくださいと思った次第である。

そうすれば高校を卒業して大学に進学して髪伸ばして茶髪にした頃に、ハッと気付く瞬間が来る。

たぶん。



金沢着きそう。

高校生すでに全員降りてる。

明日も部活頑張って。

雪だけど。


僕は飲み。



おわり

氷見から羽咋のいい話 

2012.01.22


(寝床の隣に住んでいる犬。ツンデレ。)


今日は、住まいである羽咋(はくい)から少し足を延ばして隣町かつ隣県の富山県は氷見へ。

この時期の北陸とは思えないほど長い晴れ間。

雪もほぼ無い。

そして、国道の電光掲示板にはなんと気温15℃の表示が。

明日は一気に下がって、最高気温3℃らしい。

なんてツイているんだろう。

北陸は寒くて暗いだなんて、誰が言ったんだろう。


シャッフルBGMは、エブリシングから始まるという粋なFM。(もちろんミーシャのロングセラーではなくイッツユーの方です。)

あの頃のミスチルのキザな歌い方が良い。

ニシエヒガシエ、終わりなき旅らへんの。


目的地は、氷見で爆発的に有名な「きときと寿司」で、目的はブリ三種盛。


氷見には30分ほどで着く。

富山側へ山を越える頃には、遥か前方にアルプス連峰が見えてくるのでヨダレが出そうになるが、あまり見入ると事故るので注意。


きときと寿司には開店前に着いたが、すでに馬鹿デカイ駐車場の半分は埋まっていた。


運良く並ばずに店内に入り、さっそくブリ三種を。

珍しく写真を撮り忘れた。

旨いとか新鮮とか最高とか蒼井優かわいいとかは言うまでもないので、HPをチェックして是非いってみてください。

http://kitokito.jp/



食事のあとは、氷見のもう一つの名物である温泉へ。


iPhoneを駆使して出てきたいくつかの温泉の中で、唯一その名称に惹かれたのがココ。





その名も、「いそっぷ」。

磯波風と書いて、いそっぷ。


そのスベっている名称とは裏腹に、館内には爆発的な数の宿泊客がおり、露天風呂からは氷見湾に浮かぶ雄大なアルプス連峰が望める。

これで500円だなんて。

恐るべしワンコイン時代。



見えますかね、奥に薄っすらとアルプス。

パソコンがないのでiPhoneクオリティの写真しかあげられず。


(氷見湾より)


休憩スペースであずきバーを食べながら新聞をちょびっと読み、羽咋に向けて出発。


途中、のどかな田んぼ道を走っていると、「ランドネ」とか「自休自足」の女子読者が好きそうな超ナチュラルテイストのパン屋が。


粒々(つぶつぶ)という名前らしい。

田んぼ道にポツンと木目調の店を構える。


これまた写メを撮り忘れたが、米粉を使ったパンなどがあり、イートインもできるし、オシャレ女子なら確実に喜ぶと思うので是非。

食べログより→
http://s.tabelog.com/toyama/A1604/A160402/16001551/



パンをかじりながら、石川県側へ山を越える際に寄ろうと思っていた碁石ヶ峰へ。

石川と富山を跨ぐ小さな山だが、雪が溶けてたので車でほぼ山頂まで行けたし、石川側の日本海と、富山側のアルプスが一望できる。



(石川県側。)


晴れが多い夏に来るのがいいかも。



そして勢いあまった僕は、ついに帰着地である羽咋にまで手を出した。


言わずとしれた観光名所、千里浜なぎさドライブウェイ。





砂浜を車で走れることで有名なこの場所は、夕暮れ時になるとカップルばかりなので決して一人で行ってはいけない。


がしかし、この写メを撮影後に荒れた砂浜に車のタイヤがハマり、一人でテンパっていると、近くでイチャイチャしていたカップルが一緒に車を押してくれた。

ホントありがとうと言うことと、邪魔してホントごめんということと、僻んでごめんということを伝えた。

お幸せに。



そしてついに。

宇宙兄弟を読んでいなかったら絶対に行かなかったであろう、羽咋で最も有名な場所、コスモアイル(宇宙科学博物館)へ。





コスモアイルはNASAの特別協力施設で、侮るなかれ、中身は結構本格的であった。


入り口には、なんと月面車が。



(パンフレットより)


宇宙兄弟を読んでる人なら、バギーだ!!と、興奮すること間違いなしだろう。


そもそも、江戸時代からUFO目撃談があるこの羽咋というところは、「UFOの街 羽咋市」と言われているらしい。


なんでも、この街では、極寒のこの季節でさえ一晩中外でUFOの出現を待って空を眺め続けたために風邪をひいて会社を休む人が続出し、一種の社会問題にまでなったという。


というのはウソだが、羽咋市の案内パンフレットにはこんなものが。







そしてもうひとつ。




こっちはだいぶ苦しい。

ナルトだけやん…。



というわけで氷見と羽咋、どちらも見所満載なのでさっさと北陸に遊びに来てください。


iPhoneでここまで長い旅日記を書いたのは初めて。

指いたい。



おわり

クラシコと日本の授業 

2012.01.20

クラシコのニュース多くていい。


メッシのパス云々はどーでもいいけど、アビダルのオフサイドぎりぎり絶妙のポジショニングから生まれた逆転弾を観て、ひとつ思ったことが。


メッシからパスが出た瞬間のレアルDF陣の副審に対する一斉挙手。

オフサイドぎりぎりのゴールシーンでは当たり前の光景だが、日本の学校の授業でも是非あんな光景を見てみたいと。


授業中、先生の投げかけに対して、生徒はソワソワごにょごにょして押し黙ると言われているパッシブでパッシブな日本の授業。

そのうち、「じゃー出席番号順だ!まずはアイダだ!」とか、「今日は○日だから出席番号が○番のタムラ!」とか、「いま目が合ったからエンドウ、いこーか。」とか、「じゃーなんとなくコバヤシ!」とか、そんなわけのわからない理屈で強制的に発言させられるのが大体のオチだ。

そしてその指された生徒が答えられないと、大抵の場合、「じゃあ隣の席のナカムラ!助けてやれ。」と、これまた意味不明な理屈で授業は進行していく。

パッシブな日本の授業は、ますますパッシブになっていく。


もちろん、自ら受け身のスタンスを取り、授業の内容を取りこぼすことなく吸収していく生徒もいるだろう。

しかし、そーゆう意思がない限り、受け身で受講する授業やセミナーや研修には何の価値もない。

そんなことをしているくらいなら、尾崎豊よろしく、支配からの卒業をして、自分がやりたいことに時間を割くのが得策だ。


そして、そんな意味のない授業を展開するのなら、まずは教室のスクリーンでクラシコを流したほうがいいだろう。


メッシからアビダルに渡った瞬間のレアルDF陣の一斉挙手を。

逆転を許すまいと、無意識にピーンと挙手をして、必死に副審に抗議する様を。

大人気講師や、就活で説明会に出てくる社長の講義の質問タイムに例えるなら、俺を指してくれ!俺はここだ!と言わんばかりの必死な挙手を。


積極性とはこーゆうことなのだよ、と。

こーゆう姿勢こそが未来を変えるんだよ、と。


「世界一受けたい授業」という番組があるが、僕が受けたいのはそんな授業である。



それにしても、プジョルの同点ダイビングヘッドやばすぎ。

あの低い位置から体を投げだしてジャストミートさせるあたり、一流すぎ。

クリロナの動き出しも速かったけど、あの試合のNo.1ゴールは絶対プジョル。

かっこよすぎ。

髪は切って欲しいけど。



おわり。

マウンテンパーカ論 

2012.01.15


(金沢でアウトドアファッション界をリードする後輩)


評価されるべき物事や人が評価されていないとか、評価されている意味が分からない物事や人が評価されているとか、本質に関係なく表面的な部分だけで流行っている物事や人とか、世の中には人それぞれ許せないことがたくさんあると思う。

たとえば、高校サッカーはお涙頂戴でスポットライトを当てるくせに、どう考えても同じく熱くて面白いであろう大学サッカーがほとんどメディアに出ないとか、個人的に日本史上最高のドラマ『北の国から』がちゃんと観てない人に「不幸続きで暗いドラマ」と切り捨てられたりとか、AKBもいいけど蒼井優もいいだろうとか、僕にもそーゆうのはたくさんあるわけだけど、僕が最も許せない、というか見逃せないのは、マウンテンパーカの流行り方だ。


というわけで唐突に始まりましたが、マウンテンパーカについて少し。


アウトドアファッションをかじったことがある人なら誰もが一着は持っていそうな服であるマウンテンパーカ。

アウトドアファッションの王道であり、キングオブアウトドアファッションである。

特にこの季節になると街でノー○フェイスやパタ○ニアのマウンテンパーカを見ない日はないでしょう。

マウンテンパーカを着ることが、アウトドアファッションに目覚めた高校生や大学生のステータスのひとつになっている気さえする。


僕も普段はアウトドアウェアばっかり着るし、そーゆう格好が好きだからイイことだとは思うんだけど、流行り方が違う気がしてならない。

具体的には、ファッション性のみで流行っていることが許せない。


いやまぁ、僕もマウンテンパーカはカッコいいと思うし、かわいいと思うし、ファッションとして選んでいる部分は大いにあるし、むしろかつてはそれが全てだったんだけど、僕が言いたいのは、それだけで選ぶにはあまりにも勿体ないジャンルだってことで。

だってカッコいい悪いの概念以外のマウンテンパーカのイメージって、「結構いい値段する」ってのと、「あったかそう」くらいなものでしょう。


それでいて一着4~5万なんてザラだし、それを着ている学生がウヨウヨいることが僕には不思議でならない。

まぁ、それだけの金額を出しても余りあるファッション的価値を本人が見出しているなら何も言うことはないが、マウンテンパーカの作り手の意図がイマイチ浸透してない気がする。

そもそも、その名のとおり山という過酷な環境下での行動着として開発されたのがマウンテンパーカであり、それがタウンユースとして流行ったのは素晴らしいことだけど、その本来の価値を見落とすのはどう考えても勿体ない。


それは、やはり機能美。

少し主観的になるが、機能を見ずして、マウンテンパーカを着るなかれ。

いや買うなかれ。

高い買い物なのだから。


高いマウンテンパーカには、必ず高いなりの理由がある。

素材と、細部へのこだわり。


薄っぺらいナイロン地のマウンテンパーカですら、上述の有名どこのブランドであれば1~2万は下らない。

ゴアテックスのタグが付いていれば、もっと跳ね上がるでしょう。


よくあるのが、ゴアテックスという文字を見て、「これはゴアテックスだから防風性が高い。だから温かい。だから高い。」というイメージを持つこと。

ゴアテックスは防水かつ蒸れを発散するという防水透湿性素材の代表格であり、必ずしもゴアテックス=防風ではない。

しかし、「かっこいいし、ゴアテックスで温かそうだからコレにしよう。」が横行している気がしてならない。

また、雨に濡れるシーンで、その保温力につられて雨に弱いダウンを着てしまったりと、アウトドアウェアがファッション性ありきで流行っているのは一目瞭然。


他にも、用途ごとに各社が独自で開発している繊維だったり、ファスナー部分にシームテープ処理が施されてたりなかったりと、購入前に検討すべき要素はたくさんある。


いやまぁ何度も書くけどカタチやデザインだけで本人が費用対効果をしっかりと感じているならそれでいい。

でも、これほど勿体ないこともなかなかないかと。


手に取るキッカケは見た目でもいい。

ただ、お金のかかるマウンテンパーカだからこそ、流行っているからこそ、使用シーンをしっかりとイメージして、その上で素材を見て、細部の作りを見て、コストを比較検討して、自分にとって最良の一着を手に入れたいものである。

と、いろいろ書いたけどやっぱり僕にとっても最大の魅力はあのカタチです、マウンテンパーカは。


マウンテンパーカに幸あれ。



おわり

社会人は個サルから 

2012.01.11

澤の日本人初のバロンドール受賞やメッシの三年連続バロンドール受賞など事後の表彰よりも高校サッカーやミスチルベスト発売決定のほうが個人的には勇気とやる気をもたらしてくれる昨今、僕自身はしばらくボールを蹴れてない。

社会人になってから、これだけ長い期間ボールを蹴ってないのはおそらく初めて。(とは言っても2週間ほどだが)


もともと使い物にならないのに、ますます使い物にならない。

もはや焦りしかない。


プロでもない限り、社会人になったあとに自分の求めるレベルでボールを蹴れるかどうかは自発的な環境探しとタイムマネジメントと経済的事情が全ての鍵を握る。

学生時代の部活のように、半強制的にサッカーに没頭できる環境はないし、お金を貰っている以上仕事こそが何よりも優先すべき事項であるし、無料で使える校庭などはもはや遠い過去の夢物語だからだ。


だから、昔は練習が嫌だったことすらあったのに、今ではサッカーが一種の贅沢品になってる。

たまーに買うブランド品と同じように。

ずっと続けてきて、かつ一番好きなスポーツなのに。


そもそもなんで日本は社会人になると金払わないとサッカーができないんだろう…。

だから勝てないんだよ世界で。



ってのは言い訳なので何とかしなきゃならない。

というわけで今週末は在住中の県で唯一の都市に出向いて個サルに参加します。

アオキングくらいのレベルだとありがたい。

山好きがいたらなお良い。


楽しみすぎて泣きそう。



おわり

北の国から 

2012.01.08


(北陸に転勤中の後輩。iPhoneより。)


北海道の人に怒られそうなタイトルだけど、「北の国から」は24回連続ドラマからラストの「遺言」まで何度も見返しているし、セリフもミスチルの歌詞と同じくらい覚えているほど好きなので悪しからず。


さて。

北陸生活も気付けば二週目へ。


晴れ間がほとんど無いというこの季節の北陸は、確かにどこかドンヨリしているが、迎えてくれる人たちは、トンガかどっかの南の国のそれよりも温かい。


よそ者が訪れる地域について抱く印象を形成するのは、土地でも気候でもサグラダファミリアでもなく、やはり人だ。

振り返る思い出も、タージマハルばりのインパクトがない限り、ほとんど人に絡むことだ。


だから、現地の人に「一番寒くて厳しい時期にこっちに来たねえ」と言われる僕にとっての北陸は、雪が降ろうがヒョウが降ろうが、暖かいのである。



というのは大いにウソで、寒すぎ。

道路凍ってるやんけ。

あぶねー。




おわり

のぞみ(完) 

2012.01.03

あけましておめでとうございます。

結局面倒くさくなってブログの名前変えず。

引き続きネーミング募集します。



で、今日は晴れて無事に新幹線のぞみネタの完結編を迎えることができました。


アウトドア業界への門出のために大阪へ。

これこそまさに新幹線のぞみ。

「のぞみ」の名付け親もこーゆうヤツを乗せたかったに違いない。


昨日高校サッカー観に行って、モチベーションは十分に上げた。

清商強し。

風間フリーキック半端ない。

玉際も半端ない。

高校サッカーこそ、青春の象徴。

清商vs市船も観に行きたかったけど、僕はアウトドアで、良いモノと正しい知識と役立つ知恵と、それから楽しさを啓蒙できるようコツコツコツコツやるしかない。


大阪滞在は明日までで、すぐに北陸に飛びます。

次回は北陸から。



おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR