おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殿様でも物乞いでもなく 

2011.09.29

どうやら登山とサッカーとミスチルだけが取り柄のサルだと思われている傾向にあるので、今日は久々に仕事の話でピリッと。


具体的には書けないけれど、今月は、何か月も前から蒔き続けてきた種がようやく花を咲かせたような、そんな月で。

仕掛けて仕掛けて仕掛けてようやくハマった。みたいな。

テレアポしまくって100件目でようやくアポが取れた。みたいな。

たくさんの曲を世に配信し続けて、ようやく「Cross Road」がヒットした。みたいな。
そして「イノセントワールド」で爆発した。みたいなね。


というわけでいつも通り前置きが長くなったけれど、一般に営業職といわれる枠組みの中でも僕の仕事は様々な企業を通じた間接営業になるので基本的には担当企業、もっと言えば担当企業の経営者の方と人間関係を構築することが最大の責務。というかそれで仕事の全てが決まる。


じゃーなにかと。

今月アンタはそのナリで数多くの経営者の方の信頼を勝ち取ったのかいと、そーゆう話になるわけだけど、残念ながらそんなわけはなくて、そーゆうスケールで話をしたらちょっとした成果でも、自分の中では大きな手応えがあったという話で。

涙が出るくらい抽象的な文章になってきたけれど、とにかくここ最近の自分の仕事を振り返ってみて思ったことがあるのでそれを書いておきたい。


それは、自分の仕事に成果をもたらしてくれる相手、いわゆるお客さんとか取引先と「対等」な関係を築くと上手くいくってこと。

それは別に友達になるとかそーゆうことではなく、あくまでもビジネスなので、利害関係が対等であるってことで。


殿様営業でもなく、下手に出る営業でもなく、お互いが限りなく50:50に近いところで「この人と関わっていればイイことがある」と思えるようなそんな関係を築くと。


いやいや売り手と買い手が対等なんてことは有り得ないでしょ。お客さんが上でしょ。営業を受ける側が上でしょ。という意見もあるだろうけど、僕は違うと思う。

コンビニでビール一本買うにしたって、お客さんはその対価を支払うことに納得して店員にレジでお金を払うのであって、そこに上も下もないでしょう。

もしお客さんのほうが偉いのならば、もっと安くしろと言うはずだし、ビール一本の値段に納得しないのなら、こんなの対等じゃないと思うのなら、買わなければいい話で。

でもみんな値切らずに買うでしょ、ビール。

しかも自分からわざわざ足を運んで。

コンビニの店員に一方的にビール一本を売りつけられたことがありますか。

僕はありません。


コンビニの店員さんは言います。「ありがとうございました、またお越しください」と。

買う側はもちろんそんなことは言わないけれど、家に近いコンビニでビールを買えるという状況に対して「ありがたい」とは思うでしょう。


つまり、そこにあるのは至極対等な関係だけで、立場が上な客と立場が下な店員という構図は存在しない。


もっと極端な例を出せば、iPhoneなんかがそう。

発売と同時にお客さんは我先にと家電量販店に行列を作る。

機種代5万もする商品を求めて。


それをアップル社にお願いされましたか。

頼みますから買ってください神様仏様お客様と。


アップル社はお客さんがお金を出す価値があるものを試行錯誤して費用をかけて作り出す。そして宣伝する。

お客さんはそれを求めて対価を払う。

それをアップル社は受け取る。

これを対等と呼ばずして、なんと呼ぶんでしょう。


たとえが少し長くなったけど、要するに言いたかったのは、対顧客、対取引先との間で対等な関係ができたときに初めて自然な売買、自然な取り引きが生まれるってことで。

どっちが偉いとか、そんなレベルの活動では、成果は見込めない。


確かに日本の法律は、お金を払う側を保護するものが多い。

消費者契約法、クーリングオフ制度、金融商品取引法・・・と数えればキリがないけれど、それも全部ひっくるめて、自分から○○を買えば、もしくは自分と手を組めば、メリットがありますよ、と。そしてそれは僕も同じです、と。

買ってくれてありがとう。いやいや売ってくれてありがとう。と


そーなったとき、営業マンの命である「数字」は自ずと付いてくる。たぶん。


とはいっても、企業経営者を相手にする僕にとって、自分と相手の利害を一致させるというのは簡単なことじゃない。

なんせイチ企業の経営に携わる者と、営業経験3年弱のサルだ。

当然だけど、ただの「お願い」になっていることが往々にしてある。


それをいかに対等にもっていくか。

それはもう、焦らずにコツコツと積み上げていくしかないわけで。



その成果が少しだけ見えたのが今月というわけです。

継続できるかね。




おわり
スポンサーサイト

物が好きな話 

2011.09.20

IMGP8508_convert_20110920203904.jpg
(ついに購入したテナヤブーツ。モンベルより。)


僕は物が好きなタイプではないし、物持ちが良いほうでもない。


例えばサッカーのスパイクならパラメヒコじゃなきゃダメだとか、モレリアしか買わないとか、そういったことがまずない。

このブログを書いているパソコンだって、当時一番お手頃だったDELLのノートパソコン。

キーボードにビールをこぼしたことは数知れず、物を大事にできないタイプの典型。

iPhoneは表面のガラスがとんでもない割れ方をしたまま使っている。使えるから。

先日、ダイビングの資格取得の際に、ダイビングショップの店員の方に「僕は物が好きだから全部ウチのブランドでとりあえずイイ機材を揃えましたよ。やっぱり使い勝手がいいし、楽しいですよ。へなちょこさんもどうですか?」というような営業を受けたが、僕の反応は恐ろしいくらいに冷めきっていた。


とまぁ要するにそういうことなんだけど、ここ数年で例外がひとつだけ生まれたのでその報告をするに至った次第で。


その例外というのは言うまでもなく、アウトドア用品。


ここ数年、僕がアウトドア用品の購入にかけた費用は、他のどんな費用にも勝る。

そしてそれを後悔したことは一度もない。


使用時のイメージングを怠ることなく、各ブランドを徹底的に比較し、納得のいくものを集めていく。

そんな買い物が楽しいとさえ思ってる。

初めての感覚。

そしてちゃんと頻繁に使ってる。


そんな過程の中で、自信を持って一番好きだと言えるブランドができたり。

そしてそれを人様に語りたがる自分が気持ち悪くも悪くないと思ったり。

競合の激しいメーカーに勤めていて、自社ブランドがいかに良いかを延々と語る大学の同期の気持ちが少し分かる気がしたり。

それを羨ましいと思ったり。


当たり前のことだけど、やっぱり「これが好き」という気持ちはあらゆる利害感情を凌駕する何よりも健全で強力な感情だと確信を持って言える。


どんなに頭がキレても、自分より「それ」が好きなヤツには「それ」を土俵にしたら絶対に勝てない。




というわけで引き続き募集します。

誰か10/1(土)にモンベルフレンドフェアに遊びに行きましょう。

絶対楽しいよ。



おわり

大沼キャンプ録 

2011.09.12

IMGP8490_convert_20110912204819.jpg
(赤城大沼より。アウトドアを愛する仲間たち。)


週末は赤城山頂の大沼で宿泊。

赤城山は2度目だけど、完全に近くていい山に認定されました。

できるだけ荷物を軽くすることに注力しなければならない長距離縦走とは違って車で湖を湛える山頂まで行けるし、都内からもほど近い。

今回は天気にも恵まれた。



と思いきや夕刻からガスが立ち込めてしまったけれど、十分に楽しむことができました。



IMGP8496_convert_20110912205204.jpg


夜はいつも通りテントを張ってウノしながら酒盛り。


こうしていろんなシチュエーションを山で過ごしていると、居酒屋のお通し代とかがホントにくだらなく思えてくる。

やっぱり自分たちで場を作る楽しさがアウトドアの醍醐味で。

外でなら、やりたいことが多すぎる。



IMGP8509_convert_20110912221136.jpg


サプライズで山岳用のソックスをプレゼントして頂きました。ありがとう。



気温も丁度よく、スーパースパイラルでぐっすり眠ったあとは、朝日。


と思いきや朝も完全に天気が崩れてしまったので、しっとりと朝食。

IMGP8504_convert_20110912210203.jpg



アウトドアでは何かと女子のほうが絵になる気がするのはなぜでしょうか。



というわけで相変わらず充実した週末でした。



来週は念願の立山黒部。




おわり

読書レビュー 

2011.09.07

僕は重度のアウトドア症候群だけれど、インドアな趣味として読書だけは欠かさない。

最近も月に5~6冊のペースで本を読んでいるんだけど、このペースだと定期的なレビューが追っつかない。

なので面白いと思ったものをいくつかまとめて。

一冊でも刺さるものがあったら嬉しいです。

全部買って持ってるので遠慮なく連絡ください。


ところで、なんで仕事をしていると本が読みたくなるんだろう…。

別に物思いに耽るタイプではないんだが。





大好きな垣根涼介のサスペンス小説の代表格。

映画化しているので知っている方もいると思うけど、主人公アキのキレ者っぷりは圧巻。

法の網にかからない範囲の仕事が多いので、妙にリアルだし、どこか親近感すら感じるのです。この人のサスペンスは。

ちなみに、僕は決してサスペンス小説が好きではありません。

でも、垣根涼介のは好きです。


そうです。創意工夫して調理されたピーマンを食べて、「わたし実はピーマンが苦手なんですけど、このピーマンなら食べれます!全然ピーマンっぽくないです!」っていうアレです。

続編の「ギャングスターレッスン」も是非。






皆さんご存知の「下町ロケット」でいま最も波に乗っている作家、池井戸潤の代名詞である銀行シリーズ。

の中で一番面白いのがコレだと思う。


会社で仕事をしていく上で必ず付きまとう「コレおかしいんじゃない?」という気付きを、どんどん進言していくか、見て見ぬフリをして事なかれ主義に徹するか。

然るべき相手に苦言を呈するか、感情を押し殺して都合よく媚を売るか。

つまり、変革か、保身か。

そんなサラリーマンの永遠のテーマをこれでもかというほどに問う。

銀行の話である以前に、というか銀行の話という枠を超越した次元で。


「基本は性善説。でも、やられたら、倍返し。」

かっこいー。






そして、最近のイチ押しがコレ。

というか今読んでる途中。

ちなみに上下巻。


重松清といえば家族愛というイメージだったけれど、ヒナゴンは異色の作品だと思う。

ある町が地方行政として、ヒナゴンという未確認生物を探す物語。

その異色さに惹かれて買ったけど、これが面白い。

本気でヒナゴンの存在を信じる者、半信半疑だけど面白半分で捜索に参加する者、全く信じてないけれど仕事だから仕方なく参加する者…様々いるわけだけど、同じ方向を向いているのは確かで、ヒナゴンそのものに意味があるわけじゃなくて、やはり共通の目標を定める意味はその過程が輝くことと結束することにあるというのがよくわかるというか。

気付けばヒナゴンの存在を信じてやまない自分がそこにいるでしょう。

見つかるといいねヒナゴン。



他にも紹介したい本がありすぎるけどこのへんで。

どれかひとつでも興味を持った方には出張貸し出しサービスも実施しております。


やっぱり本はいい。

あそこまで楽しめて、文庫本ならわずか600円程度。

本ほどコストパフォーマンスの高いインドアな娯楽ってない気がするけど。




おわり

ガーデンアイランド 

2011.09.04

IMGP8481_convert_20110904131606.jpg
(スノーピーク 玉川高島屋SCガーデンアイランド)


昨日は台風ということもあって、珍しくインドアな休日を。

とはいっても前々から車を借りてしまっていたので、家にいたわけではなく、心ゆくまでアウトドア専門店周遊の旅を。


まず、最近注目の三井アウトレットパーク多摩南大沢のモンベルへ向かい、連れにモンベルとアウトドアの魅力を散々言って聞かせたあと、テンションも最高潮に達した午後からはずっと狙っていた玉川高島屋SCガーデンアイランドへ。

緑多き二子玉川の高台にひっそりと佇む商業施設で、冒頭の写真に載せた日本発のアウトドアブランドで社名の由来が谷川岳山頂の雪化粧という「スノーピーク」の数少ない直営店や、好日山荘、Y'sロードなど、アウトドア好きにはたまらないテナントラインナップ。

その静かな立地もあいまって、丸一日過ごしてもいいんじゃないかというくらい居心地が良い。

二子玉川という土地柄よろしく、客層も落ち着いているし。


僕はそんなに買い物が好きなタイプではないけれど、雨が降った日くらいはこーゆう過ごし方も悪くない。

また行きたい。



誰か10/1(土)のモンベルフレンドフェア一緒に行きませんか。 横浜。



今日はこれからボルダリング。




おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳



現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。