おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

さらばちゃん岡 

2010.06.30

久しぶりにサッカー関係で泣きました。


僕は高校サッカー部時代の最後の選手権、都ベスト16を賭けた雨の日の試合の延長戦で、キーパーとの一対一を足を滑らせて無様に外し、PK戦の末に敗退、僕を含めた同じ学年のメンバーを引退に追い込んだ経験がある。

その記憶に、号泣する駒野がリンクしすぎて昨晩は鼻垂れた。

駒野の場合はPK=ジャンケンみたいなものだから一緒にはできないが。


もちろん、W杯と高校サッカー選手権、駒野と僕を比べれば規模も才能も努力の量も次元が違うんだけど、自分が原因(僕の場合は思い上がりだが)だと思ってしまう負け方をして、それを誰も責めないで励ましてくれるっていう状況は堪らなく悔しいもので。

今でこそ高校サッカー部で集まると「お前があの日に取り替え式のスパイク履いてれば滑らなかったのに。」→「うちは貧乏だから取り替え式なんて買えねー。」なーんていう下らない冗談を言い合えるんだけど、自分のプレーのひとつひとつや、それに繋がる普段の努力の量が、一緒に目標に向かって頑張ってきた周りの夢までもを閉ざしかねないってのがチームスポーツの最も残酷なところ。

ましてやそれがPK戦っていう全然納得できない形だった日にゃあミスチル聴きながら眠れない夜を過ごすこと必至。


もっと納得できる決着方法はないもんかね。

周りで観ている人間からすれば、つまり見せ物としては、PKは本当に面白い。

でも蹴る人間からすれば、あれほど理不尽なもんはない。

選手の努力や実力が限りなく100%に近い形で反映される決着方法を編み出すのが、FIFAの最優先課題だと思う。



それにしても、日本代表に対する世論のひっくり返り具合は尋常じゃないね。

あれほどの袋叩き状況から、賞賛の嵐に変わってる。


一般論として、スポーツ選手を評価する指標は結果のみであり、結果が全てであることがよく分かった。

今回は、今までの日本代表の実績との相対評価で優秀と言えるであろう決勝T進出という結果が得られたから世の中こうなってるけど、リーグで敗退という結果だったとしたら「やっぱりね」となっていたに違いない。


ここから分かるのが、スポーツメディアってのは勝敗を賭けたスポーツを語る際には必ず結果から入るってこと。

プロセス→結果という流れで話を展開することはまず無い。

ほぼ間違いなく、結果からプロセスを語る。


今回のように良い結果だったら、そこから遡って日本代表チームの活動の中で「良かったと思われるプロセス」をクローズアップしてそれを褒め称える。

『あそこでスリーボランチにして本田をワントップに置くシステムに変更した岡田監督の判断が良かった』
とかね。


逆に、もしリーグで敗退していたら、そこから遡って日本代表チームの活動の中で「悪かったと思われるプロセス」を探しにいってそれを叩く。

『あそこでいきなりスリーボランチにして本田をワントップに置くシステムに変更するなんていう岡田監督の暴走、判断ミスが負けた原因だ。』と、全く逆の報道をしているに違いない。


全く同じプロセスなのに。


まぁサッカーに限らず対戦相手ありきのスポーツは当然勝ち負けという結果が目に付くし、全てのプロセスをあらかじめ追いかけることの限界や、プロセスだけを頼りに評価することの難しさを考えれば仕方のないことなんだけど。


ただ、言うまでもなく選手たちはプロセス→結果という流れでしか活動していないわけで。

結果がどうなるかわからないものを見据えてプロセスをどうしていくか、ということしか考えていない。


だから現状の報道と、日本代表チームが実感として持っているものが乖離することは否めない。

「日本代表がどのくらい頑張ったか」というのはメディアをもとに考えるしかない僕たち外部には絶対にわからない。

それを限りなく汲み取れるような報道ってのはやっぱり実現できないのかね。

もしくは評価は全くせずに、事実のみを伝える、とか。



監督業について極論を言えば、「結果を出す」のが仕事ではなくて、「結果を出すために誰よりも試行錯誤する」のが仕事だと思う。

マスコミ対応を観ている限り、岡田監督はそのことをよく分かってる。

次回からは、その試行錯誤しているプロセスに事前にスポットを当てて、意図的な批評のない報道がなされることを願って止みません。



それにしても昨日の延長戦の緊迫感は、いちエンターテイメントとしてこれ以上ないものだったと思います。

延長戦に入ってからは解説者もほとんど喋ってなかったけど、固唾を飲んで見守る、とはまさにあのことで。


あー面白かった。


辞任するしないは別として、どんな形であれ岡田監督には今後もメディアに登場してほしいものです。



というわけで、話が逸れまくったけど、残り少しのW杯を楽しみましょう。




おわり
スポンサーサイト

ちゃん岡 追記 

2010.06.26


W杯のネタが続くけど、今はそれ以外のことを書いてる場合じゃありません。

サッカーやっててホントによかった。

毎日が楽しいったらありゃしない。



やったね、岡田監督。

稲穂キッカーズの力(?)を世界に見せつけてくれました。
稲穂キッカーズ・・・6/19記事『ちゃん岡』リンク→http://henachoko0913.blog3.fc2.com/blog-entry-23.html

というか、サラリーマンにとって貴重なプライベートのエンターテイメントとしてのクオリティーがあんなに高い試合を3戦も見せてくれたことに心から感謝しなきゃダメです。


そして、あれだけの下馬評をモノともせず、結果のみで応え、ツイッターに岡田監督に対する謝罪文が殺到(都合がよすぎるけど)するほど世論を覆した男は間違いなく尊敬に値します。


以前も紹介したけど、もう一個だけ岡田語録を。

「思い通りにならない事ばかりだが、たまに思い通りになるところが忘れられない。

監督として、デンマーク戦はまさにそういう試合だったでしょう。


ただ、これでまた「日本サッカーはW杯で普通に決勝トーナメントに出れるもんだ」っていう浅すぎる理解が広まることがなければいいけど。
(前回大会の予選で苦戦した日本代表が「W杯に出れないなんて有り得ない」というスタンスで非難されていたように)

次回のW杯だって当然、予選を突破して出場すること自体が物凄く困難なわけで。

それで仮に結果が振るわなければ「監督辞任か・・・」とかいう類のくだらない報道が2014年にもまだされてるようだったら家出します。



まーとにかくあんなに楽しい早朝の時間は人生でそう何度もないと思われ。



スペインも抜けたし。

イニエスタ左からのボールをインサイで右隅に流すの好きだね。



未知数である29日のパラグアイ戦は日本全土を挙げて余計なことを言わずに素直にその時間が楽しめることに感謝しながら応援したいものです。


というわけでこんなブログ書いてないで韓国VSウルグアイを観て寝ることにするわけで。




おわり

ちゃん岡 

2010.06.19


僕が持つ数少ない肩書の中で、胸を張って自慢したいものが1つだけある。


それは、僕の部屋が3畳であることだ。(4/19記事 「3畳の美学」→http://henachoko0913.blog3.fc2.com/blog-entry-7.html


んなわけはなくて、大学時代、「稲穂キッカーズ」でサッカーをしてきたこと。(注:活躍はしてません)

稲穂キッカーズ公式HP→http://www.inahokickers.com/


稲穂の同期のブログを見て知ったんだけど、6月13日の日経にサッカー日本代表の岡田監督のコラムみたいなんがあって、我らが稲穂のことが書かれてた。

当記事リンク→http://www.nikkei.com/life/news/article/g=96958A9C93819695E2EBE2E08B8DE3E0E2E4E0E2E3E29180EAE2E2E2;da=96958A88889DE2E0E3EAEAE7E6E2E0E3E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2


というわけで岡田監督は稲穂キッカーズ出身なんだけど、珍しくメディアが稲穂のことに言及してくれました。


稲穂がどんなチームかを書こうとすると長くなるのでここでは割愛するけど、当然ながら僕は岡田監督を応援してるし、勝手に後輩だと思ってるし、人として尊敬もしてる。

僕は尊敬してる人の名言なんかをネットとか本とかでちまちまと調べるのが結構好きなので、ここで一番好きなやつを。


『私は、ここにいる誰よりも日本代表が勝つためにどうするべきかを考えている自信がある。あなた達は、自分で何もせず誰も責任を取らない。私は、自分でやって自分で責任を取る 』
(マスコミから代表での指導力を批判されて 1998年 )


あの能面のような表情で、こんなことを言っちゃうところがカッコイイ。

あれほど見た目と内面のギャップがある人間を僕は他に知らない。

日本の総理大臣にも見習ってほしいばかりである。


「勝てば選手のおかげ、負ければ監督のせい」なんて昔トルシエが言ってたけど、今のサッカーに対するメディア論調はホントそのまんま。

試合前は「勝てない勝てない」言ってたのに、カメルーンに勝った途端に、「ここまで来たら決勝トーナメント行ってほしい」とか、「先が見えてきた」みたいになってる。

これで結局決勝トーナメントに行けなかったら、また手のひらを返したように岡田監督を叩くのでしょう。

傍観者というのはとことん勝手。


「絶対に負けられないうんちゃらかんちゃら」とか、そんなことは岡田監督を含む日本代表が一番わかってるに決まってる。

誰よりも勝ちたいと思ってるんだから。


というわけで、僕ら傍観者にできる、日本代表にとってプラスになることと言えば、応援すること以外に無いわけです。

楽しませてもらってるという感覚で。


メディア批判っぽくなったけど、最近はどのチャンネルに回してもサッカーのネタばかりで嬉しい限り。

テレビが友達。



今日も岡田監督の嬉しさを隠し切れていない顔と、川島のドヤ顔が観れればよいね。



おわり

観るしかないもんしかない 

2010.06.12


(W杯開幕戦 南ア 先制弾 YouTubeより)


梅雨入りが遅れてるどころの話ではない。

思わずヒゲも剃り忘れるW杯が開幕したからだ。


南アフリカの治安イメージの先行や日本との地理的関係上、観戦ツアー等の日本のW杯商戦は苦戦を強いられているらしいが、テレビくらいはデカイのを買って観てみたい。

しかし僕の部屋は3畳なので、既存の14型のテレビでも相対的にBRAVIAばりの臨場感を楽しむことができるから心配は無用だ。

寝っ転がりながら観れば足の指がテレビに届くのでリモコンも不要だ。



そんなことはさておき、善くも悪くも国際的な政治・経済にまで多大な影響力を持つ(日本ではそーでもないが)サッカーというスポーツが、その要素を最も発揮するのがW杯。

ちょいと前に、「そのスポーツ(サッカー)は、戦争を止めた。そのスポーツは、国を動かした。」というキャッチフレーズで流れていた朝日新聞のCMがあったけど、戦争を止めたという真偽のほどはさておき、サッカーが世界最大のスポーツであることは間違いない。

それともうひとつ。

4月に初めてプロのバレーボールを観に行った際にも書いたけど(2010年4月11日記事『ハイタッチ』→http://henachoko0913.blog3.fc2.com/blog-entry-5.html)、良い部分にだけ目を向ければ人類史上最良の文化だと僕が勝手に思っているのがスポーツ。

その中でも最大の規模を誇るのがサッカー。

そのサッカーの祭典の中で最大の規模を誇るのがW杯。

そりゃあ観るしかないでしょ。


僕が「自分やっぱ日本人だなー」と思う瞬間は、寿司を食って「うめー」と言ってるときではなく、ばあちゃんと煎茶を飲みながら「はー」とか言ってるときでもなく、日本代表の試合を観ながら無意識のうちに応援しているときである。

そんなふうに愛国心が多少なりとも芽生える日本代表の試合以外で、僕の記憶に最も強く残ってるW杯の名勝負がコレ。


(2002日韓W杯 フランスVSウルグアイ 10分編集版 YouTubeより)

2002年の日韓W杯、グループAのフランス対ウルグアイの試合。

初戦のセネガル戦を落とし、かつジダンを負傷で欠く満身創痍のフランスと、キレキレのレコバを有するこちらも背水の陣のウルグアイの試合。

前半の25分にアンリが退場してからのフランスの猛攻と、ウルグアイの必死の守備と時折見せるカウンターにテンションが上がりまくって隣で観てた母親の頭をボンボン叩いてたことを今でも覚えてる。

騙されたと思って観てみてください。

10分に短縮されてるけど、W杯の凄さがかなり伝わるはず。


こんな試合がまた観れればいいね。



とりあえず、日本は大久保がキレキレ。

大久保の球際の攻防だけでも観る価値あり。



サッカーしたい。




おわり

一度は考えたほうがいい話 

2010.06.08

IMGP6800_convert_20100608185025.jpg
(友達の家より)


引き続き世の中のお金回りについて勉強させてもらう日々。


こう毎日毎日お金のことを扱っていると、嫌でも自分の貯蓄とか収支について考えるようになる。

転職前は海外旅行産業という究極の娯楽産業に携わっていたこともあってか、僕は金融関係には恐ろしく疎かったので、いかに無駄な支出をしているかとか、知らずに損をしてたとか、知ってればもっと得してたとか、そんなことをここにきて初めて本気で考えてる。


もちろんそーゆうことに誰よりも思いを馳せるのが今の僕の仕事で、それを人様に気付いてもらうことでお給料を貰うわけだけど、率直な感想として、そんなことばっか考えてる人生は虚しい。

考えだしたらキリがないし、どっかしらに妥協点がある話だと思う。


一日中株価やら為替やら金利やらを気にするよりも、一日中旅行やらサッカーやらミスチルやらノラ猫のことを考えてるほうが楽しいに決まってるしね。

お金の話しかしない人は、僕も嫌いだし。


ただ、もうひとつ確信として持っているのが、「人生で一度くらいは」お金のことを本気で考えたほうがいいんじゃねーか、ってこと。

なんでかって、経済効果を発する人様の営みは全てお金で動いているから。

悲しいかな、海外旅行もお金が無ければ行けないわけで。

当たり前だけど。


もちろん、全くお金の世話にならない人生を歩むのであれば、これほど考えるだけ無駄なことはない。

でも残念なことに(?)、そんな人生はほぼ有り得ない。


要するに僕が言いたいのは、お金のことは誰にとっても全部自分ごとってこと。

明日は我が身ってこと。


豪ドルの利率がいいとか、でも長期的に見たらやっぱり米ドルがいいとか、日本の社会保障制度がどうだとか、本気でそんな会話をすることになるなんて夢にも思ってなかったし、自分には関係のないことだと無意識のうちに思ってたけど、知ってみると、これほど現実的で身近な話はなかなかないわけだ。



こんなこと書いといて、僕はいまだにこれといった金融商品に手を付けたことがありません。

なので、こーしたほうがいいみたいな話は書けません。

ネコの写真をへらへら撮ってる場合じゃありません。



てか、社会人になるとサッカーするのにも結構なお金がかかるよねー。

チームに入ってグランドで蹴ろうと思ったら。



変な国。




おわり

あの頃の写真 

2010.06.03

IMGP1549_convert_20100603195249.jpg
(環状8号線)


鳩山総理の辞意表明、イングランド戦を受けての中村俊輔スタメン落ち説、ipad日本上陸など、世の中とんでもないことになってるけど、そーゆうビッグニュースは他メディアに任せておいて。


今日は久しぶりに、一眼レフを買いたての時に撮っていた写真を見かえしてみた。

あの頃は、コンパクトデジカメにはない、一眼レフを手に持ったときのボリューム感と、アニメみたいなシャッター音にただただテンションが上がって、のら猫ばっかじゃなく、とにかく目に付いたものを撮りまくってた。

吉田松陰が初めて黒船を見たときのような(?)、あの頃の純粋で感受性豊かな気持ちと感覚は、いつまでも失いたくないもんである。

ミスチルの『fanfare』的に言えば、「・・・いつの間にか大人になって うっかりしてまともになって 失った宝物を探しに行こう」ってなことである。

わからない人は、今すぐにミスチルの新しいライブDVDを買って観てみましょう。


IMGP0520_convert_20100602230411.jpg


なんの脈絡もないけど、どの写真を観ても、いつどこでどんなシチュエーションで撮ったかは鮮明に覚えてる。

こんな写真でも。


昔を思い出してばかりいるのは良くないけど、写真にはそーゆう力がある。

昔のちょっとした瞬間を垣間見るだけなのに。

人間が五感の中で最も頼るのは視覚だからでしょう。


IMGP1009_convert_20100603192612.jpg




IMGP1596_convert_20100603195551.jpg




IMGP1135_convert_20100603192828.jpg



そろそろ僕らカメラ好きのテンションが最も下がる梅雨に突入します。

僕が私物の中で一番濡らしたくないものはカメラ。

カメラに水をぶっかけられた日にゃあ自慢のチャリで家のドアごとぶち破って襲いかかります。



早く夏にならないかね。


でもよく考えたら6月はW杯っていう世界最強のイベントがあるね。



ちなみに、僕がブログに載っけてる写真は全部サムネイルなので、是非パソコンでクリックしてみてください。



おわり

 | HOME | 

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
世界最高の町、群馬県月夜町(現 みなかみ町)に生まれ、生後1週間で東京都板橋区へやってきたかと思いきや、サッカー 登山 素潜り サーフィン 写真 自転車 ミスチル 読書 ビール が好きに。



■海外渡航歴

オーストラリア・インド・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス・韓国・台湾



■国内は自転車で周ってます。

関東地方一周・東京→京都・別府→福岡・八丈島一周・東京→仙台・東京横断など



■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR