おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風呂論 

2010.09.28

IMGP6338_convert_20100928224649.jpg
(「のぼり湯」東小金井駅近く)


だいぶ涼しくなってきて、温泉、銭湯の需要が高まってきているザックジャパン。


僕は、一応は国家資格である総合旅行業務取扱管理者という資格を持っているんだけど、その試験問題の分野の1つに「国内地理」というものがある。

その内容はと言えば、それはそれはひたすらに日本の温泉の名称や場所を問うものである。


試験直前、図書館にこもって馬鹿のひとつ覚えみたいに温泉地を暗記したあの時期は、「温泉なんてクソ喰らえ」「温泉なんて一昨日来やがれ」と思っていたが、旅行業を営む上での許可証として国が認めている資格試験でこれだけ温泉に関する知識を集中的に問うわけだから、風呂文化というのは日本最大の観光要素と言っていいのかもしれない。


そんなわけで(?)最近は尋常ではない頻度で温泉や銭湯に行っている。

日曜午前中のサッカーの後にも、神田の「江戸遊」(都内で日曜の午前中から営業している数少ない銭湯。おすすめ。是非。)に行くことを習慣にしようと目論んでいる。

江戸遊HP→http://www.edoyu.com/kanda/index.html


ただ、実のところ僕は極端にのぼせやすい体質で、1分くらいお湯に浸かっただけで「そろそろ出ようぜ」と言いだすウザイ感じであることはここで断わっておきたい。

僕は温泉や銭湯の雰囲気とか、湯上がり後の生産性のないグダグダタイムが好きなだけなのであり、この風呂論では、風呂が体に与える影響、みたいな風呂の効用の話は一切書きません。

というかそーゆうもんにはあんまり興味がありません。



さて。

侮るべからず、考えてみると、風呂というのは人の生活、娯楽の様々なシーンでその存在感を発揮している。


例えば、朝起きて夜寝るまでの一日の中で最後にすること、つまり一日の締めくくりには風呂に入っている人が多いだろう。

母ちゃんに「風呂入った?」と聞かれたことがない人はまずいないのではないだろうか。

人は無意識のうちに、風呂に入ることで一日が締まると思っているわけだ。


また、緑の多い土地に出向けば、自然と温泉が連想される。

そして、気づけば「帰りは温泉にでも寄っていこうよ」なーんて言っているもんである。


また、結婚生活30年、冷めきった夫婦仲を修復しようと夫が妻に提案することと言えば、「温泉にでも行くか」であろう。


さらに、「最もビールをうまいと感じるシーンは?」というアンケートでは、「風呂上がり」という回答がダントツだそうだ。


このように、僕らを取り巻く世界は風呂の風呂による風呂のための政治であり、僕らは風呂を中心としてその周りで風呂の思いのままに踊らされているイノシシのようなものなのかもしれない。


風呂の存在自体が、それに付随する様々な魅力を誘発しているわけだ。


とにかく、風呂は偉大である。


ああ風呂。



よく考えれば、温泉や銭湯のような入浴施設ほど無駄なものはないような気もする。

よっぽど切り詰めた家賃の家でない限り、風呂場は自宅にあるのだから。


それでも温泉や銭湯の文化が無くならず、むしろ日本の観光的魅力の中枢を担っていることを考えると、やはりお湯云々ではなく施設としての魅力があるのだろう。



そんな風呂文化であるが、最近は銭湯の数が減ってきているらしい。

こんな素晴らしい文化を無くさないためにも、僕はこれからも銭湯に通い詰める所存である。



おわり
スポンサーサイト

東京→仙台 チャリ奉行 

2010.09.21

IMGP7276_convert_20100921225200.jpg
(福島県勿来駅近く海岸より)


昨晩新幹線をぶちかまして東京に帰還し、チャリ旅第5弾東京~仙台が終了しました。

今回はサッカー仲間2人との敢行。

うち1人は浅草で自転車にぶつかってギアが壊れて出発が一日遅れるという胡散臭いアクシデントがあったけど、最終的には3人揃って仙台で祝杯をあげました。

3人とも、とりあえず口だけ野郎にならずに済みました。

走行距離は約360キロと京都んときよりは随分短かったけど、いかんせん2日間で着きたいという時間的なプレッシャーのせいで飛ばしまくっていたため、僕の足腰はしょーもないことになりました。

たまに仕事のことが頭にチラつくあたりも全くしょーもない。

京都んときは余計な考えは一切なくアホみたいにこげたのに。


さて。

金曜日の仕事後21時半に遅刻してた1人(以下 モトヤマ)を置き去りにして上野を出発。

無事に一緒に出発したヒゲゴリラと6号線を一時間ほど走行し、柏に到着。

とりあえずモトヤマを待たなければならないということもあったので、柏のカプセルホテルで宿を取ることに。

近くのガストでビールを飲んでいると、モトヤマから電話があり、追いつこうと出発して間もない浅草で自転車と衝突してギアが壊れたとのこと。

とりあえず浅草で宿をとって、次の日の朝一でチャリを直してもらうことにしたモトヤマ。

ヒゲゴリラは「我関せず」といった顔つきでウホウホ言っているだけだった。


翌朝6時、モトヤマの順調な追走を信じ、ヒゲゴリラと柏を出発。

快調に飛ばし、11時頃に日立を走行中、モトヤマから着信が。

「もうすぐ日立だよ!追いついちゃうよ!」的な連絡かと思いきや、自転車屋でギアの修理に一週間かかると告げられたため、今回の旅は見送るよ・・・という慰めようのない残酷な内容であった。

今回、1人で仙台を目指そうとしていた僕を引きとめて「3人で行こう。」と言い出したのはモトヤマであった。

ヒマさえあれば地図を見てイメトレを欠かさず、二言目には「国道6号ってさ・・・」と言っていたのもモトヤマ。

そんな彼が浅草で旅を中断せざるを得ないというのは、僕としても非常に辛いことであった。


気の利いた言葉も見つからなかったので、とりあえず「そりゃしゃーないな。ヒゲゴリラには伝えとくわ。」とだけ告げ、電話を切り、走行再開。


ヒゲゴリラと2人きりでの旅になってしまったが、モトヤマの分までこいでやろうということで、飛ばしまくって16時には福島県いわき市勿来の民宿に到着。

洗濯機を無理やり借りて洗濯を済ませ、近くに一軒だけあった居酒屋で夕食。

モトヤマの存在を忘れかけながらビールを飲んでいると、再度着信が。


なんと、チャリ屋を何軒か回った結果、最後に行ったところですぐにチャリを直してもらえたとのこと。(午後19時近く)

「今から追いかけるか否か」を悩んでいるモトヤマに対し、無理かなーとは思いながら追いかけるよう説得した僕。

ヒゲゴリラはただウホウホ言いながら刺身を食っていた。


こうしてモトヤマの丸一日遅れの追走が始まったのである。


翌朝6時、僕とヒゲゴリラは民宿の女将が作ってくれたオニギリと漬物を持って勿来を出発。

女将は「朝5時に出る」と告げていた僕らのために5時に間に合うように起きておにぎりを用意してくれていたのである。

なのに僕らは寝坊して6時に女将に起こされる始末。


この日中に仙台(勿来からは180キロ程度)に着いてモトヤマを待つという目標を設定していたため、余談を許さぬ状況。

ゴリラだけに僕とは比にならないほどの脚力とメンタルを有するヒゲゴリラは、初めてのチャリ旅であるにも関わらず僕より遥か先を走行していたため、僕は離れすぎないように必死にこいだ。

背中にのしかかるバックパックは、ゾウの糞が詰まってるんじゃないかというくらい生温かく、ズッシリと重い。

そのバックパックの重さを一身に背負っていたのがサドルに食い込むケツであるが、あのケツの痛さこそがチャリ芸人の勲章であることは言うまでもない。


そんな下らないことを考えながら走り続け、昼過ぎに相馬の道の駅に到着。

美味しいと有名な「ほっき飯」が全然美味しそうじゃなかったので普通に蕎麦とカレーを食って休憩し、モトヤマに電話をしてみると、寝坊したため、まだ水戸を過ぎたあたりとのこと。

僕が何を言っても、モトヤマは「成るようになる」としか言えないおかしな精神状況であった。


やる気があるのかないのかよく分からないモトヤマの電話を切り、「アイツたぶん追いつかねーわ」とヒゲゴリラに告げ、仙台まで残り60キロを切った国道6号へ戻った。

そして夕方17時、ついに仙台市の温泉宿に到着。

IMGP7287_convert_20100921225353.jpg
(仙台市「熊野堂温泉」)


実質丸2日間で東京~仙台を制覇した僕とヒゲゴリラはとりあえず温泉に入り、近くの居酒屋へ。

そこで酔っ払っていると、同じく酔っ払っているモトヤマから着信が。

モトヤマは仙台から140キロ程離れたいわき市北部に宿をとっており、居酒屋で1人で酔っ払っていた。

面倒くさかったので、「とりあえず明日の昼までには仙台に着いてくれ」と条件を提示して電話を切り、この日は21時すぎに寝た。

モトヤマは完全にランナーズハイの状態で、最後まで「成るようになる」という言葉を何度も繰り返すだけだった。 
酔っ払いめ。


翌朝すぐに仙台駅に向かい、新幹線のチケットを購入。

モトヤマの到着までやることがなかったので、なぜか美容室に行って髪を切ることにした僕とヒゲゴリラ。


東京からわざわざチャリで来たのになぜか髪を切っているというツッコミ所満載の話をしてもやたらと反応が薄い美容室のおばちゃん。

仕方なく「牛タンの美味しい店はありますか」という鉄板すぎるであろう話のきっかけをぶちかましてカットを終え、若干失敗しているように見える髪型をよそに牛タンの有名な『利久』へ。

IMGP7295_convert_20100921225504.jpg
(極定食 『利休』本店)

そのあとは公園で昼寝したり、新幹線に載せるためにあらかじめチャリを分解したりしてモトヤマの到着を待った。


そして15時半を回る頃。

ついにモトヤマが仙台に到着。

IMGP7299_convert_20100922062825.jpg
(仙台に着いたモトヤマ)

成るようになったモトヤマ。


今すぐにでも帰りたかった僕とヒゲゴリラだったが、それではモトヤマがあまりにも不憫だったため、この日2食目の牛タン屋へ。

そこでついに3人揃って祝杯をあげたわけである。


そして時間も時間だったので、チャリを輪行してすぐに新幹線に乗車。

モトヤマの仙台滞在時間は約2時間。

仙台までの走行時間は約20時間。

そんなもんである。



こうして僕らの東京~仙台チャリ奉行は終了。

ゴリラばりの脚力でずっと僕の前を走り、僕を鼓舞し続け、世界中の動物たちに勇気と感動を与えたヒゲゴリラ。

たった1人で360キロを走り切り、最終的には仙台での合流を果たし、世界中の子供たちに勇気と感動を与えたモトヤマの2人に拍手を送ってほしい。


こいでるときはやっぱりキツいだけ。帰りたいだけ。途中で止めちまいたいと思うだけ。

だけど、目的地に着いたときに温泉が体に染みる感じとか、ビールのぶっ飛んだ旨さとか、ケツが痛すぎて理不尽に目の前のヒゲゴリラにキレる感じとかは、チャリをこぎ続けたものにしか味わえないものなのである。

特にサラリーマンである僕らにとって、こーゆう旅は学生のそれとは比にならないほど非日常的感覚を与えてくれるもので。

これだからチャリ旅はやめられねーわけだ。



というわけでしばらくチャリはお休みします。

疲れた。

次回は来年になりそう。



おわり

アイフォーーーンと国道 

2010.09.15

004_convert_20100914214232.jpg
(ひつまぶし 築地より)


また更新頻度が下がってるへなちょこ。

書きたいことは山ほどある。
いつだってそう。

自分の仕事の遅さ、効率の悪さを呪う日々。

そんな状況を打開しようと購入したアイフォーーーン。

アイフォーーーンに変えたことによっていつでもどこでも簡単にブログを書けるようになり、様々なアプリケーーーーーションによって仕事の効率も2%くらいは上がるだろうと踏んでいたが、全く使いこなせていないイノシシレベルな僕。

もはやアイフォーーーンに使われる奴隷である。

サッカーで言うならば、知ったかぶりのサッカー解説者が最近よく使う「よくボールを回せているように見えて、ボールを回させられている状況ですね。」というコメントのようなものである。


ただ、前回も書いたけど、明日からは待ちに待ったチャリ旅第4弾、東京~仙台です。

ついに東北地方の走行に着手します。

こんな神聖なイベントに、アイフォーーーンの呪縛なんぞが入り込む余地はない。

アイフォーーーンなんぞは、チャリ芸人をどこまでも運んでくれる雄大な国道を前にしたらあまりにも無力なのである。

僕が国道を走り始めたとき、アイフォーーーンは自分自身で気付くだろう。

「ああ私アイフォーーーンはなんてちっぽけな存在なのだろう。」
と。

ちなみに今回走行するのは国道6号。
ROUTE6。

全くもってNO国道,NOチャリである。

修理に2万を要した東京~京都を制覇したときのロードバイクもだいぶ調子いい。

ある程度の悪路、それから長距離用にタイヤは太めに変えたし。

新しい輪行袋も届いたし。

テンションも完全に上がってるし。


あとは結局アイフォーーーンの奴隷と化してアイフォーーーンの優れたマップ機能を思いっきり駆使して迷わずに国道をこぎ続けるだけである。

やっぱアイフォーーーンは欠かせねえ。


無事に旅が終わったら、またくだらないチャリ旅行記でも書きます。



おわり

パリッパリな9月 

2010.09.07

IMGP7200_convert_20100830201109.jpg
(七里ガ浜より)


仕事のことは書かないけど、9月に入ってからの僕を取り巻く世界はもうパリッパリです。


①ザッケローニ新監督就任、初戦勝利

②小沢一郎ジャパン説の氾濫

③元愛車、ライトウェイシェファード(東京~京都を制覇したときのチャリ。故障していた。)の復活

④iphone4の購入

⑤金城一紀「映画篇」文庫版の購入



①と②はマスコミ関係者に任せておいて。


まず③のチャリに関してだけど、今月下旬についにチャリ旅第5弾、東京~仙台に着手します。

わずか三日間での敢行になるのでスピードが非常に求められる
→現在の愛車であるルイガノのマウンテンではなくロードバイクを使わざるを得ない

ということで大々的な修理に出してついに復活。

やはり僕はドロップハンドルのほうがこぎやすい。


④に関しては、仕事でもプライベートでもパリッパリのパフォーマンスを発揮してくれるだろうと期待して思い切ってiphone一台持ちにしてみたが、今のところ使い方がわからなすぎてキレそうなだけ。

僕はモロにこういった先進機器のターゲット世代であると認識しているけれど、若いからといって「自分は機械、カタカナは大丈夫だ」といった甘っちょろい考え方が通用する時代はもう終わったんだと思う。

とにかく、日本で一日に一通もメールができない日を経験したのは初めてだった。



そしてなんといっても⑤の「映画篇」購入である。


金城 一紀
集英社
発売日:2010-06-25




ずっと読みたかったんだけど、外出時の荷物が「多い重い」を極端に嫌う僕は文庫化されるまで我慢していたのである。

それが6/30に文庫化されていることに先週気づき、即購入。


詳細は書かないが、相変わらず金城一紀が生み出すフレーズは、全てがキレッキレでパリッパリである。


僕は何かを得ようとして読書をするタイプではなく、読んでる最中(最初から最後まで)にいかに没頭できているかが全てなので、遠まわしに「なんとなく重ーい大切なもの」を伝えたがる作品よりも、冒頭からキレッキレのスピード感で展開される話を好む。

そして、金城一紀作品はそんなスピード感を持ちつつ、決して薄っぺらい内容ではない。


っかなり抽象的なレビューになっちゃってるけど、ここまで所謂「読めば分かる」作品を書く作家は他にいないと思うし、とにかく僕はこの世で一番の作家であると信じてやまない。

ミスチルもそうだけど、音楽や本や映画といった作品数が莫大なジャンルの中で、一番好きって言えるものがあるのは幸せなことです。


というわけで9月も仕事と金城一紀とミスチルとサッカーで充実しまくったパリッパリな日々を送りたい。



おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳



現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。