FC2ブログ

おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

ハラスメント論 

2018.08.11

ハラスメント撲滅の風潮は、職場だけでなく部活動の現場にも浸透し始めた。


喫煙者からは迫害とも言われた異常なまでの禁煙ブームに似て、過剰では?という意見は根強くあるが、ハラスメント撲滅運動に助けられた人はたくさんいるだろうし、人知れず苦しんでいる人もまだまだたくさんいるでしょう。


だから、少なくとも一面的には、清く正しい風潮だと思われる。





ただし、「昔からダメなんですよ、当たり前すぎて言ってなかったけど」的な物言いにはどうしても違和感を覚える。



ゆとり直前の僕ら世代でさえ、サッカー部のルールで炭酸飲料は禁止だったし、サンダルも禁止(サッカー選手は足が命ゆえに)、先輩への挨拶は「チワッス」限定、監督や先輩からの指示に対する返事は「ウシ」限定だった。


夏の合宿では「洗濯ダッシュ」というのがあって、宿に2台しかない洗濯機の順番を争うため、下級生は練習が終わると宿まで5キロほどの炎天下を走った。もちろん、先輩はバスだ。


部屋割りは先輩とセットで、先輩の分の洗濯は下級生の役目だ。


洗濯ダッシュの遅い者は、夜遅くまで起きて洗濯物をするハメになる。


そして夜遅くに干した先輩の臭いソックスは、残念ながら翌朝までには乾かない。


優しい先輩だったら良いが、山根会長みたいな先輩に生乾きのソックスを渡せるはずもない。




と、もはや懐かしい思い出以外の何ものでもないが、ほんの十数年前まで当たり前だった伝統や慣習が、今日では犯罪になりかねないという衝撃。




洗濯ダッシュが今も行われているかどうかは知らないが、無くなっていれば一抹の寂しさを覚えるし、正しいような気もする。



一抹の寂しさを覚えてしまう僕は、ハラスメント加害者の予備軍なのかもしれないが、これはもう、どちらが正しいとかではなく、「時代」としか言いようがない。



「いい時代だった」とか「そういう時代ではない」なんてのは、僕が一番嫌いな論理だけど、この件に関してだけは、どうしようもなく、時代が違うとしか言いようがない。





僕が現役だった頃のほんの数年前には、真夏の練習で監督のOKが出るまで水分補給禁止みたいなこともあったらしい。(運良く死人は出なかった)




熱中症対策まったなしの今日において、ここまで分かりやすいハラスメントもなかなかないが、精神論に偏った非合理的な慣習を全て排除するというのは、やはり100%正しいようには思えない。






ハラスメント問題は既得権者と管理者側が99%不利という不公平な要素を孕んでいるので、問題が持ち上がる度に、個別に、慎重に、見極めていかなければならない。


時代とか言わずに。





おわり
スポンサーサイト

子無しの子供好き 

2018.07.29

好感度を上げるつもりはないけど、いや少しあるけど、僕は子供が好きだ。


どちらかと言われなくても。




我が子を持つ苦労を知らない気楽な話に聞こえるかもしれないが、知らないものは知らないし、可愛いものは可愛いんだから仕方がない。




彼らも彼らで僕を「オトナの他人」として認識しているから、親に対する立ち振る舞いとは異なる部分が大いにあるでしょう。




「ここまではOK」という絶妙な距離感を築いてくれるのは、どちらかというと大人ではなく子供たちだ。




その子供たちからの気遣いによって、なんでこんなに可愛いのかよ、と、僕の中の大泉逸郎が黙っちゃいないのだ。





他人の子供に対する感情というのは、孫を持つじっちゃんの抱くそれと似ているのかもしれない。


知らんけど。




いつか孫と将棋でも指したいなぁ…。







以前にも似たようなことを書いてたけど、この記事はさりげなくアクセス数が多かった。さりげなく。





おちょこブログ2016年10月23日「子供の根回し」
http://henachoko0913.blog3.fc2.com/blog-entry-386.html?sp








おわり

花見ジャパン 

2018.03.31

ワールドカップイヤーだと言うのに、一筋の光も見えてこないハリルジャパン。


母国では無縁だったはずの花粉の猛威にやられちまったのか、ハリルのインタビューもどこか鼻声に聞こえる。(元からです)



マリセンヨリハ、ヨカッタヨネー。





1人で試合を決められる絶対的エースが存在しないことが日本サッカーの最大の問題だと古くから言われているけれど、その最たる例がまさに今で、この海底2万マイル感を抜け出すにはソンフンミンかチョンテセに帰化してもらうしかない。




その昔、アルゼンチンにサッカー留学していた兄によると、南米ではそのへんの路地や公園でオッサンや子供が普通に草サッカーに興じているらしい。


そう、本当に、そのへんの。




日本の公園はと言えば、「犬のフンは持ち帰りましょう」という看板のおかげで整然とし、「ボールを使って遊んではいけません」という看板が未来のソンフンミン達の可能性を潰している。



夜分にボールを蹴ろうものなら、ご近所さんが警察に通報するのがオチだ。



桜の花を楽しむのかスギの雄花を楽しむのか分からないお花見が行われるのが日本の公園の限界で、特に僕のような大人が、ふとサッカーをしたいと思っても、環境を探すのに相当苦労する。



抽選でようやく取れたコートはやたらと狭く、しまいにはドタキャン続出でバカ高いコート使用料を少人数で割り勘するハメになる。





これはもう、国民的スポーツというには程遠く、単なるエンターテイメントの域を出ないのは当たり前だ。


そしてエンターテイメントとしては、日本不在のチャンピオンズリーグの方が遥かに面白い。



WOWOWもスカパーも流行りのDAZNも、宣伝に使うのは海外サッカーばかりでしょう。





ちなみにクラシコは、世界で約6億人が視聴するらしい。



ナバスの表情みてたら分かるけど、やつらは間違いなく命賭けてるからね。




刑事訴追の恐れがあるとでも思っているのか、どう批判されてもポジティブに返すハリルの図太さは、監督交代の期待を萎ませる。



岡ちゃん頼むからあと一回だけやってくれないでしょうか。






おわり

チャック・ベリー、市長を辞める 

2018.02.24

また一人、不適切な発言をきっかけに政治家が辞任した。



360度どこから見ても湘南のサーファーにしか見えない、西宮市の今村市長。



最終的には「市議会は地に堕ちた」と吐き捨てて、一定の支持者に惜しまれつつ去っていった。





何度も書いているけれど、僕たちが政治家に望んでいるのは、暴言を吐かずに良い子でいてもらうことではない。



神聖すぎて素人には怖くて手を付けられない税金が入った巨大な金庫に、勇気を振り絞って手を突っ込んで、公共の利益を最大化してもらうことだ。



それ以外、市長を評価する基準なんてないし、あってはならない。



失言がなく、ましてや暴言もなく、賄賂も受け取らない政治家が這い上がっていくのだとしたら、それは正義ではなく、「本末転倒」というただの四字熟語である。




「良い子でいること」それ自体を最大の評価基準にしてはならない。


そんなのは、最低限のマナーくらいにしておけばいい。





マスコミにしつこく付きまとわれた今村市長の「◯すぞ」発言をテレビで見た子供たちにどのくらい影響があるのかは別として、市長の口が悪いかどうかなんて、僕たちにとっては関係ない。



まして、中学生時代の今村市長が、面白くない授業を抜け出して、たばこを吸い、マージャンをして、見回りのガードマンにはエロ本やお酒を渡して味方に付けていたことなど、知ったことではない。


それが罪だというならば、勝手に遡ってその罪を償ってもらえばいい。




そんなことより、市の財政どうなってんねん、ってことに僕たちは関心を向けなければならないし、その中身次第でシビアに評価していかなければならない。




もし財政が杜撰だったら、「◯すぞ」と言われるどころか、本当に生活難で「◯される」人が出てくるのだから。




僕は橋下徹も割と好きだったけれど、同じ匂いの今村氏にとっても、市長というポジションはそんなにも生きづらいものなのか。





くだらない市議会に対して真正面から「くだらない」と切り込んでいく人がいなければ、くだらない市議会はくだらないままなんだけれど。


嗚呼くだらない。





市長が辞任して、ついでに退職金も少し減額されて、一体誰が喜んで、なんの解決になるのか。





ミスチル桜井さんがデビューアルバムの名曲「CHILDREN'S WORLD」で言っている。


「あいつは口が軽いから 仲間には入れたくないけれど ギター弾くのが上手いんだ それはまるでチャック・ベリーのように」と。




市長の場合はむしろ、口が軽いほうがディスクローズしてる感じでいいかもね。





まぁ口が軽いくらい、どうでもいいってことです。


ギター弾くのが上手ければ。




おわり

カラオケが苦手 

2017.11.23

僕はカラオケが苦手だ。



一軒目で程よく酔い、もう一杯飲みに行くか、このまま帰って気持ちよく寝るか。

これ以上ない、あの幸せな選択。




そこに狭苦しくタバコ臭い個室で素人の歌を聴きあうカラオケという選択肢は僕にはない。



〇〇さんのミスチルはめちゃくちゃ上手いんだよ!と言われても、残念ながらそれは桜井和寿ではなく、油井和輝か、惜しくて桜木和寿である。




と、散々こき下ろしているけれど、主に学生時代に経験はあるので、気の合う野郎共とリンダリンダを歌う気持ちは何となく分かるし、カラオケが好きな人を否定するつもりは毛頭ない。





まぁ僕はカラオケ嫌いを公言してるからほぼ誘われないんだけど、ここで物申したいのは「たまには行こうよ!歌わなくてもいいからさ!」というやつだ。



勤め人でカラオケ嫌いな人ならまず言われたことがあるであろうこのフレーズ。




そしてこう思うことでしょう。


なんで歌わないのに行かなければならないのか、と。




しかしそれでも押しに負けて参加した人は帰りの電車で必ずこう思う。


どこからどうみても、桜井和寿ではなかった、と。





もちろん、本物の桜井和寿や蒼井優がいるなら是が非でも行く。



なぜなら、歌を聴かせることを生業としているプロだからだ。



蒼井優に至ってはもはや歌手ではないが、一目会いたいからだ。






そんなわけで今後は、歌わなくてもいいから!という誘われ方をしたら、こう返してみましょう。



「それはね、肉食べなくていいから焼肉いこうよ!っていうのと同じだよ?」と。




すると相手はこう思うでしょう。



めんどくさい奴だ、と。



そしてあなたは、カラハラからの永遠の卒業を手にするでしょう。





互いに節操のある誘い方、断り方を心掛けたいものです。




おわり

 | HOME |  »

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
群馬県月夜町生まれ、茅ヶ崎市在住。
サッカー 登山 素潜り サーフィン ミスチル 読書 ビール が中心。

■登山歴

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム


現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR